四柱推命については専門用語が多く、いまいちどういう意味なのか分からない方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は強旺格といわれる命式についての説明です。
その中のひとつ、強旺格を見分けるときの条件をまとめてみました。

スポンサーリンク

命式には一般的な普通命式の「内格」と、特殊な条件を満たした場合の命式を「外格」とに分かれます。
外格のひとつに「強旺格」と呼ばれる命式があります。

内格

木火土金水の五行がバランスよくそろって、大きく偏っていない命式は「内格」となります。

一般的に誕生日は普通格局の「内格」の傾向が多く、日干と同じ五行が月日の支にあって根があると程よい強いエネルギーとなり、五行のバランスがだいたい整っていれば、自分に自信を持って行動でき、運気は安定すると考えます。

四柱推命では、木火土金水の五気が調和して、五気が周流することを吉としますから、バランスが良くなるように、喜忌の星を見つけて使うことになります。

外格とは

外格とは木火土金水の5気のうちの一つや2つの気しか無い命式で、5気の偏りが大きすぎて、中庸に戻すことが難しい命式を言います。
外格は、「強旺格」と「従格」に分けられます。

「強旺格」とは?

「強旺格」は、日干の比肩・劫財または日干を助ける印星によって構成される命式を言いますが、一つか二つぐらいは食神や傷官の洩星があっても強旺格とみます。

強旺格の命式は、比肩・劫財が多い命式ですから、正官や偏官の大運や年運が凶運となります。

偏印や印綬が多い時は、偏財や正財が巡る大運や年運が凶作用が出やすい運期となります。

強旺格は、比肩・食神・傷官、偏印・印綬が巡る大運や年運が吉運期になります。

強旺格の命式例

時 日 月 年
甲 甲 甲 乙
寅 寅 寅 卯

甲の日干が寅月に月令を得ている、木星の比肩・劫財だけの命式です。

時 日 月 年
乙 甲 甲 乙
亥 辰 寅 卯

甲日干が地支の寅卯辰の方合や亥卯の三合半会によって大きく強められている命式です。

従格の真と仮について

強旺格の真の格と仮の格の区別は、正官や偏官の有無をみます。

一般的には、命式の中に正官や偏官があると、官星が日干を剋すことから、強旺格とはなりません。

でも、複雑な考え方、四柱推命が深いと言われるのはこういうところでしょうが、滴天髄の『従化論』のところに、従格には「真を得る場合」と「仮の場合がある」と書いてあります。

強旺格となる命式に、偏官や正官がある場合でも、その正官や偏官が無情の場合、日干への影響が強くないと判断された時は、内格ではなく、外格の強旺格と考える、というのです。

有情・無情とは?

有情というのは基本的に日干に対して良い影響を与えるエネルギーを持つ、という意味があります。

無情というのはその逆、正官や偏官がある場所が年柱の時、日干とは月干を挟んで遠いと考え、日干に対して影響は弱く、あまり大きな作用とはならない、という考え方のようです。

ということは、年柱に官殺が1個くらいあっても、日柱からは遠いし、月柱によって隔てられているような場合は、そんなに影響することはないと考えて、仮の強旺格と観ることになります。

外格・強旺格の人は発展・成功しやすいと言われますが、命式が強いだけでは社会において、財を得て成功することはできません。

命式に財を生む星、食神・傷官があるか無いか?
大運に食神・傷官が巡ってくるかどうか?ということが、強旺格の人の発展・成功に大きな影響があるように思っています。

また、食傷は自己アピールの星ですから、才能や得意なものを自信を持って世間に発信できるようにならないといけません。

外格の仮と真を得ている場合の違い

では、外格が仮の場合と、真を得ている場合にどのような違いが出てくるのか?
仮の強旺格の場合は、大運の巡りによって破格する運が巡ってくると、凶作用が強くでる可能性があります。

強旺格とするかどうかは、生まれた時間がわからなければ不可能で、年月日の三柱だけでの鑑定で、外格か内格かを判断する、断定することはできません。

したがって、実践鑑定では可能な限り、相談者のこれまでの人生の吉凶の出来事を詳しくお伺いしながら、格の判断をすることが大事だと思っています。