四柱推命の六十干支37 番は庚子(かのえね)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

庚(かのえ)は陽の金星・山の中から掘り起こされたばかりの剛鉄がイメージ、子(ね)は陽の水、12月を表し、冬の水に例えられます。

十二運の死(し)は、人間が死んで横たわっている状態。

庚子(かのえね)の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

庚子(かのえね)死の性格と運勢

海底の中に沈んでいる金属

温かい愛情を求め結婚願望が強いかも、子供運は良い。

骨身を削って努力を惜しまない、真面目な努力家ですが、内面は、心配性で神経質な性格をもちます。

冷静で合理的な生き方は、利己主義的な性格が強くでると、目的のためには手段を選ばない、などの非人情な行いとなり周囲から見放されることになります。

庚子(かのえね)の日生まれ  男性の性格

温厚な雰囲気を感じさせ、真面目な性格ですが、社交性に乏しく、やや明るさに欠けるようです。

見た目は穏やかで如才なく振舞いますが、内面はプライドが高く、負けず嫌い、理屈っぽい性格を秘めています。

男性にしては、細かいところに良く気がつき、コツコツと地道に努力するタイプですが、社交辞令や融通性に乏しいところがあって、せっかくのチャンスもうまく使い切れないときがあります。

でも、対人関係においては、他人を傷つけたり中傷するようなことにならないようにと、充分に気を配って、敵をつくらないように心がける人です。

庚子(かのえね)の日生まれの男性の運勢

社会の中堅や専門技術を身につけて真面目にコツコツと仕事に打ち込み、自分に与えられた環境や仕事に誇りを持って、人一倍強い責任感で
物事に打ち込みやり遂げますから、上役から、厚い信頼を受けて成功していきます。

しかし、自信過剰ぎみの性格がでることもあり、自分の主張を曲げず、周囲とのバランスを崩したり浮き上がってしまうこともあります。

社交性が弱く、気が合う人には良い評価をもらいますが、人間関係に柔軟に対応できないため、対人関係が偏る傾向があります。

従って人の上に立つだけの技量は弱く、苦労します。
どちらかといえば、No.2として縁の下の力持ち的な存在に徹するほうが、人生は安定したものになりそうです。

金銭的にも大きな望みは無理がありますが
無理をしなければ、努力しただけ、金運はあります。

 庚子(かのえね)の日生まれ  男性有名人
DAIGO・1978年4月8日
宮根誠司
谷原章介

庚子(かのえね)の日生まれの女性の性格

芯が強く、聡明な女性です。
活発な性格なので、常に忙しく身体を動かしていないと気がすまない、活動的な人です。

信用を大切にして、親切で丁寧に忍耐強く努力を続ける仕事が大好きな、仕事熱心な人です。

外で周囲に細かく気を使って人付き合いを大切にする人ですから、友人も多く、人に好かれます。

でも、心の中は、短気でわがまま、自分が正しいと思ったら、自己主張を曲げることなく筋道を押し通す頑固で融通のきかないところがあります。

庚子(かのえね)の日生まれの女性の運勢

自分に与えられた仕事や、自分が納得して引き受けたことは、責任を持って、全力投球でやり遂げます。

それだけに会社や上司からの信頼は厚く、無くてはならない存在となって、非常に頼られる女性となります。

自分の好き嫌いを抑えて、誰にでも気さくに接することができるやさしい思いやりのある性格が、活躍する環境を広く、大きくしていく人です。

したがって、明るく社交的なところが男性との縁もたくさんあって、恋愛のチャンスは多いです。

結婚しても、仕事が好きな人は仕事に打ち込んで、時間に余裕のある人は趣味やボランティアにと人生を自分なりに楽しめる環境を得ることができます。

金銭運は良く、豊かな生活ができます。

庚子(かのえね)の日生まれ  女性有名人

山田 優・1984年7月5日
朝丘雪路・