四柱推命の六十干支56番は、己未(つちのとひつじ)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

己(つちのと)は陰の土星・田んぼや畑・平地がイメージ、未は陰の土星で7月を表し、夏の乾燥した土を想像します。

十二運の冠帯(かんたい)は、成人式を迎える時期の若者。
己未(つちのとひつじ)の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

 己未つちのとひつじ冠帯

夏の大地・砂浜

人を教え導く才能を持つ、教育者の星でもあり、思慮分別があるので、あまり心配することはありませんが、義理人情にほだされて失敗しないように、気をつけること。

人生の途中で変化がありますが、順風満帆型の人生になる人が多い。

己未の男性の性格

温厚でひとなつっこいところがあって、あまり人の好き嫌いをしないタイプ、誰とでも気軽に話ができる男性です。

頭が良く、臨機応変に対応する能力に優れていますが、おだてにはいたって弱いのが欠点となります。

どんな事にも真剣に取り組む誠実な人柄と、筋道を通す正直な人ですが、内面に隠し持つ強い意思は、人の意見に耳を傾けないがんこな性格は、表面からみえる穏やかな雰囲気からは想像しにくい男性です。

負けず嫌いでプライドも高く、簡単には自分から折れたり、損になるような取引はしません。

己未の男性の性格

社会のトップになるには大胆さと度胸が物足りなく、人の下につくにはプライドがゆるさないというやっかいな性格が運勢に影響します。

したがって、自分の適職をしっかりと見極めることが大事になってきます。どんなことにも真剣に真面目に取り組むタイプなので、合わないときの悩みは深刻で立て直すには時間と労力が必要になります。

でも、根本的に正直なので、与えられた仕事は責任を持ってやり遂げる責任感の強い性格は安心して物事を任せられる人間として、目上からの信頼は厚いものがあります。

若い間の苦労は必ず身を結び、中年以降からは充実した人生を送る傾向が強い運を持っています。

家庭的には、やや偏屈なところがあるので扱いにくいようにかんじますが、気分に左右されやすく、おだてには弱いので単純なところもあり、操縦方法しだいでしょうか・・・。


金銭面は、安定傾向です。

己未の日生まれの男性の有名人

高島政伸・(俳優)1966年10月27日
加藤晴彦8俳優)
東幹久(俳優)
千葉慎一(俳優)
林修(タレント)
有田哲平(タレント)
高橋大輔(アイススケート)
長友佑都・(サッカー)1986年9月12日
辻仁成(作家)
西村京太郎(作家)
北島三郎(歌手)
パパイヤ鈴木(ダンサー)

己未の日生まれの女性の性格

負け惜しみが強く、勝気な性格は、こうと決めたら簡単には引き下がらない粘り強い性格と頑固な強い医師をもって、積極的に人生にチャレンジしていく女性です。

責任感が強く誠実、人の面倒見が良いお人よしなところがある優しい性格なので人の好かれます。

世間体や体裁を気にするプライドの高さが邪魔をして、多くのチャンスを逃すことになったりしますが、ちいさなことに拘わる性格ではなく、常に前向きで大きな課題に挑戦していきます。

己未の日生まれの女性の運勢

自分の目標をしっかりと持って、一生懸命に努力してチャレンジしていくキャリアウーマンタイプ。

でも、自分の立場や地位にこだわりを持ち、人の下についたり、人の命令に素直に従って動く性格ではないので、対人関係や環境に大きく左右される仕事運、運勢となります。

責任を持たされたり、人に頼られると多少の犠牲を払ってでも全力で努力して相手の希望に答えようとする信頼のできる女性です。

恋愛や結婚についても、信念をしっかりと持っていますから自分のライフワークを崩すことなく、家庭的なことを分担してやってくれるような柔軟な男性を、理想の相手と考える傾向があります。

忙しい環境のほうが、心身ともに充実するというタイプですから、自分から忙しい環境に飛び込んでいきます。

仕事をすることを厭いませんから、金銭面は環境しだいですが、お金の使い方は、好みのものに偏る傾向のようです。

己未の日生まれの女性有名人

西山茉希(モデル)
ほのか(モデル)
国仲涼子(女優)
矢田亜希子(女優)
龍本美織(女優)・1991年10月16日
山根恵里奈・1990年12月20日
研ナオコ(歌手)
加藤登紀子(歌手)
ジャガー横田(タレント)
神尾葉子(漫画家)