鞍馬寺に行ってきました!

今回は、鞍馬寺の本殿行くことにをお参りさせていただき、霊宝殿まで行くことができましたので、六芒星の秘密や効果、ご利益、見どころ、アクセス情報なども含めてご紹介します。
本堂までの道のり、写真をたくさん撮ってきました。ごらんください。

スポンサーリンク

出町柳から電車です。

鞍馬駅


鞍馬駅の前には桃ノ木があり、きれいに咲いていました^^。

鞍馬駅の中は、天狗のお面が飾ってありました。


駅のホーム

鞍馬寺の門がみえました。

鞍馬寺はパワースポットとして有名ですが、本殿、金堂の前にある「金剛床(こんごうしょう)」は、宇宙のエネルギーである尊天の波動が果てしなく広がる星曼荼羅を模したとされ、宇宙とつながる場所とされ、六芒星の中心が最強のパワースポットだそうです。

とにかく、これでもかって!坂と階段が続きます!

洗心亭

本殿金堂にお祭りされているのは「毘沙門天」(びしゃもんてん)「千手観音」(せんじゅかんのん)「護法魔王尊」(ごほうまおうそん)の三尊。
三尊を合わせて「天尊」といいます。

そして、その手前の石畳に描かれる「六芒星」が人気のお祭りされてパワースポットと言われる場所。

両手を大きく広げて深呼吸!宇宙からの波動をありがたくエネルギーチャージさせていただきました。

本殿から、霊宝殿に向かって昇っていくと、大晦日には行列ができる鐘楼がありますが、この鐘は、いつでも鳴らしてもいいということで、一人づつ「ゴ~~~ン」と、つきました^^。

それぞれ、音が違ってきこえて、個性がわかるというか、おもしろい!