四柱推命を私なりに説明させていただきます。
四柱推命とは、生まれた年、月、日、時、の四つの柱を用いて作る命式という資料をもとに、その人の運勢や人間関係などいろいろなことを読み取って想像する・推命することから、日本では四柱推命と呼ばれるようになりました。
四柱推命占いで、わかることは?

スポンサーリンク

四柱推命とは?

wikipediaには、下記のように説明されています。

四柱推命(しちゅうすいめい)は、中国で陰陽五行説を元にして生まれた人の命運を推察する方法である。
四柱推命という呼称は、中国の原書に見ることができない。
日本独自のものであるが英語圏で”Four Pillars of Destiny” もしくは”Four Pillars Astrology”と呼ばれているように、既に世界的に使用されている。

中国では、「子平」「三命」「命学」「命理」「八字(パーツー)」などといわれている。
四柱推命は生まれた年、月、日、時、の四つ干支を柱とし、その人の生まれ持った可能性を推し量るものである。

それぞれ年柱、月柱、日柱、時柱という。

それぞれの柱に来る十干を天干と言い、十二支を地支と言う。

さらに、年柱の天干は年干(年柱天干と言う時もある)、月柱の地支は月支といった呼び方をする。
そして日干を中心として、他の天干、地支が日干に対してどのような影響を及ぼしているかを統観し、それをもとに具体的な事象を推察する。

wikipediaへはこちら

 

四柱推命は、元々は中国が発祥地であり、中国では、子平と呼ばれているようです。

中国の子平・八字と、日本の四柱推命では陰陽五行の考え方は同じですが、鑑定のしかたは全く違ったものになっていまます。

 

また、日本の四柱推命にもいろいろな流派や、考え方があり、占う人によって鑑定内容に大きな違いが出ることもしばしばあるという状況です。

とくに関西の流派と関東の流では、蔵干の取り方が違うので、ぜんぜん違う命式になることもあり、戸惑うことがあります。
そのためにも、1つの流派だけでなく、いろいろな考え方があることを知ることが必要だと思います。

四柱推命で何が占えるのか?

四柱推命では、誕生日の命式からその人が持って生まれた基本的な性質がわかります。

命式に、大運や歳運をプラスして、接木運やたくさんの法則などから人生の流れがどのようにめぐるのかを想像するのです。

持って生まれた性格
大まかな運勢の吉凶の時期
適職・独立の時期
結婚の時期・夫婦関係・
親や子供との関係
体調の弱い部分や体調を崩しやすい時期

などがわかります。

四柱推命と運勢の変え方

ただし、占いでこのように言われたから必ずこうなる、というものではないということをわかってくださいね。

四柱推命では、吉凶の傾向や可能性を想像することができます。
そのまま何も対処することなく放っておいたら、かなりの確率で当たることが多いと実感しています。

特に子供の場合は、親の環境や考え方によって、教育環境などが大きく違ってきますし性格や考え方に影響が色濃く作用することになります。

人生は常に二つか三つのどれかを選択することをを要求されて、そのうちのひとつ選んで生きていますが、自分ひとりで生きているのではないので周囲の人の影響や、環境による影響もあります。

今、運が良くないと思ったら、付き合う人たちを変えてみる、運の良い人と付き合いましょう。
お日様の当たらない部屋にいては、気持ちが落ち込みます。
陽当たりの良い部屋に引っ越しましょう!

たとえば、王子とこじきという本がありまして、同じ誕生日の男の子のお話です。
読んだことありませんか?

まとめ

占いは、怖がってばかりいないでうまく使うことができれば、大難を小難に、小難を無難にすることができると信じています。