四柱推命の六十干支3⑨番は、壬寅(みずのえとら)十二運は病(びょう)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

壬(みずのえ)は陽の水星・川や海石がイメージ、寅(とら)は陽の木、2月を表し、となりますが、まだまだ雪が残って寒い季節の樹木に例えられます。

十二運の病(びょう)は、人間が病気になって寝ている状態。

壬寅(みずのえとら)の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

壬寅は、春先の雪解け水・夢想家。

芸術的な才能を持ち、直感力がするどく、お金儲けは下手。

正義感にあふれ、何でも先頭に立って活躍する行動派として、責任感が強く、信用と信頼を得て成功する。

成功した人には色情難がつきもの、きれいな別れ方ができないと、失脚に追い込まれるようなことにもなりかねません。

壬寅(みずのえとら)の日生まれ 男性の性格

対人関係に恵まれ、人当たりが柔らかく必要とあればお世辞も上手でチャンスを巧みに活かして自分に有利に物事を運ぶ才能を持って生まれています。

策略上手なやり手、決断力があって駆け引きもうまいです。

商売人としてのセンスは抜群なものがあって、フルに活用して成功します。

せっかちでせわしないところがあり、短気で怒りっぽい人ですが、物事には即断即決、判断は早いです。

遊び好きで要領もよく、腰が低く人の気をそらさない円満な雰囲気を感じさせる男性ですが、内面は計算高く現実的で合理的な性格を秘めています。

壬寅(みずのえとら)の日生まれ 男性の運勢

名誉欲が強く、メンツにこだわるプライドが高い男性です。

自分が掲げた目標に向かって全力投球で頑張る努力家ですが、馬車馬のように前進することしか考えない人なので、周囲の思惑などは気にしませんし、無関心です。

仕事で実績を出すことに熱心、利益に執着する傾向があり、必要に応じて腰が低かったり、対人関係には気まぐれで、評価は分かれます。

付き合う人も偏る傾向がありますから、細かい心配りが人生を安定させるために大事な要素となります。

金銭運は強いものがあって、お金を儲けるための苦労は苦労と思わない人、地位、名誉を得るためにも、楽しんで仕事をする人です。

仕事が好き、遊ぶことが好きで、儲けるのも派手ですが、使うほうも派手に使う豪快なタイプ。

特に、女性にはとっても甘く、優しい男性ですが結婚運はあまり良くないようです。。

壬寅(みずのえとら)の日生まれ 男性有名人

高倉 健・1931年2月16日
天野 浩・科学者

壬寅(みずのえとら)の日生まれ 女性の性格

頭の回転が早く、テキパキと活発な女性で駆け引きがうまく、チャンスを掴むのが上手です。
現実的で計算して動く、商売人タイプです。

勝気で負けず嫌い、損得の計算が早く、決断力があって、エネルギッシュなやり手、何でも人任せにできない性格なので常に忙しく動き回っています。

プライドが高く、わがまま、短気ですが常に前向きに考えて積極的な仕事人間、男っぽいところがあります。

壬寅(みずのえとら)の日生まれ 女性の運勢

社交的で明るく接客のセンスに優れている人が多く、現実的で合理的、金銭的なものに執着が強い商売人タイプ。

自由に外で忙しく活発に活動したい仕事大好き人間、事業や商売に確かな手腕を発揮させ、お金儲けが上手です。

スケールの大きい人生にしたいと望み、夢を実現させるために毎日努力する女性なので、仕事が第一、家庭生活は二の次になりがちです。

自分が好きになってしまうと、恋人がいる男性であっても、積極的にアタックする負けず嫌い、自己中心的なところがあります。

壬寅(みずのえとら)の日生まれ 女性有名人

小川菜摘・1962年12月30日
辺見えみり
石原さとみ