桃田賢斗さんの性格や運勢・1994年9月1日の誕生日で四柱推命占い。

スポンサーリンク

桃田賢斗1994年9月1日生まれの命式

日 月 年
  甲 空亡 午未
  戌 九星 六白金星

桃田賢斗1994年9月1日の風景

庚寅(かのえとら)は、庚金のハサミで、戌土の山に植えられた甲・寅の木星・樹木を切っている様子・林業の人が樹木の手入れをしている風景です。

が、庚金に丁火が無い時は、鍛錬されていない刃物となり、庚金は未熟な初心者と想像します。

庚金は、月支の申金に根があり、エネルギーが強いだけ、行動力はありますが、少し荒っぽいです。

寅木は、甲に透干していますから、樹木も高く大きく成長している木です。

壬水の川が流れていますから、樹木は瑞々しく潤いのある枝葉を広げる、美しい秋の山の風景です。


桃田賢斗1994年9月1日生まれの大運

02 12 22 32 42 52
壬  癸  甲  乙  丙  丁
申  酉  戌  亥  子  丑

桃田賢斗1994年9月1日生まれの性格

庚寅(かのえとら)絶の日生まれ。

庚金は月支の申金に根があって、大きな金属の材料です。
年月日だけでは、火星がなく、(時間にあるかもですが)鍛錬の作用がありません。

荒金ということで、トラックや戦車など、乗用車とは少し違って荒っぽい生き方をイメージで、深く考えず単純、慎重さに欠けるようです。

car0021-009_m

男らしい活発な性格で思い込んだら一直線、勝気で負けず嫌い、一歩でも人の先を歩きたいと頑張る人です。

庚金に火星がない命式は、自己抑制が効かず、横着でワガママな性格がでやすいのです。

自由を好み、枠にはめられたり命令されることを極端に嫌い、好きなようにやっていいよ、と任されて力量を発揮します。

でも、自信過剰になると、自分の欲望を常識を持って抑えなければという気持ちが働きにくく、時にはこれくらいと、横柄な行動が、思いがけないトラブルになります。

もともと庚金の刃物の勢いが強いので、甲木の樹木が瑞々しさを失った時は、負けず嫌いで甘えるのが苦手なので人にはみせないけれど、精神面に弱さ、脆さがでやすい傾向があります。

庚金から甲木は財星となり、精神面と女性とお金を表します。

この誕生日は、お金や女性を大事に扱わないと、トラブルで悩むことに注意、赤信号を持っているのです。

桃田賢斗さんの仕事運

庚・申と甲・寅木との組み合わせの命式は植木屋さんがハサミで、お庭の木を手入れをしている風景を想像します。

戌土のお庭に植えられた松や梅の木を刃物やハサミで、手入れをしている風景です。

でも、庚金に火星での鍛錬する事象がありませんので、洗練された雰囲気はなく、荒削りで腕前はまだまだのようです。

壬水の食神は、持って生まれたセンスや技術、表現力。

生まれ持った才能は高いものがあるようで、幼少期からの運も壬申・癸酉と吉運が巡って、注目を集めてきました。

壬水は技術や自己アピール力、戌土は印星で知性や教養となり、職人肌の一芸に秀でるという誕生日。

庚と甲のバランスが良い命式は筋力が強く、スポーツ選手に向きます。

大運は22歳まで甲戌。

甲木は戌土のお庭が広がって、どんどん広い土地へ植え替えられていくようです。

心配なのは、庚・申金のエネルギーが寅金よりも強くなる時。

火星がないので、庚金は少し横着で、ワガママな傾向が見えます。

若い男の子はこんなもんでしょうが、有名人だけに、自分の立場をわかって行動できるかどうかです。

2014年・甲午

寅午戌三合火局して壬水が干上がってしまい、水不足の運。

戌土は乾燥した土となり、甲木が潤いがなくなるので、精神的に辛い年回りだったり、冷静な判断力にかける・感が鈍るなどの象意がおこります。

2015年の乙未。

未(ひつじ)土は夏の土です。
2014年の甲午8きのえうま)・真夏の暑さがまだ残っていますが、2014年よりはマシで、体力気力が少しづつ、戻りつつあります。

庚金と甲木の関係は、刃物と樹木、とにかく自分好みに切り揃えたい、目の前にあるのが自然という環境で育ち、無くなることがあるなんて考えませんから、大事にしません。

でも、桃田賢斗1994年9月1日は、大運や年運によっては、つい手が滑って、刃物のさじ加減を間違って、根元から切ってしまいかねない危ういことが起こりやすいところがあるのです。

2016年丙申は抜根の事象

庚金に丙・丁の火星、官星が入ったときは自己抑制、鍛錬、修行を要求され、今までの自分では通用しないので変化しないといけません。

自分をより魅力的な商品に磨き上げて、グレードアップする時なのです。

仕事での環境だったり、人間的成長するためだったりですが、今までの自分では通用しないので、新しい自分に生まれ変わらないといけないのです。

ここで、鍛錬を嫌だ、苦しいのは嫌だと逃げてしまうと、成長が無く、今後の成功期待できず、鉄は錆びて使い物にならないのです。

2016年、申金は寅木と冲の関係で、申金2対寅木1本で抜根という事象が想像され、木が根元から切られてしまいました。

甲木は庚金からの通変星は財星、お金や女性の星です。

桃田賢斗選手の再起の可能性は?

2016年丙申は、丙の太陽が明るい光を放ち、大運の甲木がまだ1本残っています。

2016年4月は壬辰月、壬水は庚と甲の間に入って、剋を和らげています。

辰土は湿土で、4がつは新芽の季節、辰土の中には、乙の小さな新芽・根っこがあります。

この小さな新芽が根となって、今まで育ててきた人脈もまだ残っています。

残っている甲木を大事にしながら、新しい芽を丁寧に育てる気持ちになってくださること、祈っています。

ニュースを見ていても、復帰の可能性は残されていて、可能性が高いように思います。
私の四柱推命占いでは、全てを失うということにはならないと思います。

豊かな才能を持って生まれ、ここまで伸ばしてきた桃田賢斗さんですが、精神的に強くたくましくなれば、新しい自分の生まれ変わって、活躍できると思います。

庚金を鍛錬して、ダンプや戦車の実用的な乗り物から、洗練された乗用車・高級車に変身する時期が来たと思います。
それとも、たくさんの人を載せて走る、新幹線や飛行機になりますか?

庚金は現実的、壬水の冷静・クールな判断力を持っているはずです。
長い将来に向けて、前向きにかんがえられるようになるといいですね。

2017年は、丁酉の焚き火、燃える火による鍛錬・試練が入り、大きく変わることを要求されることでしょうし、乗り切ることができればグレードアップした桃田賢斗さんを見ることができるでしょう。

大運は、23歳から乙亥。

壬水の食神に亥水のエネルギーの応援が入ります。
ただ、季節が初冬に入りますから、車や乗り物は慎重な運転が必要になります。
また、甲・寅木も冬はそだちません。

乙と庚の干合は、申金と一緒により大きな乗り物になるのか?
迷いがとけなくて、動けない時期になるのか?

この丙申・丁酉の2年間で精神的にどれだけ強くなるのかが、この後の人生に大きく影響します。

 

2017年・冬、先日、テレビで桃田選手のプレーを見ました。

復帰したようですね^^。よかったです。