五行は木・火・土・金・水で表現され、陰陽の十干があります。その基本的な考え方、観方を書いてみたいと思います。
四柱推命の命式では、日干と他の星との関係がどうなっているか?陰陽五行の調和、バランスがとれているかがポイントとなります。

スポンサーリンク

 

甲日生まれ

甲木は樹木がイメージ。
太陽(丙・午)の暖かい日差しを浴びて成長します。
戊・己の大地に根を下ろして安定します。
壬・癸・亥・子の水で潤います。
庚・申の金星が伐採する斧となり、夏の伸びすぎた枝葉を長生します。

水(壬・癸・亥・子)と火(丙・丁・午・巳)が有るかどうか?を一番にみます。
季節が春や夏の運気には、庚・辛があれば良質の材木や鑑賞に堪える樹木となり、良い運を持っているとみます。。
肥沃な湿度・大地は、己、丑・辰の土星、未・戌は乾いた土なので、壬・癸とともにあることを喜びます。

乙日生まれ

乙木は、草がイメージ、藤の花や朝顔などのつる系の植物でもあります。

春の季節の寅・卯・辰月や夏の季節の午・巳・未の生まれが元気が良い。

日干が春・夏生まれで乙の星が多い時は、茂りすぎるので、挟みや鎌で剪定も必要となります。

田畑の土(己)に根をはって安定します。
丙・丁、午・巳で温められて成長します。
壬・癸・亥・子の水で瑞々しい花となりまう。

亥・子・丑月の、冬生まれでも丙の太陽があれば暖かいお天気なので、芽を出します。
乙木はつる草と想像したとき、浜昼顔などのように絡まって地面を這う、お互いに足を引っ張り合って、上に伸びていくことができない、自分が目立つことができないとなります。

高い場所で咲いて、遠くからでも見てもらえるように、甲木の応援が必要です。

乙は庚と干合の関係となり、庚に会うと、自分を忘れてしまいます。

丙日生まれ

丙火は太陽がイメージ。
太陽は一つあれば良いので通根しない方が良い。

丙・丁・午・巳や、火を助けて強くする、甲・乙・寅・卯が、多いと暑すぎる。

丙火は太陽ですから、甲・乙木の燃料はいりません。

丙の太陽が二つ有る、ということは、自然界では考えられず、バランスが崩れるとみます。
性格は、暑すぎるなど、ちょっとヒステリック?
丙は月齢を得ると、エネルギーが強すぎて、自己主張が強く我儘な性格になりやすく、人との付き合い方が下手な傾向がでやすい。
戊・己に、洩らす。
壬があると、輔映湖海(ほえいこかい)と言われ、日本の夕陽百選みたいな美しい風景を想像します。
癸水は、雨なので、曇り空となり、自分らしさがだせません。

丁日生まれ

丁火は、灯火・燃える火やネオンサインがイメージ。
灯火・火が燃え続けるためには、甲木が何よりも欲しい、木が燃え尽きれば灯火は消えてしまいます。
丁は命式に二つあっても大丈夫。

甲・乙・寅・卯の木星は多くてもかまいません。
壬・癸・亥・子)は冬や夜の象徴となりますから、春・夏の季節には欲しいです。
火星で身旺の場合は、戊・己、丑・未・辰・戌の土星が有った方が、吐秀といって火生土と洩らす形となり、食傷の表現力、自己アピールで優秀な才能を発揮します。

戊日生まれ

戊土は、山や堤防などがイメージ。

戊土の1月、4月、7月、10月の丑、辰、未、戌月生れは、月齢を得ているので雄大な山とみる。

甲・乙・寅・卯の官星か金庚・辛・申・酉金の食傷を含んでいる場合は良い意味合いが有る。
多木になると日干が剋されて痩せた土地となるので嫌う。

天干に二つ有ったら通関神の印星が必要。
甲・乙木の官星が有る場合は丙の太陽と癸(雨水)の財星が有ることを喜びます。

己日生まれ

田畑・大地の柔らかい土がイメージ
己の田畑には、乙卯のお花や野菜が植えられて、育てられます。
癸亥の雨で湿った土となる。
丙午の太陽が土を温めることが必要。

土は春夏秋冬の季節の変化があります。

5月・6月・7月の夏月生れは、水星を必ず欲しい。
11月・12月・1月の冬月生れは、火星が廻った時が吉運期。

庚日生まれ

庚は土から掘り出されたばかりの金属がイメージ。
   
庚金には丁火が一番欲しい、火の精錬が無いと役に立つ商品になれない。

火の鍛錬には、必ず水星で冷やす作業も必要です。

金水傷官など、傷官水星と正官丙の太陽が並ぶことは、庚日干に吉となる。    
 
庚金には、火と水と木が有って、日干を生扶する土がある命式を強い生まれとし、五行全部揃うと「てい鐘の材」とか「てい鐘の器」といって、大物になる想像され、優秀な人材とみる。

庚の日干が弱く、土の印星の多い人を埋金の命といって、自分らしさを発揮できず印星大過は、母親がかまいすぎ?でマザコンや、あたまでっかちで考えすぎの傾向と想像します。

庚金が弱く、丙・午、丁の火星が三つ以上になるとあると、庚金は溶けてなくなるかもと心配、命運尽きてしまうかもの運。
丁火が3つの時は、丙・午とは絵年るギーが違うので、大丈夫。

辛日生まれ
宝石や貴金属の柔らかい金属や乗り物など商品

壬水の清らかな川のながれで磨かれる。 
辛は柔金なので丁火が強すぎると、溶けてしまう。
丙とは、丙辛干合して、自分を忘れる象意、

壬日生まれ

大きな河や海がイメージ。
大河には土手や堤防が有って、流れを調整できるかがポイントとなります。
丙火の太陽は、財星となり、人脈も必要。

戊・辰戌があれば、自己管理能、自己抑制して、自分の感情を押さえる有能な人とみる。
壬日干の人は、戊の偏官が有能なの人ほど活躍できる人とみる。

さらに丙の財星があれば、暖かい季節は人が水の周りに集まるとなり、逸材、チャンスの時期とみる。
春生れ(2,3,4月、寅卯辰)の季節は、雪解け水のンがれが強く、官星の土の強い堤防が欲しい。
夏生れの人は、上手く人生を渡り歩ける、運の強さを持つ。

癸日生まれ

雨水や井戸水がイメージ。

癸水には、木星(甲乙)の(食傷)の星(吐秀)だが、乙卯を育てる。