祐気取りで開運 南西と二黒土星の吉方位の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嵐山占い処の四柱推命と九星気学の占い師 泰 りかです。

九星気学の祐気取りは運を強くする、自分が欲しいものを手にいれるための開運ツールとして人気があります。
二黒土星&南西の吉方位にはこんな効果が期待できるのです。

スポンサーリンク

二黒土星の吉方位の効果

坤・二黒土星を7年間採り続けると、だまっていても家が建つ、と言われます。

逆に考えれば、持ち家を希望する時は、坤と二黒土星の祐気を7年間採り続けましょう。
二黒土星は、大衆的な家や場所や安いという意味があり、思ったよりも安い予算で買うことができます。

まじめに努力して、家を手にいれます。
二黒土星の祐気は、家庭を整えたい時、二黒土星や坤の祐気を採ると家庭の中が落ち着き、健康で平和、地道に暮らすことができます。

坤(ひつじさる・南西)に一白水性が回った時の吉方位、祐気採りができる人は、一白水星は親和・愛情を意味しますから、夫婦や家族が仲良く過ごすことができます。

また、赤ちゃんが欲しい人は子宝に効果がある温泉に行くといいでしょう。

南西に二黒土星が回った時の効果

坤の二黒土星、北の二黒土星の祐気採りをすると、夫が家庭に落ち着くようになります。
信用を得て引き立てをうけることができ主人の仕事がうまくいくようになります。

南西に6白金星が回った時の効果

6白金星は、自彊心・絶対にやり抜く気持ち。
坤の六白金星の祐気採りをすると、男性がとても男らしくふるまうようになります。

たゆまぬ努力と上司や目上の人からの援助が受けられ、まわりの人の加護・引き立てを得て、望みをかなえるることができます。
高級感のある良い住宅が手に入る。
不動産の仕事をしたい人は、この祐気を採ると良い。

南西に7赤金星が回った時の効果

坤(ひうじさる)南西に七赤金星が回った時に吉方位祐気採りをすると、家庭の中の金運がよくなり、レジャーなど、家族で行動するようになります。

南西に8白土星が回った時の効果

8白土星は山をイメージし、コツコツと積み上げて高い山になる、という意味がありますが、暗剣殺が付きますから吉方位にはなりません。

南西に九紫火星が回った時の効果

坤(ひつじさる)南西に九紫火星が回った時に吉方位へ祐気採りをすると、知識欲がでて、勉強するようになったり、試験運が強くなります。
浮気で悩んでいる時は、離の作用が働き、嫌なことが切れていくことになります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*