四柱推命の見方・四柱推命とは?&誕生日の命式と大運&歳運でわかること。

四柱推命を私なりに説明させていただきます。
四柱推命とは、生まれた年、月、日、時、の四つの柱を用いて作る命式という資料をもとに、その人の運勢や人間関係などいろいろなことを読み取って想像する・推命することから、日本では四柱推命と呼ばれるようになりました。
四柱推命占いで、わかることは?
続きを読む

四柱推命の見方・陰陽五行説 とは?陰陽の意味と五行の関係

四柱推命の根幹となる考え方に陰陽五行説 があります。

五行説(ごぎょうせつ)とは、古代中国が発祥と言われる自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説。(ウィキペディア)この5つの要素で世の中は造られているという考え方です。

そして陰陽説とは、万物は人間が男女に分かれるように、どんなものにも必ず陰陽があると考え、五行にも陰陽の組み合わせがあるとされます。(こう)

続きを読む

縁結神社(長野県木祖村)のご利益&アクセスと駐車場と屋台情報

あさイチのシリーズ企画の「出たトコ!村」でヤスくん(古原靖久/俳優)が長野県木祖村でピカピカ探しに挑戦!選んだのはなんとその名も、「縁結神社」。
島田秀平が選んだ長野県NO1パワースポットでもあり、恋愛や復縁はもちろん、就職や進学など、さまざまな縁を結ぶと訪れる人が増えているそうです。ヤスくんも、「NHKの連続テレビ小説に出ることができますように!」とお願いしたそうですが、叶うでしょうか?
続きを読む

四柱推命の見方 十干の意味合いを物や自然現象に例えてみた

四柱推命の見方、今回は 十干の意味合いを物や自然現象に例てみました。

そして、十干の簡単な特徴です。

 

 十干  自然現象と特徴
甲(きのえ) 樹木・植物・薪(まき)・木材がイメージ。太陽に向かって空高く伸びようとする気持ちが強く向上心があります。半面、たくましく強そうに見えますが、水が不足するとポキッと折れやすいところがあります。
 乙(きのと)  花・草花・つる草・雑草・芝がイメージ。人の心を癒して和ませてくれる花は、茎が柔かくしなやかですから、表面的には優しく穏やかに見えても、踏まれても立ち上がるしぶとさを秘めています。
  丙(ひのえ)   太陽がイメージ。太陽の様に明るく華やかな雰囲気があって活発な行動力を持つ人が多い。感情表現も豊かで面倒見が良い人が多く男性的な生き方や考え方から、自立が早く独立心も強いです。半面、忍耐力や持久力が弱い傾向があります。
 丁(ひのと) 燃える火・かまどの火・提灯・ネオン・ろうそくの火がイメージ。火は周囲を明るく照らす・暖めるなど、人に安心を与える存在、優しく思いやりの人。半面、情熱的ですが、繊細で神経質な面が強く出ると熱しやすく冷めやすいところが欠点。頭の回転が速く、記憶力が良い人が多いです。
 戊(つちのえ)  山・堤防・岩・炉・花びんがイメージ。戊土は山や高い建物・器のようなものがイメージで、人や生き物を自分の器の中で守り育てることができる現実的なしっかり者。半面、山奥や高いところに住むイメージから、孤独を厭わず、社交性に欠ける人もいます。
 己(つちのと) 田畑・田園の土・大地。柔らかい土。母なる大地と言われ柔らかく栄養豊かな土がイメージ。誠実で包容力があり庶民的で親しみやすい雰囲気を持ち、みんなに好かれやすい傾向。自分の力量を考えないといろんなものを抱え込んでしんどくなります。
  庚(かのえ)  鉄・斧・ノコギリ・はさみなど刃物がイメージ。庚の鉄は、丁火に鍛錬されて変化を恐れない意識を持ち、機械など金属系の仕事につく人が多いです。庚金は硬いので頑固で一本気、男性的で自分に逆らう物を切ってしまいます。考えて切らないと波乱万丈になります。
 辛(かのと)   宝石・貴金属・高級車・刀剣・ハサミなどがイメージ。庚金は荒金ですが、辛金は繊細なものを表し、優雅で洗練された雰囲気の人が多いです。完璧に拘りをもちコツコツと辛抱強く努力する人。繊細な感性を持ち、美しいもの、一流品や芸術品を好みます。
 壬(みずのえ) 海・川・湖などがイメージ。海や大きな流れる河の性質から、自由を求め束縛されること極端に嫌います。水は流れるのが習性、親元や故郷を離れる傾向があります。どんな器にも入り柔軟に人生を流れますが、大雨が降ると全てを押し流す激しい性格を秘めています。
癸(みずのと) 井戸水・雨・露・霧・などがイメージ。井戸水は水を汲みに来る人を拒絶しません。また天から降り注ぐ雨の様なイメージがあり、万物に潤いを与え育てる恵みの水です。どんな環境にも順応できる性格の人が多く、地味な雰囲気で目立つことを好みませんが、物事を深く考える人です。

四柱推命の見方 10干と12支と通変性と十二運と命式の作り方

四柱推命で占うためには、命式を読み解くための細かいデータとして当てはめるためにも、10干と12支と通変性、そして十二運を覚えることが必要です。
四柱推命占いをする時は、年柱・月柱・日柱・時柱で作る「命式」と呼ばれるものが、基本的な資料となります。
命式は、六十干支という十干と十二支が組み合わされたものと、通変性・十二運・空亡から成り立っています

続きを読む

四柱推命の見方 誕生日の命式と大運でわかること

四柱推命の見方&命式と大運で鑑定する四柱推命占いでわかることは何か?
四柱推命は的中率が高い占いと言われておりますが、得意な分野と不得意な分野があるのです。誕生日から出す命式と大運、そして年運を絡ませて、四柱推命で知ることができるのはこんな事柄です。

続きを読む