泰 璃佳のプロフィール

こんにちは^^「嵐山の母」こと、泰 璃花(りか)です。

占い鑑定暦30年、四柱推命・手相・九星気学・など東洋系の占い師です。
霊感はありません。

結婚して、嵐山に住んで40年以上になります。

京男の主人と結婚、長男・長女に恵まれました。

鑑定履歴

36歳から小嶋義久先生に四柱推命の基礎を学び、小林泰明先生に実践鑑定の指導をしていただいて、太秦映画村の占い小屋で実践鑑定のデビューをしました。
(今は、映画村の占いコーナーはやっていません。)

また、着物の展示会や宝石店のイベント・化粧品店やいろんな会社のイベントの、鑑定も経験させていただきました。

「先斗町占いスポット」では、火曜日と木曜日の鑑定を12年ほど、お手伝いさせて頂きました。
(場所:木屋町三条下ル一筋目東入ル)

2017年に「嵐山占い処」を開設させていただき、現在は「嵐山占い処」で鑑定させていただいております。

四柱推命との出会い

私にとって、人生は大変なこともある!
という転換期が36歳だったようです。

(四柱推命の大運は6年運です。)

怖いもの知らずというか、
それまで人生に不安を感じたことは
ありませんでした。

結婚する時も、家を買う時も
占いに見てもらうという考えは
浮かびませんでした。

占いを知らなかった?

当時、着物の彩色の
仕事をしながら聴いていた、
ラジオの占いコーナーが
すごい人気がありました。

主人との相性を占いコーナーで
有名な占い師にみてもらったら、
大凶と言われたのです。

理由は話してくれません。

占いをしてもらうのが
初めてのこともあったり、
人気占い師なので、
順番を待っている人が
たくさんいて、せかされる
感じで帰ってきました。

主人は独立して仕事は順調だったし、
持ち家を買うこともでき、
しあわせでした。

子供も二人恵まれて、
何事も順調だと思っていましたので、
大凶という相性が納得できません。

何で?と納得できなくて、
KBS京都のカルチャースクールで、
小嶋義久先生の四柱推命教室に
入学しました。

四柱推命は、とっても面白くて、
寝ることも忘れて、資料と命式を
照らし合わせることに夢中でした。

四柱推命と家族

日本中がバブル崩壊して、
大変な時期がありました。

自営業の主人も仕事が無くなり、
家のローンをどうして払おうか!
と眠れない時期がありました。

勉強が苦手な子供たちの受験の時、
その性格に合わせた進路を
選ぶことができました。

私の母親が3歳で亡くなり、
母親の愛情を知らないせいか、
子どもへの愛情表現を
うまくできなくて、子育て失敗!

反抗期が強くでて、悩みましたが
子育ての仕方もですが、運期的に
イライラしやすい時期とわかり、
気持ちが楽になり、少し余裕をもって
接することができました。

私の実家との関係

青森県の実家は、複雑な家庭でした。

私の母親は、私が3歳の時になくなり、
父親は3回結婚しました。

異母・五人兄弟姉妹で、
長男長女が二人に次女一人。

いろいろとあるので、遠い京都なら
面倒なことは、追いかけてこないだろう!
と、東京を飛び越えて、京都まで来て、
京男と結婚したのですが、縁はなかなか
切ることができないんですよね。

後妻や、兄弟姉妹とも、
いろいろありました。

四柱推命を学んで良かった!
と、そのたびに思いました。

自分の性格や運はもちろん、
それぞれの運の流れや、性格を
知ることで、対応することができ、
何とか乗り切ってまいりました。

四柱推命・鑑定の特徴

泰 りかの四柱推命鑑定の特徴は、
誕生日を四季の風景にして絵に描いて
説明させていただきます。

春・夏・秋・冬の四季の絵に
描くことによって、
自分の今の状況が目に見えます。

なぜ今の問題が起こっているのか?
納得できると、
問題を解決するためには、
何をどうしたらいいのかが、
見えてきます。

今でも、いろんな相談に答えられるよう、
九星気学・方位学、手相など、
東洋系の占術をそれぞれの先生に
ご指導いただき、勉強しています。

時代や、その人に寄り添った鑑定や
アドバイスができるようにと
努めてまいります。

小林泰明先生や
先斗町占いスポットの「泰 志龍」先生には、
これまで、勉強してきたことの成果を
イベントや、実践鑑定ができる場所や
機会を与えていただき
本当に感謝しています。

四柱推命占い師
「泰 璃佳」(たい りか)として、
四柱推命・手相・九星気学・方位学など
東洋占術を使って「嵐山占い処」にて
占い鑑定やカウンセリング&
ライフアドバイスを
させていただいております。

これからも実践を重ねながら、ご縁のある方の悩みが消えますように!前向きに夢を実現させることができますように、お役にたてればと思っております。

よろしくお願いいたします。

免責事項

1.

当サイトの情報は、筆者の経験や独自の検証、リサーチにもとづいてまとめたものです。必ずしも情報が正しくないことをご了承ください。

2.

当サイトの内容を実践して損害をこうむった場合でも、こちらでは責任を負うことができません。あしからずご了承ください。

3.

ご意見やご要望はメールにて承りますが、内容によっては返信しません。ご了承ください。

4.

記事の内容は予告なく変更、または削除される場合があります。

5.

当サイトにて入力頂いた、お名前やメールアドレスは厳重に管理し、第三者に渡らないよう個人情報保護を徹底しております。