四柱推命の見方&命式と大運で鑑定する四柱推命占いでわかることは何か?
四柱推命は的中率が高い占いと言われておりますが、得意な分野と不得意な分野があるのです。誕生日から出す命式と大運、そして年運を絡ませて、四柱推命で知ることができるのはこんな事柄です。

スポンサーリンク

四柱推命占いとは

四柱推命は、中国の陰(いん)と陽(よう)の五行説(ごぎょうせつ)を元にして誕生した占いで、この世に生を受けた瞬間の年・月・日・時間から、運命や巡り合わせを想像する東洋系占術の一つです。

四柱推命は、中国で生まれた占術で4000年も前から使われてきた歴史があると伝えられ、数ある占術のなかでも、最も高い的中率を誇ると言われています。

でも、実際に占ってもらって、その占い師によって吉凶が別れたり、的中率が大幅に違うことを感じる人も多いのではないでしょうか?

時代に合わせて四柱推命の研究を進め、豊富な知識と経験によってだす鑑定結果が納得いくもので、素晴らしいと信頼される占い師もたくさんおられますが、四柱推命をほいの少しだけで鑑定している占い師もいるのが現実です。

占いに何を求めるか?にもよりますが、吉凶判断の的中率の優秀なことはもちろんですが、占い師の人生経験の豊富さでも相談者が納得できる鑑定内容になるか、大きく変化するところです。

 

四柱推命の占い方の説明

四柱推命の四柱とは?

四柱推命の占い・四柱推命の「四柱」とは何でしょう?

四柱推命占いでは、人間が生まれた瞬間、おぎゃ~と泣いたその時の、年月日と時間の4つの柱を、運を見極める大切な資料として記録します。

四柱とは、年柱(ねんちゅう)・月柱(げっちゅう)・日柱(にっちゅう)・時柱(じちゅう)と呼ばれる4つの柱をまとめて言います。

人間が誕生した年・月・日・時間に、その人のもって生まれた性格や才能、人との接し方及び、未来を想像させる運勢などが刻まれていると伝えられ、それを読み解くのが、四柱推命なのです。

四柱推命で占うには、年・月・日・時間の四本の柱は大変重要なもので、これを基本にして「命式」と呼ばれるものを作成します。

四柱推命で占うには、この命式を正しく読み解くための知識と判断力を養うことが必要なのです。

四柱推命・大運

四柱推命は誕生日を基に「命式」で、その人のもって生まれた性格や、考え方を想像します。

そして、大きな運の巡り方を「大運」で見ていきます。
大運は、春夏秋冬の季節で表し、細かくは10年ごとに運が変化すると考え、吉凶を想像するものです。

生まれた日の命式が弱くても、「大運」が吉運が巡れば、仕事の成功や安定した生活を想像できるのです。

環境が変われば、性格が変わる・
性格が変われば、運が変わると考えます。

四柱推命占いでわかること 

四柱推命でわかること・答えられることは、

・性格や考え方や行動の傾向
・過去の育った環境
・現在の状況
・仕事の向き・不向き
・仕事で成功する時期や慎重にする時期。
・仕事で独立できるか?勤め人向きか?
・結婚の相性と結婚しやすい時期
・健康・体調を崩しやすい時期
・身体の弱いところ
などを推測・想像することが出来ます。

まとめ 

四柱推命では、占いたい方の健康・性格・考え方や行動など、過去・現在の状況、未来の吉凶禍福を想像します。

 誕生日から導き出す四柱推命の命式は、生まれ持った「先天的な運命」とします。

そして、ここまでどんな環境でどんなふうに生きてきたかによって変化する「後天的な運命」を照らし合わせて想像します。
これから先の運勢・未来を推測・想像しながら、大難を小難に、小難を無難に過ごすためにどうすればいいのか?を考えてお伝えさせていただきます。