四柱推命の六十干支18番は、辛巳(かのとみ)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

辛(かのと)は陰の金星・貴金属や宝石がイメージ、巳(み)は陰の火、5月を表し、たき火や太陽に例えられます。
十二運の死は、人間が死んだ状態・何もかも悟った人?

辛巳の日に生まれた人の性格と運勢、そして有名人にはどんな人がいるのか?元SMAPのあの人も辛巳の日生まれです。

スポンサーリンク

辛巳(かのとみ)死

太陽の日差しを浴びて輝く宝石・一流好みで高貴な星。

霊感があるかも・・・・、デリケートな性格の、学問や芸術家タイプ。

悪知恵が働くようだと、人のアラ探しの名人となり、孤独な人生を送ります。

誠実に自分を磨いていけば、円満な家庭生活・人脈・金脈に縁が強く満足した人生となりそう。

日干支 辛巳 死 の男性・性格

自分の考えや行動に絶対的な自信を持っていて、何事にも全力で努力する、ファイトあふれる男性です。

頑固で簡単に妥協しない、意思の強さを感じさせる人です。

根性があり、自分の信念を通す粘り強さはたいしたものですが、融通が利かなくて頭が固く、思い込みが強いところがあります。

なかなか考えを変えることが難しく、独断的で怒りっぽく柔軟性に乏しく周囲とのバランスを欠くことになり、孤立することを気をつけなければいけません。

日干支 辛巳 死 の男性・運勢

自信と信念に基づいた独自の人生観を持っています。

人の意見に耳を傾けることをしないで一直線に我が道を行く、マイペース型の人、従って、世の中で活躍する場所はおのずと限られます。

基本的に、周囲に気を遣ったり、義理人情の世界は苦手、信用できるのは自分しかないと、思い込んでいるところがあります。

広く交際したり社交性を必要な仕事は不向き、専門的な分野を得意としたり、技術系統の仕事に没頭して、コツコツと真面目に人生を計画して実行していくことが、無難な人生を送ることができます。

融通が効かないのは家庭でも発揮され、偏屈なワンマン亭主となります。

金銭感覚は、堅実派。
ムダ使いを嫌い、どちらかと言えば、お金に執着するタイプかも・・・。

 日干支 辛巳(かのと み) 死 男性有名人 

市川海老蔵
中居正広
矢部浩之
相場雅紀(嵐)
沢田研二

日干支 辛巳(かのと み) 死・女性の性格

勝ち気で、強い意志を持って活発、きびきびと行動し、一本気で竹を割ったようなさっぱりとした性格ですが、女性らしさには欠けます。

粘りと根性があって、意地っ張り、競争心が強く、自分の考えを押し通してしまう強引なところがあります。

自信過剰で融通性に乏しく、頭の固いのと、短気が欠点。
他人を頼らず、自分の力で精いっぱい努力するタイプでけじめをはっきりさせないと気のすまないところと、責任感が強い女性です。

日干支 辛巳(かのと み) 死・女性の運勢

型や枠にはまった堅苦しい環境や生活は苦手。
自由にのびのびと自分の時間を好きなように使って毎日を楽しくエンジョイしていく女性です。

女らしい細やかな気遣いは苦手、男性と同じような感覚で仕事に打ち込むことに熱中するタイプです。

好みの男性像は、結婚しても毎日規則正しく帰ってくる男性ではなく、出張が多く週に一回くらいしか顔を合わさないような男性が理想です。

家事も、協力してくれる、優しい夫でいつまでも友達のような雰囲気でいたいと願っています。

ワンマンで亭主関白的な男性と結婚しても長持ちしません。

金銭的な欲も強く、仕事に生きがいを感じるタイプなので、年をとってもいつまでも、若々しさを失いません。

辛巳・死生まれの女性有名人

小渕優子 1973年12月11日
前田敦子
KEIKO