乙亥の有名人!Aimer(エメ)1990年7月9日の風景と性格&運勢

12・乙亥の日生まれの有名人

今日は歌手、アーティストのAimer(エメ)さん、とにかく声がとても素敵な方です。

私が知ったのが2011年頃。そのあとメジャーデビューしてRADWINPSなど他のアーティストとのコラボやミュージックステーションへの出演。
TVでも多くの曲が使用されていますのでかなり最近は知名度が上がってきているのかなと思います。

スポンサーリンク

Aimer1990年7月9日の命式

年 庚午(丙) 正官 傷官 長生
月 癸未(丁) 偏印 食神 養
日 乙亥(戊) ****     正財 死

Aimer1990年7月9日の風景

7月・夏生まれの乙(きのと)、お花やツル系植物がイメージ。

Aimer1990年7月9日の性格

乙木に寅・卯の根はありませんが、日支の亥、月干の癸、そして弱いながらも月支の未の中に乙隠れていて、日干の乙にエネルギーを与えます。
日干乙は中程度のエネルギーを持つと、想像されます。

巳火の運が巡るときは、巳午未の火の方合となり、火のエネルギーが強くなりすぎます。
亥は巳と冲の関係となり、亥水が蒸発してしまいます。

卯木の運が巡ると、亥卯未の木の三合となり、日干が強くなります。
時期によって日干の力量にかなり変化があります。

五行で見る時、乙は草花がイメージなので、丙の太陽の「午」、「癸」の雨水、「戊・己」の未土が花を咲かせるために欠かせないのですが、命式にこれらの星が揃っています。

木・火・土・金・水の、五気が揃っているので、バランスが良い誕生日です。

通変星を見た時に気になるのが、年の柱の庚の正官を丁の食神のくみあわせ。

どちらが強いかによって選ぶ道が違いますが、10年ごとの運を見る大運では、若い時期に傷官が強いので、会社員など、平凡なお務めには向きません。

月上には癸の偏印があり、豊かな才能を表し、育った環境が音楽に親しみやすかったことからアーティストをめざしました。
十二運の死とともに、職人気質であり、自分が興味ある世界へとことんこだわる性格で、食傷の表現力の星を持っていますから、偏業へ自然に進んだことでしょう。

マニアックな天才肌の反面、周りから見ると一匹狼の変わり者、周囲との協調性を欠くように見えることもあります。

月支元命は食神。

食神は衣食住の星ですが、自己表現・自己アピールの星でもあり、楽曲をつくることや歌って表現することも入ります。
年・月支が食神ですから、若い頃から表現することへの興味・関心を強く持っていたことでしょう。

でも、食神は年月支にあり、隠れていたり、食神を表す五行の火が強すぎて、印の才能が時代に合わなかった、認められにくい環境だったようで、2011年、21歳まで、外に向かって表現するには、時間がかかっています。

また、月柱が偏印と食神の組み合わせがあり、精神的なダメージを受ける傾向があり、注意が必要です。
15歳頃に声帯を傷めて半年間声を出さないで治療していたとウィキペディアには書いてあり、まだ完治はしておらず、そこから今の声と歌唱法が生まれたそうです。
またAimerさんのお父様がバンドでベーシストをしていて、幼いころからジャズ、ブルースなどの音楽が身近な環境で育ち、ピアノを習い、中学からギターを始めたり、作詞もしたそうです。

日支は亥水・壬の印綬です。

月上にある、癸水と透干して、豊かな才能、知性を持っています。

ライブでも照明を落として、顔も長い間公開しなかったのは、職人気質で少し引っ込み思案な性格だったり、外見ではなく、歌で勝負したいという、高いプライドが選んだ演出家もしれません。

また、日干乙は未の熱い土で少し萎れていたりして、自信がないというか、謙虚になっていたのかもしれません。

大運の運勢

12歳~21歳・辛巳

乙木の柔らかい茎の植物にとって、辛(かのと)は陰の金星で、刃物、ハサミとなります。

乙木は辛のハサミによって切られ、痛い、辛い思いをすることがあるかもしれません。

でも、痛い思いや辛い経験を乗り切ることができれば、より美しい花と評価されることになります。

巳・亥の沖となっていますので、「天戦地沖」という変化の多い時期だったことが想像されます。

そして巳が巡ると、命式の中にある午と未が一緒になり、「巳午未の南方合」となります。

火のエネルギーが非常に強くなり、食傷の発散にエネルギーが集中することになり、感性が研ぎ澄まされ、表現したい、認めて欲しい!という気持ちがとても強くなります。

特に午が帝旺という強いエネルギーが集中しますので、食傷官のエネルギーが強くなりすぎて、火性の意味する芸術や芸能という形で、自己アピール、認めて欲しい!という気持ちが強くなります。

ただし、火のエネルギーが強くなりすぎて、未土が乾燥して未土の中にある乙木の根がしおれて木の根は働けませんし、日干の乙木の自分自身も萎れて元気がなくなります。
乙木は感情の人ですから、心身ともに疲れやすい時期で、精神的なダメージを受けることがあったかもしれませんね。

実際に、ウィキペディアには、15歳の頃、歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、治療のために沈黙療法を選択したことで発声が出来ない期間を約半年間経験したそうです。
でも、そのおかげで歌手になりたいという夢が明確になり、回復後に喉を守るように工夫して歌うなかで現在の声質と歌唱法を確立する。とあります。

普通の人でも声が出ない、話すことができないのは、すごいショックですが、歌いたいという人にとっては、かなり大変な思いをしたと思いますがこんな時期を乗り越えて、今のアーティストとしての声や歌唱法などに繋がっていると思うと、なかなか無駄な時期というものはないんだな、と思いますね。。

22歳~-31歳・庚辰

庚辰・正官 冠帯の大運にいます。

庚の正官は日干乙と干合しますので、日干・乙の自分と仕事の星・正官の結びつきが強い運気となり、さらに地支も辰土で4月の新芽が育つ季節ですから、乙木は、どんどん成長して、きれいな花を咲かせます。
仕事運は充実して、努力は実りやすい、場合によっては飛躍的に発展することが想像されます。

32歳~-41歳・己卯

日干乙木は、卯・寅の運が巡って、根をしっかりとはり、安定した春の季節が続きます。

32歳~の己土は、未土と透干という、乙木が根を下ろす大地も広がり、落ち着いた環境を得ることになります。

己土は、乙木から偏財となり、お金や人脈となります。
亥・卯・未の三合木局となり」強い意志や自信を持って、自分の思いをより広く表現していくことが想像されあす。

たくさんのファンに囲まれて、きれいな花を咲かせることでしょう

まとめ

Aimerさんの今後の益々のご活躍と、新しい土地に植え替えるということが想像されることから、どんな分野で活躍されるのか?期待しております。

コメント

タイトルとURLをコピーしました