四柱推命の見方・刑の種類とその影響について

四柱推命には「刑」という関係・4つの種類あり、刑は争いや衝突するというような意味、憎しみや嫌悪感を持つような関係と見ます。
刑が一つだけなら、その影響力はそれほどでもないと考えますが、命式の中に刑が一つあり、大運や年運でも刑が重なるとその影響力は強く働き、大きなトラブルによる運勢の変化を余儀なくされる傾向が想像されます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

刑の種類

刑には4種類あり、それぞれに特徴があります。
人と人との関係で、お互いの命式が刑の関係となる時は、お互いに訳が分からないながら不快感を感じたり、表立ってけんかをすることはしないが、悪口を陰で言い合うような傾向が想像されます。

勢いをたのむ刑

勢いをたのむ刑とは、寅・巳・申の四猛の組み合わせの刑で、主に結婚や子どもや部下との争いとみます。
欲が強くなって、自分を過信して突っ走ってしまう傾向がでて、過ちを犯す失敗をする、事故や怪我などにつながるとされます。

申が寅を刑する: 五行の寅木が申金に剋されます。
巳が寅を刑する: 五行の寅木が巳火に剋されます。 
巳が申を刑する: 五行の申金が巳火に剋されます。

恩無き刑

恩無き刑とは、丑・辰・未・戌の土星の組み合わせで起こる、庫気刑のことを言います。
父母や世話になった人の恩を忘れて自分のためだけに行動するという刑で、恩を仇で返すという親や目上、上司に背く傾向がでるとされます。

未→丑 
戌→未
丑→戌

礼無き刑

礼無き刑とは、子→卯・卯→子の組み合わせをいいます。

子(ね)は北の場所、それまで支配してきた、陰が衰え始めて一陽が生じる時の十二支で、父を表します。
卯(う)は、太陽が昇る東の場所となり、子供とみます。

子供が親を無視して勝手な行動をとったり、部下が上司に反発したり、恩を忘れて裏切りやすいという傾向が出るとされます。
子→卯・卯→子は、刑の中では影響力が強いとされ、節度無く無礼な態度を取りやすいとされます。

自刑

自刑とは自分で自分を刑するという、自分の気持ちをコントロールできずに、葛藤するという意味です。
物事を素直に見ることができず、屈折した考え方をする傾向があり、アマノジャクの傾向があるとされます。

感情的になりやすく、過激な言葉で、自分や他人を傷つける傾向があるとされます。
自分を抑えることができず、自己主張が強くなりすぎて引くに引けなくなり自滅、失敗する傾向があります。

酉と酉
午と午
辰と辰
亥と亥

刑の働き

刑は、ひとつだけの場合はその影響力は小さいので、そんなに気にすることはありません。

刑の影響が大きく作用するのは、
1・2つ以上の刑が命式にあるとき

2・大運や年運にも刑が巡って3つ以上になる場合
(例えば、命式に1つ、大運に一つ、年運にひとつで計、3つになる)

3・刑と合がある場合
刑は、十二支の勢いが盛んになってトラブルになる傾向をもたらす十二支の関係です。

同じような性質を持つ通変性の、「偏官」や「劫財」とともにある時は、偏官や劫財の性質を強調する傾向がでます。
偏官や劫財を命式に持つ人は、とく注意する必要があります。

刑・合とは?

刑・合とは、干が合するとは、つまり干合して、支が刑になる場合のことを言います。
例えば、丙子と辛卯が並んで命式にある人は、丙と辛が干合で、子と卯が刑になります。

刑・合がある時は、実現しようもない夢やまぼろしを、おいかけるような人生を送る傾向が出やすいとされます。
刑と合がある命式では、とくに自分の気持ちを抑え気味にする必要があります。

まとめ

刑は、命式に一つだけの時はそんなに気にすることはありません。
でも、大運や年運・月運などの、行運で巡って2つや3つになった時は、大きな変化に注意する必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました