四柱推命の六十干支31番は、甲午(きのえうま)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

甲(きのえ)は陽の木星・松や杉の木・梅や桜などの太い幹で空高く伸びる、樹木がイメージ、午(うま)は陽の火、6月を表し、真夏の太陽に例えられます。

十二運の死(し)は、そのまま、人間が息絶えて死んだ状態。

甲午(きのえうま)の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

甲午(きのえうま)死の性格と運勢

真夏の木陰、


良い指導者を選んで哲理を学び自分を磨いて自信を持ちましょう。

頭脳明晰で幅広い考え方を持ち、何を手がけてもソツなくこなし、庶民的でボランティア精神旺盛、純粋なスポーツマンタイプ、。

国家を背負ってたつ度量がありますが、お酒に弱いのがたまに傷で、お酒にのまれての失敗で万事窮すとならないように、気をつけましょう!

甲午(きのえうま)死 男性の性格

せっかちで短気なところがありますが、それだけに積極的でテキパキと仕事をこなしていく能力を備えている人物です。

また、思ったことをズケズケ言ってしまいますがさっぱりした男らしい性格です。

ただ、気分にムラがあって、感情の起伏は激しい傾向がでやすい人です。
度胸も良い方で、時には大胆なことも平気でやってのけますが、泣きつかれたり甘えられることにいたって弱く、簡単に騙されてしまう、お人好しなところが最大の欠点となりそうです。

甲午(きのえうま)死 男性の運勢

気性が激しいところがあるので、いつまでも人の下につくことや、平凡な人生を嫌います。

バイタリティがあって、行動力に優れていて「思い立ったら吉日」と実行していく男性です。

人に負けることは、死ぬより辛いと思うほど負けず嫌いで、自信過剰気味の人なので、人の意見に耳を傾けようとしない頑固者でもあります。

運勢も強いところがあって、親の運を食ってしまいかねず、特に父親と早く離れて生活しないと、父親がbyouki 弱か、短命となります。

職業を選ぶときは、一匹狼か、自分がトップになれるような職種を選びましょう。

でも、一方では涙もろく人に足を引っ張られて失敗することがあります。

決めたことには、二枚腰のように、粘り強く目標に向かって努力するタイプですから、金銭面も安定しています。

 甲午(きのえうま) 死 男性有名人

片岡愛之助・1972年3月4日
石原慎太郎

甲午(きのえうま) 死 女性の性格

明るく陽気、あっさりしていて男っぽい性格です。
男性に引けをとらない仕事に対する姿勢があって、
大胆でしっかりした信念を持っている
勝気な性格ですが、根は親切で世話好きです。

ただ、無駄なことが嫌いで、物事を几帳面に
処理する性格で、物事の判断力も早く、
迷いや失敗・迷惑などに惑わされることなく
一直線に進む勢いは見事なものです。

他人の忠告に耳を貸すことなく、それでいて、
人に頼まれると嫌と言えないお人よしな
ところが、長所でもあり短所とも言えます。

甲午(きのえうま) 死 女性の運勢

社交的で明るく世話好きな性格で、友人も多く、
人のために走り回る活発な女性です。

普通の平凡な生活を望まず、自分の能力に
自信を持って夢を追いかけ、実現させるために
一生懸命努力する負けず嫌いです。

一旦決めたことはどんな困難にぶつかっても
必ず目的を達成させるために、強い意思と
根性で粘り強く努力する、仕事や商売に
外交的手腕を発揮します。

家庭だけに納まっているタイプではなく、社会の
第一線で活躍するキャリアウーマンが多く、
結婚すると、かかあ天下となります。

ワンマンな男性との結婚はストレスが溜まり
体調を崩しかねず、家庭にコダワラズ、
さっさと離婚を選ぶようです。

金運は、結構強いのですが、お人よしな
性格なので、貯まる暇がないかも・・・です。

 甲午(きのえうま)死 女性有名人

堀北真希・1988年10月6日
コシノ・ジュンコ・1939年8月25日
小泉今日子