四柱推命の根幹となる考え方に陰陽五行説 があります。

五行説(ごぎょうせつ)とは、古代中国が発祥と言われる自然哲学の思想で、万物は木・火・土・金・水の5種類の元素からなるという説。(ウィキペディア)この5つの要素で世の中は造られているという考え方です。

そして陰陽説とは、万物は人間が男女に分かれるように、どんなものにも必ず陰陽があると考え、五行にも陰陽の組み合わせがあるとされます。(こう)

スポンサーリンク

五行と五行の意味

五行は、甲(こう)乙(おつ)丙(へい)丁(てい)戊(ぼ)己(き)庚(こう)辛(しん)壬(じん)癸(き)の十種類に分類され、これを、十干といいます。

四柱推命や九星気学など東洋系占いでは、まずはこの十干を覚えることから始まります。

五行の意味

 

五行
甲(きのえ)は樹木 乙(きのと)は花
丙(ひのえ)は太陽 丁(ひのと)は灯火
戊(つちのえ)は山 己(つちのと)田畑
庚(かのえ)は剛鉄 辛(かのと)は宝石
壬(みずのえ)は川 癸(みずのと)は井戸水

五行の相生(そうしょう)

相生は、五行がそれぞれの個性で、助ける、エネルギーを強める関係を言います。

を生じ、は灰となりを生じ、を生じ、は冷えてを生じ、を生じるという関係があります。

五行の相剋(そうこく)

相剋(そうこく)は、五行がそれぞれの持つ個性で、相手のエネルギーを弱める関係を言います。

木は土を剋し、土は水を剋し、水は火を剋し、火は金を剋し、金は木を剋す。

これは簡単なイメージとして、

木は土から栄養をもらうため、土は痩せてエネルギーが弱ります。

土は水の流れを止めたり、清らかな水を泥水にします。

水・雨が降ると太陽は輝けないし、火は消されてしまいます。

火は金を溶かしてしまいます。

金は刃物となって木を切ります。