祐気採りの種類と効果とやり方について

開運吉方位・引っ越し

祐気取りは、自分の吉方位に行って、その気を身体に吸収して、エネルギーの補充をするというのが、基本です。

今回は、祐気採りの種類と効果とやり方を説明させていただきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

温泉に入る

祐気取りで一番簡単で効果があるとされているのか、温泉に入ること。

温泉は、地下からくみ上げられている源泉のかけ流しの温泉に入るのが一番、汗をかいて、デトックスして、祐気を身体に吸収できます。

吉方位の土地の作物を食べる

吉方位の土地でできた農作物や特産物を食べる^^。

おいしいものを食べて、飲んで、リラックスするのが、祐気取りなんです^^。
自己投資しましょうね。

土に触れる

湧き水や井戸水など飲むのが、お水採りですが、芝生がある公園や川の土手などで、裸足になって土を踏んであるいたり、ベンチに腰掛けて足を土につけていれば、祐気を身体に吸収できます。

お水採りをする

祐気採りのひとつにお水採りがあります。

名水ブームだったり、お水にこだわる風潮もあったりで、お水取りが有名になりました。
名水として有名な神社には、お水取りの採水ができる時間は2時間と決められています。

お水採りの水は、山の上に降った雨や雪が大地にしみ込んで地下水となり、いろんな場所から大地深くに吸い込まれて遠く、長い道のりを流れて通ってきた自然水です。
地上の空気にふれないで深い土の中を流れてきた地下水だからこそ、その地域の祐気を頂けると考えるのが、お水取りです。

お水取りの作法

お水取りには、同じ時間にお水を汲みたい人がたくさん集まります。

お水取りが開運を目的とするなら、神社でお水を頂く時は、本殿にお参りする、手をあわせて参拝するのはもちろんですが、できればきちんと奉納するなどしてから、お水をいただくのが作法かと思います。

本殿にお参りして、賽銭箱にお賽銭をいれてご挨拶してから、お水を汲む・頂いて帰るのが普通だと思うのは、私だけでしょうかね?

お水取りの量

お水採りで、一人が必要な水の量は多くても、1㍑か2㍑もあれば、十分です。

たくさんの容器に友人や知人のためなのか、それともお茶やコーヒーを入れて飲むのでしょうか?汲んでいる人を見かけます。

(お水取りの水は、加熱したら効果がないので、お茶やコーヒーで飲んでもお水取りにはなりません。)

人がたくさんインターネットる時でないなら問題ないんですよ。

でもね、自分の後ろにたくさんの人が待っていようが、気にしていない、そんな自己中心的な考え方や行いは、五黄殺剋気を受けた時の行いですから、祐気採りの意味がなく、そのお水の効果は期待できないでしょう。

祐気採りの目的は、吉方位の気を体内に取り入れてエネルギーアップすること・気持ちよくお水をいただきましょう。

神社や名水が無い時は、お豆腐やさんやお酒を造っている会社にお願いして地下水をいただくという方法もあります。

お水取りの水はどうするの?

採水したお水は、九日間かけて飲みます。
量は、おちょこいっぱいの水でも、一回分として充分と教えられましたので、1リットルでも十分なくらいです。
朝起きたら、いただきましょう。

お水は、冷蔵庫に入れたり、火で沸かしたりしないでくださいね。
お水取りで頂いた容器のままで常温で保存して、そのままを飲みます。

残ったら、玄関や家の周囲に蒔くなどしてください。

お砂採り

お砂採りは、お水採りよりも効果が高いと言われますが、やり方を間違えると効果が期待できません。

お砂取りは、30㎝から一メートル以上の穴を掘った空気に触れていない土でないと効果がありません。
神社の土地に穴を掘ることなど許可してもらえないでしょうし、山でも持っていない限り、30センチや一メートルの穴を掘るなんて、できません

このことから、私が教えていただいた先生は、簡単にはできないということで「お砂採り」を実際に実行することは、難しくなっていますし、やったことがありません。

毎日の生活にも祐気はある

祐気採りというのは、吉方位の祐気を体内に採り入れる事ですが、人の性格や行動、そしてその人の毎日の行いの中にも九気があり、祐気として貯めることができます。

人の役に立つ行いや行動も、立派な祐気採りになり、徳と言われ、先祖の徳がある、などと使われます。

月に1回か2回のお水採りや吉方に行く祐気採りもおススメしますが、人に優しくしてあげたり、人に喜んでもらえるような行いを、毎日の行動で積み重ねる祐気採りもおススメします。

祐気取りをしなくても、毎日を穏やかに過ごしている人たちは、きっと人の役に立つことや喜んでもらえることを考えながら過ごしているのかもしれません。

陰徳って、聞いたことがありませんか?

まとめ

祐気取りのいろんなやり方を説明させていただきました。
自分がリラックスできること、」温泉に入って、おいしいものを食べて、きれいな風景や文化・芸術に触れるなど、普段の生活を離れて、少しの時間でも違う日常の自分に、投資することが祐気取りだと思っています。
普段と違う世界を見る事って、新しい自分発見のチャンスになるかもしれません。

祐気取り、やってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました