四柱推命で占うためには、命式を読み解くための細かいデータとして当てはめるためにも、10干と12支と通変性、そして十二運を覚えることが必要です。
四柱推命占いをする時は、年柱・月柱・日柱・時柱で作る「命式」と呼ばれるものが、基本的な資料となります。
命式は、六十干支という十干と十二支が組み合わされたものと、通変性・十二運・空亡から成り立っています

スポンサーリンク

・10干と12支の基本データ

「天干」の十干

「天干の十干は、表に現れる性格や行動を見ます。

十干は陰・陽五行に別れています。

 陽干  陰干
 甲(きのえ)  乙(きのと)
 丙(ひのえ)  丁(ひのと)
 戊(つちのえ)  己(つちのと)
 庚(かのえ)  辛(かのと)
 壬(みずのえ)  癸(みずのと)

「地支」の十二支

「地支」の十二支は、陰陽五行のエネルギーの強弱や運を見ます。
陰と陽があります。

 

子(ね) 丑(うし)
寅(とら) 卯(う)
辰(たつ) 巳(み)
午(うま) 未(ひつじ)
申(さる) 酉(とり)
戌(いぬ) 亥(い)

「通変星」

通変性は、基本データの傾向をみる

・比肩(ひけん)
・劫財(ごうざい)
・食神(しょくしん)
・傷官(しょうかん)
・偏財(へんざい)
・正財(せいざい)
・偏官(へんかん)
・正官(せいかん)
・偏印(へんいん)
・印綬(いんじゅ)

十二運

十二運は基本データの強弱をみる
・胎(たい)
・養(よう)
・長生(ちょうせい)
・沐浴(もくよく)
・冠帯(かんたい)
・建禄(けんろく)
・帝旺(ていおう)
・衰(すい)
・病(びょう)
・死(し)
・墓(ぼ)
・絶(ぜつ)

生年月日と生まれた時間で命式を作る

「天干」を十干から1個と「地支」を十二支から1個、組み合わせたものを六十干支と言い、六十干支表というのがあります。

 

六十干支表から

1・年柱の干支を出します。
2・月柱の干支を出します。
3・日柱の干支と空亡を出します。
4・時柱の干支を出します。

支の十二支は「蔵干」というそれぞれの潜在的な五行の干が2~3個ほど含まれているとされるものがあります。
5・年・月・日・時の蔵干を記入します。

「通変星」という、性格や考え方の傾向を表すものがあります。
6・「通変星」を年月日時の天干と地支にそれぞれ記入します。

「十二運」は、命式のエネルギーや性格・行動力の強弱をあらわします。
7・「十二運」を年月日時に記入します。

これで、命式の作成ができました。

まとめ

天干・地支・蔵干・天干の通変星・地支の通変星と十二運が揃ったものを「命式」と呼び、四柱推命で占う時の基本資料となります。