奥川恭伸投手の性格と運勢!2001年4月16日を四柱推命占い

奥川恭伸投手、2019年のドラフトが行われる10月17日、新聞やテレビで注目が集まっています。奥川恭伸投手の性格は謙虚で恥ずかしがり屋さん、それでいながら強気を秘めているそうですが、正確と運勢を2001年4月16日の誕生日から四柱推命で想像してみました。

スポンサーリンク

奥川恭伸 

奥川恭伸2001年4月16日の命式

日 月 年
己 壬 辛 空亡:寅卯
酉 辰 巳

己酉(つちのととり)の日生まれ。
己は大地がイメージ。

4月・辰土生まれ、春の栄養豊かな土を根に持ち、安定感がある広い土地です。
辰土には、乙木が蔵干にかくれていて、新芽をだそうとしています。

年支に巳火の太陽・朝日が地平線から顔を出し、暖かい春の穏やかな風景を明るく照らしています。

壬(みずのえ)水の川がゆったりと流れています。

日支の酉(とり)は9月を表し、五行は金・繊細なゴールドや貴金属などがイメージ。

土の中に埋もれた金銀・宝石の宝物が、甲・乙の木の運が巡ってきて、土の中から掘り起こされるのを待っています。

己土から金星は食傷、才自己アピール、自分の持つ才能をいかに世間に知らしめるか!
チャンスを待っています。

奥川恭伸2001年4月16日の性格

謙虚な人

奥川恭伸投手は、己酉(つちのととり)の日生まれ、土の中に金銀宝石の宝物が埋まっていると想像される日です。

4月・晩春の温かい陽射しを浴びる大地を想像しますから、穏やかな性格と包容力のある人と思われますが、甲・乙の植物がまだ芽をだしていない、殺風景な風景が基本の性格です。

もうすぐ、乙の植物の芽が出てきた成長することが想像されたり、辛金の宝物が埋もれている土地なのですが、現実を見てという性格気持ちが強いのです。

また、己土は、辰の4月の土に根があり、広い土地と想像されますから、あくせくすることなく、のんびりしています。

辰土が持っている植物は、乙木のお花・甲木の樹木ではありませんので、急がずじっくりと、きれいな風景を作っていこうと頑張ります。

謙虚な人と言われています。るのは、「大地の母」と表現されるように、土の中で鉱物などをそだて、田畑ではお米や野菜をはじめ、いろいろな植物を自分の栄養を与える、自分の身を削って人につくすことが自然に備わっていることが想像されます。

己土の人は、安定と安全を求める傾向が強く、無理をしませんが、忍耐強い努力家です。

強気を秘めている

辛・酉金の食傷の星は、プライド・自尊心の高さを表します。

また、辛・酉金の食傷は、自己アピールの星ですから、一番目立つ自分になる!という気持ちがあります。
ただ、己土が辛金と並ぶときは、辛金の宝石やゴールドは、土で汚れている?輝くが鈍い?となるので、表にはみえません。

自分が持っている、表現力・技術・才能をいかに世間に知ってもらうか?評価してもらうかが、2001年4月16日の誕生日の使命だとおもいます。

冷静な分析力

辛金と壬水が並んでいます。
冷たい清らかな川の中を転がりながらゴールドの原石は、あちこちの石にぶつかりながら、磨かれて輝きを増していきます。

奥川恭伸2001年4月16日の大運

03:壬辰
13:辛卯
23:庚寅
33:己丑
43:戊子

奥川恭伸2001年4月16日の大運は、23歳まで、春の季節。
24歳から、己丑の冬の季節に変わります。

生まれた時間がわからなにので、断定はできませんが、年支の巳火が暖かく輝いている時は、よほどのことが無い限り、活躍が期待できることでしょう。

巳火の天敵は、亥水との冲です。

23歳までの大運は、庚寅ですから「寅」と「亥」は支合の関係で、冲は抑えられたかな?と思います。

また、寅・巳・亥に8月の申が加わると、四生とよばれる大きな変化運とならいましたが、2019年はそういう意味では、奥川恭伸投手の才能や努力はもちろんあってのことですが、大きな運の力も味方してくれた年かなと、思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました