嵐山占い処 四柱推命と九星気学の開運法・祐気取りアドバイザー泰 りかです。2019年に引っ越しをしたいと考えておられる方で、「方位が気になる」というかたに絶対避けてほしいのは、五黄土星・暗剣殺・歳破が入る3方位。

九星気学の開運法・祐気取りは、自分と相性の良い吉方位に動く事によって開運する方法ですが、その中でも、引っ越しをする時の方位は、寝ている間にエネルギー補充する、運勢のバイオリズムに大きく左右すると考えられ、とても大切だと思います。

できるだけ、吉方位で引越ししていただきたいのですが、引っ越しできる方位は、本命星(生まれた年の九星)や年齢によって、毎年・毎月かわります。

今回は、引越しを避けてほしい、1年間を通して決まっている凶方位をお知らせします。

スポンサーリンク

2019年引っ越しに避けてほしい凶方位

坤・五黄殺
艮・暗剣殺
南東・歳破

上記の3つの方角は、特に一生住み続けたいと購入する住まい、マイホームには絶対に避けてくださいね。

※九星気学の2019年は、2019年2月4日~2020年2月3となります。

避けてほしい引っ越し方位をお教えするのは、

契約をすませてから、方位が気になってみてみたら凶方位だった、とか、引っ越ししたいと思う物件が凶方位にある、どうしたら?という相談が多いのです。

変更可能なうちのご相談でしたら、対処する提案ができる可能性もありますが、契約後では、対処の方法が、限られてしまいます。

少しでも、方位が気になるという方は、引っ越ししたいと考えた時点で、専門家にご相談することをおススメします。

自分の家を持つ、たいていは20年や30年かけてローンを支払って、財産を手に入れるのですから、大事業です。

私も応援させていただきます。

引っ越しの予定はないけど、九星気学の開運法・祐気取りで開運したいという方もどうぞ。

★吉方位へ転居をしたいという人

◆家族全員ができるだけいい方位で引越ししたい、

◆引っ越ししたい場所・時期は決まっていないが、5年以内に引っ越しの予定なの(5年分)