石川祐希選手は、1995年12月11日生まれの、バレーボール五輪期待の人です。
身長193センチのイケメンで、12月の丙子(ひのえね)胎の日生まれなんですが、性格は?運は?

スポンサーリンク

石川祐希選手は、中央大学の学生さんで、全日本代表候補に選ばれているバレーボール選手。
2020年東京オリンピックに向けての強化指定選手に選ばれた、バレー界の新星、

出身地:愛知県岡崎市
血液型:AB型
身長:193cm
体重:80kg
生年月日:1995年12月11日
ポジション:ウィングスパイカー
利き手:右

石川祐希選手は両親と姉と妹そして、長男の石川祐希選手の5人家族。
父親は、実業団の元陸上選手、母親は実業団の元バスケット選手だそうで、両親ともに運動神経がよいのですね、
一流のスポーツ選手として活躍する人は、父親だけではなく、特に母親がスポーツが得意な人が多いです。
DNAはしっかりといただいているようですね。

石川 祐希選手の命式

石川祐希選手 1995年12月11日

日 月 年
 戊 
子 子 亥

01 11 21 31 41 51
戊  丁  丙  乙  甲  
子  亥  戌  酉  申  未

石川祐希選手の性格

石川祐希選手は、丙子(ひのえね)胎(たい)の日生まれ。
丙は太陽がイメージ。
子・子・亥と水星3個の広い海の上に輝く太陽、戊の山から朝陽が昇ろうとしている風景。
輔映湖海と言われる、有名な観光地の湖や海の上に輝く太陽が、水面に反射してきれいな風景です。
戊山土に隠れてこれから昇ろうとする太陽は、12月の寒い季節ですから、親の環境が大きく影響する誕生日です。

yjimageRTSKRQ6T

石川祐希選手の性格
戊の山土から朝陽が顔をだそうとしている風景だったり、12月の太陽ですから、雨や雪の雲に覆われてしっかり輝けないところがありますから、小さい頃、特に11歳ころまでは、人見知りだったかもしれません。

石川祐希選手は、水星が強く、丙からの通変星が官星ですから、自己の気持ちを抑えて、周囲のことをまず、考えて考えて行動する傾向が強いので、団体競技向きの誕生日なのかな?

それに、男性の十二運、胎は平和主義者。
とっても優しく、喧嘩や争いを好みませんが、じわじわと自分の目的、目標に近づくために努力していきます。

石川祐希選手の大運・運勢

12歳から、丙戌と、季節は10月・秋に変わり、丙の太陽はしっかりと天高く昇って、輝きだしました。

戊土も、戌土の根ができて、山は裾野がひろがってどっしりと、存在感があります。
戊土は努力と忍耐力、経験することによって実力を積み上げて高い山となり、自信はゆるぎません。

水と土と火のバランスが良くなって、食神の技術・表現力が伸びていきます。
土は温まり、乙の精神面の安定は、印星・頭脳・直感も活発に働きます。

石川祐希選手・1995年12月11日の生き方

丙火の太陽の石川祐希選手の、月柱の社会運にある戊土の食神・傷官は、専門的な技術や話術など持って生まれた才能を世間にアピールして、いかに自分が目立つ存在になるかが課題。

石川祐希選手の丙子・胎は、みんなに優しい八方美人型ですから、人を押しのけてまでもの性格ではありませんが、何しろ太陽です。人の頭上で輝かないと納得できないし、自分の能力が発揮できません。

丙太陽は、空から地上を明るく、暖かく照らして、万物を育てます。
いかに大きな空間のなかで、存在を認められるか、頑張ってください。