四柱推命の六十干支58番は、辛酉(かのととり)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

辛(かのと)は陰の金星・宝石や貴金属・加工された金属製品、高級車などがイメージ、酉は陰の金星で9月を表し、貴金属や金属の根となり、大きなダイヤモンドだったり、大きな乗り物を想像します。

十二運の建禄(けんろく)は、働き盛りの年齢・40代から60代のそれなりに経験を積んで成功した人物をイメージします。

辛酉(かのととり)の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

辛酉(かのととり)建禄

革命の女神

仕事は丁寧できれいだが時間がかかる、遅い傾向。

理数系の才能があり、芸術・教育・学者向きで、個性が強く、何事にも熱心になりすぎると、義理人情に欠ける傾向がでます。

努力や精進の割に報われることが少ない人生になる人が多いが、精神的にゆとりのある生活を心がけると、人間的に巾がひろがる。

辛酉の日生まれの男性の性格

落ち着いた態度と穏やかでソフトな雰囲気の話し方が特徴で、派手な雰囲気はありませんが、頭脳はシャープ、意思が強く自分から折れたり人の意見に左右されるようなことはありません。

頑固で融通が効かない傾向があり、無理にでも自分の考えを押し通そうとする一面もあったり、プライドもそうとう高く、気難しく、短気で負けず嫌い、独立心もあり、ものごとに対して学者のように打ち込む傾向があります。

好き嫌いがはっきりしていて、好きなことへの反応は素早く活発に行動しますが、、嫌いなことには、態度をあいまいにして優柔不断な態度をとります。

辛酉の日生まれの男性の運勢

のんびりした性格にみえますが、世の中の変化に臨機応変に対応する能力に乏しく、何事にも慎重に対応する苦労性なところがあります。
人生は波乱の多いものになりそうです主張が強く動乱期に底力の出る人。

雰囲気は大物の感じを与えますが、度胸と根性に欠けるところがあって、一国一城の主になるには、すこし器が小さいかもしれません。

プラスになるか、マイナスになるかと計算して判断する傾向が強いので、深く付き合うほどつまらなく見えてしまい、今ひとつ人気がありません。

ワンマンな人物のもとで責任のあるポストを任されると実力以上の力を発揮することができますが、年齢が離れている人だったり、よほど相性の良い人でないと長津続きしにくいようです。

家庭ではわがままな亭主関白型となりそうです。

金銭面は、浮き沈みが多そうです。

辛酉の日生まれの男性有名人

小泉純一郎・1942年1月8日
籾井勝人・1943年3月4日
(NHK会長)
石原伸晃
鳩山由紀夫
金日成
三浦知良(サッカー)
中村紀洋
村田兆治

キャンドル・ジュン・1974年1月20日
向井理・1982年2月7日
水谷豊・1952年7月14日
陣内孝則
マイク真木(歌手)
吉幾三(歌手)
橋幸夫(歌手)
北尾吉孝(実業家)
和久俊三(作家)
落合信彦(ジャーナリスト)
村山聖(将棋)

辛酉の日生まれの女性の性格

プライドが高く、負けず嫌いで強い意志の女性、自分の考えが絶対に正しいと信じていますから、人の意見に耳をかそうとしない頑固な自己顕示欲の強い性格です。

我が道をゆくタイプでいじっぱりですが、忍耐強く几帳面に自分の好きなことに全力でチャレンジしていきます。

外見は強そうに見えますが、内面は神経質で用心深い性格を秘めていますが、協調性に欠けるところが強くでると、対人関係は偏りがちになります。

辛酉の日生まれの女性の運勢

自信過剰と思わせるほど、地震と信念を持って我が道を行く、キャリアウーマンタイプですが、融通性に乏しく、周囲の人との和を大切にしないと交友関係が狭くなって、苦労の多い環境に落ち込んで行く人が多く見受けられる星です。

また、男性運や結婚運は極端に悪い傾向があって、結婚してもよほどの相性でない限り、長続きしにくい傾向があります。

yjimage4VGW2GS0

でも、夫婦の役割を逆にして女性が働いて経済面を安定させ、家事をこなしてくれる、仕事やプライベートに口出ししない男性となら、結婚生活を続けていくことが可能になります。

働くことが大好きですから、金銭面は自分で調達することになります。

辛酉の日生まれの女性有名人

山田詠美(作家)
松島尚美・1971年12月2日
島倉千代子・1938年3月30日
草笛光子
桜田淳子
菊川怜
菊地麻衣子
中嶋朋子
片桐はいり
潮田玲子(バトミントン)
吉田沙保里(レスリング)