丙午の女性は性格が強くて離婚?藤圭子1951年7月5日を四柱推命占い

こんにちは、「京都嵐山の母」こと、泰 りかです。(詳しいプロフィールはこちら)

丙午の女性は、性格が強すぎるので離婚しやすい!と言われるようですが、それは迷信なのか?それとも本当なのか!
丙午の日生まれ・藤圭子さんを、四柱推命で占ってみました。

スポンサーリンク

性格が強気で離婚しやすいのは迷信OR本当なのか

藤圭子(歌手)1951年7月5日の場合

藤圭子1951年7月5日の命式

年 乙 正財・印綬 沐浴

月 丁 偏印・劫財 帝旺

月 丙午丁 ☆ ・劫財 帝旺

藤圭子1951年7月5日の大運

01  偏印
11 未 印綬
21  比肩
31  劫財
41 戊戌 食神
51 己 傷官
61  偏財
71 丑 正財

藤圭子1951年7月5日の風景

丙は陽の火、太陽がイメージ。
午は6月を表し、四柱推命では「真夏」となります。

藤圭子さんは、6月の丙午の日生まれ、真夏の太陽!ギラギラと照り付ける灼熱の太陽となります。

甲・卯の植物が、熱すぎるお天気に萎れて、枯れてしまいそう!
木は感情を表し、感情の起伏は激しくイライラしやすい傾向があります。

丙午は離婚しやすい?

丙午の女性は、夫をダメにするとか、勝ち気で離婚しやすいと言われていますが、これは迷信か?ほんとうなのか

藤圭子さんは、(かのとい)1971年20歳で、前川清さんと結婚しました。

丙火から辛金の通変星は「正財」。

正財は、正官を応援します。

大運は21歳までの比肩。
は金星で辛金の根となり、金のエネルギーが強くなります。

丙辛干合は、水の干合と言われ、1971年・亥年は、水がより強くなり、正官・出会いや恋愛・結婚のエネルギーが強くなっていました。

は11月を表し、水の星ですから、甲・卯の木は潤って、精神的におちつきます。

1972年(壬子)に離婚

大スター同士の結婚生活はすれ違いが重なり、翌1972年(壬子)・21歳で離婚

日柱の丙午と壬子は「天戦地冲」となり、足元が揺らぎます。

1982年(31歳)

は偏官・男性の星です。

宇多田照實と再婚。
以降、照實との間で7回の離婚・再婚を繰り返す。

1983年1月19日、ニューヨークにて娘を出産。

丙午は親と縁が薄い?

丙午・午と身旺と呼ばれる、藤圭子さんの誕生日は、両親を頼れない環境に生まれることが多いです。
その代わりに自分で運を切り開いて、成功するエネルギーを持っています。

親と疎遠になるかどうかは、親の性格や育て方によります。

藤圭子さんは、マスコミが『一卵性母娘』と名付けるほどとても母思いで仲がよかった。
レコード歌手になろうとしたのも、母をもっと楽にさせてあげて、不自由な目を治してあげられるかもしれないからだったとのこと。
しかし、1990年頃に金銭トラブルから母とは絶縁状態となった

(ウィキペディア)

1990年は39歳・大運は戊戌。
199年は庚午。

寅午戌の三合火局。
丙・午・午・午と灼熱の太陽の熱さで、戊戌の土はコンクリートのように固く乾燥して水気なく、甲・卯の印星は枯れてしまったようです。

丙午の仕事

五木寛之は「デビューアルバムに強い衝撃を受け、これは『演歌』でも『艶歌』でもなく、まちがいなく『怨歌』だと感じた!と言ったそうです。

甲・卯の木星は、強烈な真夏の日差しで、萎れて、枯れそうです!
喉から絞り出したような個性的な声と、整った顔だちで黒い大きな瞳で無表情に、ドスがきいた声を絞り出すように歌う姿が印象に残っています。

木と火ばかりで強烈な誕生日は、土に洩らして火のエネルギーを弱めることが吉。
土は、丙から食傷となり、自己アピール、歌手になりました。

丙午・藤圭子の金運

丙午からお金の星は、庚・辛・申・酉の金星です。
庚・辛・申・酉が大運や年運に巡ってくるかどうか?

大運・12歳~21歳・丙申

丙申・比肩の大運は、自分の夢を実現させる時期となります。

辛金の正財・人脈やお金を表しますが、申金が根となり、財運が強い時期となります。

1969年(己酉・傷官)

9月25日 -18歳の時に「新宿の女」で歌手デビュー。

己は湿った土。
酉は9月を表し、辛金の根となり、人脈と金運が強い時期といます。

1970年(庚戌・偏財)

庚金は偏財・大運の申金とともに、金運。

2月5日 「女のブルース」が発売され、オリコンシングルチャートで8週連続1位を獲得する大ヒット。
4月25日 「圭子の夢は夜ひらく」が発売され、オリコンシングルチャートで10週連続1位を獲得する大ヒット。
11月9日 第1回日本歌謡大賞大賞を受賞。
12月31日 – 第12回日本レコード大賞大衆賞を受賞。NHK紅白歌合戦に初出場。

1971年(20歳)辛亥

丙と辛は丙辛(へいしん)干合となります。
丙から辛は通変星は正財となり、出会いや恋愛・結婚などの機会があるとみます。

亥は11月を表し、水星でもあります。
藤圭子さんにとって、水は潤いとなり、卯木の精神面が落ち着きます。

「京都から博多まで 」がヒット

丙午・藤圭子の健康

62歳~71歳:辛丑

辛丑:正財

2013年8月22日午前7時頃、東京都新宿区のマンションの前で倒れているのが発見された。
2013年:癸巳・巳午半会
8月:庚申・
22日:庚申

藤圭子さんが、1988年頃から精神疾患を患っていたことを公表。
大運:戊戌
1988年(37歳):戊辰・食神

藤圭子さんは、丙午・午の3個の火星と、甲・卯の2個の誕生日。

湿った土や水気がないので、木星が乾燥してしおれ気味で、感情面が不安定になりやすい傾向がります。

特に、32歳~41歳の大運が戊戌の時期、午戌の火局して、土が乾燥して固く、甲・卯の木が枯れてしまいそう!
ちょっとした刺激にも「ポキン」と折れてしまいそうな感じ、感情のコントロールが難しい時期でした。

まとめ

藤圭子さんが生まれた環境はあまり経済的に恵まれていなかったようで、お母さんのためにもと歌手になったそうです。
18歳から廻った金運で、デビューしてヒット曲に恵まれました。
性格が強気!は当たっているように思います。
結婚はして離婚していますから、丙午は離婚しやすいは、該当してしまいました。

丙午の日だけなら、波乱万丈とは言い切れないとおもいますが、午の月で、灼熱の太陽となり、大運や年運によって、感情のコントロールが難しい誕生日でした。