四柱推命の見方! 身旺・身弱・身中

四柱推命には、専門用語があります。きょうは、身旺・身弱・身中について説明させていただきます。

スポンサーリンク

私が四柱推命を習い始めたころは、身旺・身中・身弱の3段階に分けてから鑑定すると教えられました。


 

身旺・身弱・身中の命式に分けるには、はて?どんなふうに判定するの?って悩みました。
身旺の外格の種類の多さに、覚えきれない!と匙をなげてしまいました。

命式を分けるだけでも大変で、どの様に鑑定するの?といろいろ考えてしまいましたが、これらは、占いを研究してきた先人が、他の占い師と違う自分を演出するため・自分を偉い!と思わせたい!と造りだしたものでは?と思うことにしました。

が・一応、基本的なことを、書いてみました。

身旺とは

命式の中に、日干と同じ星や助ける星が多い事、
月令を得ている事。
月令を得るとは、甲が日干なら、寅・卯月に生まれることを言い、日干と月支が同じ五行になることを言います。
 
また、身旺には、強旺格や化格など、外格と表現されるいろんな条件を満たした命式があります。

身弱とは

日干が甲なら、寅・卯月生まれでないこと。
日干を助ける星がないこと。
日干と同じ五行の星が無い事。

身中とは

身旺・身弱以外の命式を、身中と考えます。

身旺・身弱の鑑定

身旺の人は、人の先頭に立てる自分になること。
人の面倒をみて、人を利する生き方人をすることで、幸せを得る事が出きる。

人に迷惑をかけたり、悲しませるよう生き方は、成功を妨げる。

身弱の人は、人に頼ることを厭わず、人を支える自分を認めること。

自分の力量以上のことを急いで求めると、失敗します。

大運との関係

日干の木・火・土・金・水の五行・十干ごとに、それぞれの特徴や違いがあります。
また、大運という10年ごとに変化する運も絡み合わせた時、身弱・身旺・身中は変化していきます。

まとめ

命式を、おおまかに、身旺・身弱・身中(中和)と3段階に分けるから鑑定します。
でも、大運や年運によって、命式の身旺・身弱・身中は変化します。