丙辰の有名人!上戸彩1989年9月14日生まれの風景と子供運&相性

上戸彩さんは、1989年9月14日生まれで丙辰・冠帯の日。

甲午の偏印運で子宝に恵まれましたが、四柱推命で子供の通変性は食傷、偏印は、子供の星を剋すと言われる星なんですが、その運気に子供と縁があるって、どういうこと?とおもい、チェックしてみました。

スポンサーリンク

上戸彩1985年9月14日の命式

  乙印 乙印
辰    丑
    
印  財  官
冠  死  養

上戸彩1985年9月14日の大運

08 18 28 38 48 58
乙  丙  丁  戊  己  
  戌  亥  子  丑  

上戸彩1985年9月14日の風景

上戸彩さんは、丙辰(ひのえ たつ)の日うまれ。

1985年9月14日の風景は、辰土・丑土の広い野原・大地の、9月・乙・乙の秋の花が咲く風景の空に輝く太陽がイメージ。

 

丙の太陽は、唯一人間の手が届かない存在です。

女性でも、大らかな性格で面倒見の良い芯の強い人が多いです。

乙の印星が月干にあり、木生火と、目上の人から引き立てを受ける徳を持っています。

ただし、丙太陽と乙のお花の関係は、丙が乙に暖かいエネルギーを注ぐ、温めて成長させる!となり、親や上司に頼られる存在となる傾向があります。

ただ、大運は19歳から冬の季節が巡っています。

特に、29歳からの戊子(つちのえね)と己丑(つちのとうし)の大運です。

戊・己土が、食傷の子供運ですから、丙の太陽エネルギーを、子育てに使いたいと考えられます。

大運は、冬ですから丙の太陽のエネルギーは夏のように強くはなく、戊土の高い建物・家の中で守られる環境にいながら、子供の養育に比重を置くことになりそうです。

2014年は、「甲午」年。

丙は午に通根して十二運は帝旺となり、身旺運です。

2015年は「乙未」年

未は7月を表し・季節は夏です。

夏の季節の丙の太陽は、エネルギーが強く戊土は温まって、元気な土となり、子宝に恵まれました。

子供が生まれたら、しばらくは専業主婦になるんでしょうか?

でも、丙の太陽が家の中に納まるかなあ?

お母さんの考え方がものを言いそうです。

五十嵐 広行(HIRO)1969年6月1日

1969年6月1日  43歳
 己 己
未    4-5 巽

19 29 39 49 59
戊 丁 丙 乙 甲
辰 卯 寅 丑 子

2012年の壬辰の年は、丁の自星の日干と壬が干合しました。

丁火から、酉金の財星が支合して結婚となりました。

また、巳酉丑三合金局して、丁・のHIROさんにとっても、丙の上戸彩さんにとっても、財星が強くなっています。

また、HIROさんの月支の巳火のエネルギーが、丙の上戸彩さんのエネルギー補充となり、運気アップの相性となっています。