四柱推命には五行・十干というものがあります。ここでは簡単に、十干の甲乙丙丁戊己庚辛壬癸の意味を書きます。

スポンサーリンク

十干の「甲」の意味

甲は、陽星の木性。
この甲は、十干の中で1番目。

樹木がイメージ。
甲を基本に陰陽五行の関係が作られました。

十干の「乙」の意味

乙は、陰星の木性。
この乙は、十干の中では甲に続いて」2番目。

花やツル系の茎が柔らかい植物がイメージ。

二つの内のどちらが1番かを判断する時に「甲乙つけがたい」と表現されます。

十干の「丙」の意味

丙は、陽星の火性。
十干の中では乙に続いて3番目。

太陽がイメージ。

十干の「丁」の意味

丁は、陰星の火性。
この丁は、十干の中では丙に続いて4番目。

たき火やロウソク、月、ネオンサインなどがイメージ。

十干の「戊」の意味

戊は、陽星の土性。
十干の中では丁に続いて5番目。

山や高い建物・暖炉がイメージ。

十干の「己」の意味

己は、陰星の土性。
この己は、十干の中では戊に続いて6番目。

田んぼや畑など、平地がイメージ。

十干の「庚」の意味

庚は、陽星の金性。
十干の中では己に続いて7番目。

剛金、山から掘り出されたばかりの金属がイメージ。

十干の「辛」の意味

辛は、陰星の金性。
この辛は、十干の中では庚に続いて8番目。

宝石の原石や金属でできた商品がイメージ。

十干の「壬」の意味

壬は、陽星の水性。
十干の中では辛に続いて9番目。

川や湖・海がイメージ。

十干の「癸」の意味

癸は、陰星の水性。
この癸は、十干の中では壬に続いて10番目。

井戸水や雨がイメージ。