四柱推命十干の特性 甲と乙の木星について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四柱推命十干の特性 甲と乙の木星について

甲木の基本事象

甲木は陽干・太く高く伸びる樹木は男性的で積極的。
樹木がイメージですから、まっすぐに太陽を目指して高く伸びるために頑張ります。

甲と壬・癸

甲は水をよく吸収し、大地に強く根を張って瑞々しい枝葉を広げて伸びてゆく「生木」となります。

甲と丁

木は丁火の薪となって、火が燃え続けるのを助けます。

木火通明:木が火に洩らしてよく生火すること。
丁火が庚金を鍛えるときは、世の中の役にたち人の上に立つ人物と評価される傾向になります。

何ごともバランスが問題で、火が強すぎると木は燃え尽きてしまいます。

甲と戊

甲木は戊土の高い山に根を張れば、遠くからでも見える目立つ存在となります。

「甲」日干が弱い場合

・月支が申(8月)か酉(9月)で、地支が申酉戌の西の方合、または巳酉丑の三合金局のいずれかになっている。
・寅・卯の根がなく、天干にも木や水の助けがない。

「甲」日干が強い場合

・命式の地支に【寅・卯・辰・未・亥】など、助ける十二支がある。
・命式に甲を助ける木や水の五行がバランスよく配置されている。

土は木が無い時は殺風景、風景を変えます。

硬い土を耕して柔らかくする疏土開墾は、庚・辛の金星が戊土の中に埋もれて動けない埋金現象を防ぐことができます。

金剋木

甲木は根が強くはってエネルギーに勢いがある時は、庚金で剪定されて床柱などの高級建築材になります。
また、枝ぶりの良い鑑賞に堪えられる植木としてお庭に植えられて、人の心を癒します。

春や夏の成長著しい生い茂る樹木に、庚・辛の金星が無い時は、我儘で乱暴な行動で失敗します。

水生木

水は木を潤して、瑞々しい枝葉となります。

でも、水が強すぎると、漂い流される浮木の命となります。
甲木は、大地が適度に潤い、寒暖の調和がよくバランスが取れるときは、末永く安定して成長を続けることができます。

甲木は、精神面を表しますから、バランスが極端に悪い時は神経系統に弱さがでます。

甲木は基本的に、太陽の「丙」と雨の「癸」があり、柔らかく豊かな土壌の「己」があって根をはって安定すれば、素直で向上心があり成功しやすい人とみることができます。

乙木

乙木は陰干。
女性的で控えめ。

乙は、ツル系植物や花がイメージで柔らかい茎を持っていて、しなやかです。

乙と甲

乙は甲木が月干や時干に並んであり、寅卯の根が適切な場所にあれば、藤の花が樹木に絡まって高い場所で花を咲かせている風景、藤羅繋甲(とうらけいこう)が理想です。

乙と乙

乙と乙は朝顔やツタが絡みついて、地面を這う関係が想像され、足を引っ張り合う関係となり、物事がスムーズに進みにくいことが想像されます。

乙と丙

乙は夏の季節以外は、丙の太陽が天干にあることを希み乙木は丙の太陽があって、木火通明となります。

乙は燥湿が重要ですから、火星の勢いが強すぎると乾燥してしおれる、瑞々しさがない時は、外見が華やかにみえても中身が伴わず、イライラしやすい性格がでたり、精神的にくるしい時となります。

乙と丁

乙はワラや芝草ですから、丁にとって薪としての作用は弱いです。

乙と戊
乙木の柔らかい茎や根ですから、戊土の硬い土に根を張ること、剋すことは難しく逆に剋されて疲れてしまい、気苦労が多いです。

乙と己

乙は柔らかい己土に根をはることは、できます。

乙と庚

乙木は、柔らかい茎ですから、金星に剋されることを喜びません。庚金おは干合の関係ですが、バランスによっては、自分でも気が付かないうちにジワジワと、神経が疲れます。

乙と辛

乙の柔らかい茎は基本的に庚・辛金によって切られることを嫌うため、通変性・官殺があると気苦労が多いとみますが、2月・3月生まれや亥卯未の三合木局するなど、乙が強すぎる場合は剪定することによって、きれいな花畑になります。

乙と壬

乙にとって壬水は大きすぎる川の風景、水気が強すぎると植物の根が腐ってしまう現象、取り越し苦労から精神的に落ち込みやすい時期になりやすいのです。

乙と癸

乙にとって癸は優しい慈雨となり、うれしい関係です。

乙がきれいな花として咲き続けるには、太陽の「丙」と慈雨の「癸」、そして豊かな土壌の「己」がバランスよくあることが必要です。
さらに甲に支えられて、「寅」「卯」の木の根があれば、美しい花を咲かせて、たくさんの人を癒してくれることでしょう。

甲乙の意味するもの

身体・病気

肝臓・膵臓・神経・自律神経・甲状腺・目・頭・成長ホルモン・


酸味・ビタミンC・酢の物・

5情
仁:愛情・思いやり・人のために尽くす

色:青

季節:春
方位:東

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*