四柱推命占い!土が多い乙丑の日の土屋太鳳1995年2月3日の性格&運勢

02・乙丑の日生まれの有名人

土屋太鳳さん、2017年のNHKの朝ドラのヒロインで注目され、活躍している女優さんです^^。1995年2月3日が誕生日の乙丑(きのとうし)の日生まれですが、戌年・丑月・丑の日と土星が三個ありました。土星が大過する命式になっている、土屋太鳳さんの性格と運勢1を大運や年運と照らし合わせながら、想像してみたいと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

土屋太鳳1995年2月3日の命式

日  月  年
    
丑  丑  戌

土屋太鳳1995年2月3日の五行

土屋太鳳さんは、乙丑8きのとうし)の日生まれ。

乙は胡蝶蘭やひまわりなどのお花や藤の花などのツル系植物がイメージです。

丑(うし)は陰の土星で、一月を表し、季節は冬。雪に覆われて、たくさんの水分を含んだ土です。

土屋太鳳1995年2月3日の大運

09 19 29 39 49 59
丁  丙  乙  甲  癸  壬
丑  子  亥  戌  酉  申

土屋太鳳1995年2月3日の風景

土屋太鳳さんは、丑(きのと・うし)の日、お花がイメージ。

2月の節分のあたり、厳寒の季節に咲くお花はふきのとう?
雪をかぶった丑・丑・戌の三個の土に植えられて、寒さに耐えながら春を待つ、忍耐強い、努力家です。

ただね、お花は、
「ここにきれいに咲いているお花がいますよ~」
ってアピールしないといけないのです。

いつも書かせていただいておりますように、
の、か弱い茎のお花は、できるだけ太い幹に育ったりっぱな
の頼れる樹木を探して、巻きついて、支えてもらって高いところに昇って、世間にアピールして、評価されるのです。

また、、寒い季節のお花は、雨風を避けてくれる、温かい温室・戊(つちのえ)土の中で、優しく見守ってもらえるか大事なところです。

土屋太鳳さんのに根はなく、心もとないかんじですが、
丑・丑・戌土が三個、広大な土地に芽を出しました。

土は、社会、社交性、人脈です。

周囲の人が力を貸してくれる星が土、特に丙の太陽が輝く暖かい季節に土は豊かな土壌となって、乙を育てます。

火が月干にあって、戌土が温室の建物かな?
とにかく、温かい環境で、守られて大事に育てられているようです。

大運は10歳から19歳まで

(ひのえ・ね)


太陽が輝いて、厳寒の季節ですが、ホッとする小春日和のお天気。

乙のお花は、太陽の暖かいエネルギーをもらって成長する、お花を咲かせるチャンスの時期です。

から見て、火は傷官 表現力、自己アピール。
19歳までにいかに世間に自分を評価してもらうかが決めて。

そして、の2014年が土屋太鳳さんの
人生の大きなチャンスの年になっていましたが
しっかりと物にしたようです^^。

品のある胡蝶蘭、大輪の花が咲きました。
おめでとうございます。

2005年、 10歳 乙酉 比肩

      スーパー・ヒロイン・オーディション
      ミス・フェニックス(※)に応募し、
      応募総数37,789名の中から審査員特別賞を
      受賞し、芸能界入りした。

2010年(15歳)  庚寅

龍馬伝に出演

2013年(18歳)癸巳

2013年に公開された映画「果てぬ村のミナ」を皮切りに、同年公開された映画「アルカナ」「赤々煉恋」と連続で映画主演を務める。

2014年(19歳)  甲午 

2014年度上半期のNHK朝ドラ「花子とアン」では、主演の吉高由里子の演じる花子の妹役”安東もも”を好演

オーディションを勝ち抜き、2015年上半期に放送されるNHK朝ドラ「まれ」の主演に内定した。

20歳~29歳大運・乙亥

20歳からの大運は、乙亥(きのと・いのしし)比肩(ひけん)となりました。

比肩運は、自分のやりたいことを実現させたい!と自己主張が強くなります。

でも、乙の人は、甲木の大樹があってこそ、高い場所で見上げられる存在となるのです。

乙と乙の関係は、アサガオや昼顔のように、ツルがからみついて、高い所へ登ろうとすると、邪魔が入る?運気が想像されます。

この10年は、いただいたお仕事は選ぶことなく演じることによって、演技力を身に着けていくほうが良い運気です。

30歳からは甲木・樹木の高い場所へどんどん昇っていく運期が巡ってきます。

楽しみに待ちましょう!

年運での活躍が期待できます。
2022年(27歳)壬寅(みずのえとら)・2023年癸卯(28歳)癸卯(みずのとう)・2024年(29歳)甲辰(きのえ・たつ)・2025年(30歳)乙巳(きのとみ)と楽しみだと思います。

とくに、甲辰(きのえたつ)2024年は、NHKの朝ドラのヒロインを演じたのが、2014年の甲午でしたから、また、代表作に巡り合えるのでは・と思っています。
それを考えると、癸卯(みずのとう)にどんな出会いがあるか?楽しいです!

まとめ

土屋太鳳さんの1995年2月3日は、土の星が丑・丑・戌3個もある土が多い命式です。

土が温まる丙の太陽が巡って、巳の5月・甲午(きのえうま)の夏の」季節に、樹木の応援を得て、NHKの朝ドラのヒロインという役を手にいれました。

こんど、甲がめぐってくるのが、2024年です。
それまでは、組織や環境によって、運勢は違ってくると思います。

人の人生は、本人の努力はもちろんですが、いろんな出会いによる環境お大事です。
特に、乙木は、柔らかい茎を持つ繊細な星ですから、環境の影響は強いと思っています。

良い環境に守られてこそ、自分の持って生まれた能力や才能を、花咲かせることができると思っています。

今後もご活躍を期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました