簡単な四柱推命の見方、五行の相生と相剋について説明します。

スポンサーリンク

五行の相生の関係

は燃えてを生じます。
は灰となって土を生じます。
土からは生まれます。
は冷えてを生じます。
は木に潤いを与え生じます。
これを→土→相生の関係と言います。

五行の相剋の関係

五行がお互いのエネルギーを奪い合う関係を相剋の関係と言います。

は土から養分を奪い、土を剋します。(剋土)
は金を溶かし、を剋します。(火剋金)
土は水の流れを妨げ、を剋します。(土剋水)
は刃物として木を切り、を剋します。(金剋木)
は火を打ち消す、を剋します。(水剋火)

四柱推命の最も中心となっているものが、この相生と相剋の関係です。

ただし、剋については、陽と陽、陰と陰の関係は激しく剋しあうと考え、ダメージが大きいと見ますが、陽と陰の関係は適度な刺激と見ます。

陽と陰の関係とは

例えば木剋土であるならば
甲(きのえ)の樹木は戊(つちのえ)の山を激しく剋すとなりますが、甲と己(つちのと)の場合は甲が夫、己が妻の関係となり、互いによい刺激、仲のよいカップルと考え、甲と己の関係を干合(かんごう)といい、お互いに惹かれる恋愛状態と想像します。
陽        陰
丙(ひのえ) と 辛(かのと)
戊(つちのえ)と 癸(みずのと)
庚(かのえ) と 乙(きのと)
壬(みずのえ)と 丁(ひのと)

※干合については、別に詳しく説明させていただきます。