戊申の有名人!小室圭1991年10月5日生まれの風景と性格&金運と結婚運

小室圭さん眞子さまとご婚約。性格と運勢&結婚運は?1991年10月5日生まれを四柱推命占い!こんなことになるとは?思ってもいなかった展開に戸惑っていますが、小室圭さんの誕生日から想像される風景は?そして性格は?良くも悪くも母親の影響が強いようですが、母子の関係性は?

スポンサーリンク

小室圭:1991年10月5日命式。

2014年6月にICUを卒業した。現在は奥野総合法律事務所・外国法共同事業(東京・中央)に勤務、そのかたわら、一橋大大学院国際企業戦略研究科に通い、経営法務を専攻しているという、頭脳系。
出典:日本経済新聞

日 月 年
戊    空亡 寅卯
申 酉 未  九星 九紫火星

土・金・水・木・火
2 3 0 0 1

戊申(つちのえさる)日の性格と運勢

戊申は、山の中で眠る獅子

山の中の金属・お宝が掘り起こされて、どんな商品に変わるかが人生を分けます。
粗金のまま、突出型の人は短気で喧嘩っ早いところがあります。

変化を恐れず、腰を低くして器用に立ち回れれば、地域社会に大きく貢献します。
蔭の力となって、人を見守る役目と自覚して終始、常識ある言動ができる人は老後安泰なのですが。

戊申の日生まれの男性の性格と運勢
(つちのえさる)十二運が病の日生まれ、戊は山がイメージ。
・病の日生まれには、木村拓哉・中村獅童・小室哲也・桜井 翔・羽鳥慎一さんがいます。

 

小室圭:1991年10月5日の風景

1991年10月5日の風景は、山の中に埋もれている金属、金銀宝石を丁火で鍛錬して、世の中の役にたつ品物に加工している風景を想像します。

山の中は、大きな建物とも考えられ、自動車工場や造船所、飛行機や新幹線を造っている風景が想像されます。
とにかく、辛・申・酉と金属、貴金属の材料は大量にありますから、大きな乗り物となって、たくさんの人を乗せて世の中で活躍することを理想とします。

戊の山の中に辛・申・酉の食傷・金属や貴金属の原石が埋まっています。
その原石を丁火で鍛錬している風景。

生まれた時間がわからないので断定はできませんが、水星と木星がなく、土がそのまま見える殺風景な雰囲気です。

甲木が来た時が、山から金鉱が掘り起こされるときと考え、開運のチャンスの時期となります。

小室圭:1991年10月5日の性格

辛・申・酉と金星3個と丁火の組み合わせ、世の中に役立つ金属製品を造って高い評価されたい!目立つ自分になりたい!と考えて行動します。

また、付き合う女性・結婚相手は、自分を引き立ててくれる、美しく賢い人や良い家柄の人など厳しい条件を持っています。

丁火1個に金星3個ですから、金属の材料の割には丁火のエネルギーが弱いので、鍛錬不足となりやすく、自分が思い描いた作品にはなりにくく中途半端に終わりやすい。

丁火の薪エネルギーとなる、乙・甲もないので、丁火は燃え続けることができないのです。

丁火は印綬の知性・教養。

辛・申・酉の強い金星を丁火で剋・鍛錬するという前向きな理数系の人。
見た目の穏やかな雰囲気とは違って、中に秘められているのは、合理的な現実主義、冷静な判断力を持ち計算して動くタイプの傾向が強いと想像します。

水星の財・社交性の星がないので、人付き合いは苦手な傾向、自己抑制・精神面を表す木星も見えませんが、金星が強いので木星が来たら、刃物と木の関係となり、切ってしまうのでは?

相手の気持ちを受け止めようという気持ちはないのかな?とか、世間が求めているのは何なのか?をわかるという気持ちはないのかな?とか思ってしまう、何となく違和感を感じていますが・・・・。

小室圭:1991年10月5日の大運

09 19 29 39 49
丁  丙  乙  甲  
酉  申  未  午  巳

小室圭:20歳~29歳の乙未運勢

乙未(きのとひつじ)の運。
乙は木星でお花やツル系植物がイメージ。
未は7月を」表し、夏の土。

戊の山に乙の草花が彩を添えて、美しい風景に変化していきます。
未土の山裾が広がりますから、行動範囲が広がります。

アメリカまで行っているのはこれ?

また、乙は木星ですから、丁火の薪エネルギーとなり、少しずつ金属の鍛錬が始まり、知性を習得し、表現力を磨く時期。

戊土から、辛・申・酉の通変性は、食傷となり、自己アピールの星、目立つ自分を目指して生きる、自分をいかに世間にアピールしていくか?他人よりどれだけ高い山となって仰ぎみられるかが課題。

小室圭:30歳~39歳・甲午の運勢

1991年10月5日の風景は、山の中に埋もれている金属、金銀宝石を丁火で鍛錬して、世の中の役にたつ品物に加工している風景を想像します。
山の中は、大きな建物とも考えられ、自動車工場や造船所、飛行機や新幹線を造っている風景を想像。

とにかく、辛・申・酉と金属、貴金属の材料は大量にありますから、大きな乗り物となって、たくさんの人を乗せて世の中で活躍されることが、期待できます。

あとは、自動車を想像した時、エンジン?であったり、操縦技術などをいかに高度なものに磨けるか?

小室圭さんは、国際弁護士を目指しています。

丁火の印綬が辛・申・酉金星を鍛錬する形、大運に乙・甲の薪エネルギーがめぐっていますから、30歳過ぎからグレードUPは加速していくと想像します。

小室圭さんと母親の関係

小室圭さんの誕生日、戊土から母親の星は、丁火・印綬。
丁火の印綬が母親を表しますが、小室圭さんの辛・申・酉の金属を溶かして有能な商品に変化させる作用を持ちます。

また、丁火から見た時に、戊土はかまどや暖炉、大きな建物・家などを想像しますから、丁火を雨風から守ってくれますから、丁火にとっては、頼りになる存在となります。

小室圭さんと母親の関係

戊土から印綬・母親の星は、丁の火星。

小室圭さんを世の中で目立つ存在にするために丁火で明るく照らす母親。

そして、丁火の母親に感謝しながら、世の中の役に立つ人になって丁火の母親を雨風から守るための大きな建物になりたい、親孝行したいと考えて行動する息子です。

アメリカへの留学費用は、
「弁護士事務所の所長さんが勉強熱心な小室さんを高く買っている。渡航費用に加え、向こうでの家賃、年間数十万円の教科書代は全額負担するそうです」
眞子さまや弁護士事務所の代表、元婚約者がそうであったように、勉強熱心で礼儀正しい小室さんにほだされる人は多い。みんな助けてあげたくなってしまう。天性の才能なのかもしれません」

(女性誌記者)
出典:https://tocana.jp/2018/07/post_17536_entry_2.html

結婚できるか?

小室圭さんの九星は九紫火星。
2019年2月5日の日盤は、七赤金星中宮。
九紫火星は兌宮にいて、暗剣殺がついています。

兌宮はお金の場所。
金銭問題でトラブっている状況を示しています。
恋愛の場所。
日盤は、九紫火星の人に問題ありとなっています。
眞子さまは、この人と結婚して幸せになれるのだろうか?

2020年と同じ盤になります。
2020年、どんなことが待っているのでしょう?

ところで、国際弁護士の資格って、何年でとれるんでしょうね?

2019年 己亥:劫財・九紫火星乾宮在泊
2020年 庚子:食神・九紫火星兌宮在泊・暗剣殺
2021年 辛丑:傷官・九紫火星艮宮在泊