四柱推命の六十干支30番は、癸巳(みずのとみ)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

癸(みずのと)は陰の水星・井戸水や泉・雨がイメージ、巳(み)は陰の火、5月を表し、初夏の太陽や焚き火に例えられます。

十二運の胎(たい)は、おかあさんのおなかに宿ったばかりの胎児、羊水に守られて成長します。

癸巳(みずのとみ)の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのでしょうか?

スポンサーリンク

癸巳(みずのとみ)胎の性格と運勢

にわか雨、


指導者的な立場が向いている。

勉強すること、学問を好みますが、理屈っぽい性格は自分なりに考え、納得できないと気持ちが納まりません。

ルーズな人は大嫌いですし、人の意見はあまり聞いていません。

もう少し、世間を丸く受け入れられる、大人になって、世渡り上手・ちょびっと八方美人な性格を身につけることができるようになると、人の上にたって成功につながります。

癸巳(みずのとみ) 胎 男性の性格

見た目はぶ愛想にに見えますが、人に祭り上げられると
結構世話好きな性格なので喜んで動き回るお人好しな
たところがありますが、、愚痴っぽいのが欠点です。

見栄っ張りで気取り屋、プライドも人一倍強く、
短気で気難しい、好き嫌いも激しいところがあります。

何ごとも器用で間口は広いのですが、奥行がないと
器用貧乏になる恐れがあります。

癸巳(みずのとみ) 胎 男性の運勢

世の中の習慣や考え方、時間に束縛されることが
嫌いで、自由奔放に生きることを目標に
しているところがあります。

どんな仕事でもそつなくこなす器用な男性ですが、
決断力が弱く、考えている間にチャンスを
逃がして悔しい思いをすることが度々あります。

頭が良く、企画力に優れた力を発揮しますから、
得意な専門分野を見つけて実行できれば、
着実に資産を増やしていきます。

実行が伴わず、口先だけの空論を振り回したり
相手かまわず、自分の考えを押し付けるのが欠点。

少し度胸に欠けるため、危険な賭けをするような
ことはできませんから、生活面は安定しています。

 癸巳(みずのとみ) 男性有名人

玉置浩二

癸巳(みずのとみ) 胎 女性の性格

明るく親切、あっさりしていて、何事においても急がず、
常に自分のペースを崩すことがありません。

また、成り行き任せの自然体なので、物事を深く
追求したり考え込むことはあまりしません。

暖かい雰囲気で穏やか、まじめで誠実な性格とともに、
思いやりがあってお人好し、誰とでも合わせ、
受け止めることができます。

自分の思ったことをそのまま単刀直入に言葉に
表現してしまうので、時には相手を傷つける
こともあります。

でも、内面は心が温かく穏やか、誠実で情に厚く、
まじめで思いやりもあり、お人好しの一面も・・・。

基本的には誰とでも、気兼ねなく合わせることが
出来る人ですが、決断力に乏しく、迷いが多いのが欠点です。

癸巳(みずのとみ) 女性の運勢

人生に思いがけない波乱や嫌なことがあっても
細かいことにコダワラズ、おおざっぱなところが
あるので深刻に悩むことはせず、楽天的に
明るく楽しく、自然にまかせて生活していきます。

自分のペースやリズムをしっかり持っているので、
結婚する相手は、自分のペースに合わせてくれる人、
普通の人とは合いません。

結婚してからも、家庭的なことだけでは、物足りず、
仕事や趣味を持ったほうが、妻や母との両立が
うまくいきます。

金銭感覚は、鋭いものを持っていて
お金の管理は上手です。

 癸巳(みずのとみ)女性有名人

浅田真央・ 1990年09月05日
小倉優子・ 1983年11月11日16時10分
遠野凪子・ 1979年11月22日
山本モナ・ 1976年02月11日
寺島しのぶ・1972年12月28日
坂本冬美・ 1967年3月30日