四柱推命の六十干支17番は庚辰(かのえたつ)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

今日は、六十干支の17番目・庚辰(かのえたつ)、どんな性格や運勢を持って生まれているのでしょう?

また、庚辰(かのえたつ)の日生まれには、どんな有名人がいて、イメージは重なるんでしょうか?それとも、意外だったりするのでしょうか?

・庚辰(かのえたつ)・養の性格と運勢と有名人17

スポンサーリンク

庚辰(かのえたつ)養

庚金属が、辰土の山から掘り出された風景

ムード作りが下手なので、出たまんま・見えたまんま、表裏はありませんが、飾り気がなく、正直すぎて損。

プライドが高く、地道な生き方は好みません。
傲慢で理想家の傾向が強いのですが、現実的な性格から、人気運を持っていて地位・名誉よりも、実を取るタイプ。

大まかで親分肌、気に入った人はとことん面倒をみますし、自分が気に入った仕事なら、成果が倍増します。

庚辰 養の男性・性格

社交性はあまりないので、活躍する場所は狭い範囲となり
友人関係も偏りがちになります。

頭の回転は早いので、問題に直面しても、巧みに切り抜ける人ですが、
好き嫌いが激しく、自分が興味あることには結構粘りますが、
一般的には、熱しやすく冷めやすい性格となります。

外観は、穏やかで誠実そうに見えますが、向こう意気が強く
気難しい性格を内面に秘めています。

明るさに乏しく、強いものには常に低姿勢で、相手の機嫌を
損ねないように気を配りますが、自分より弱い者には
高圧的になったり、時にはいじめたりもします。

庚辰 養 男性の運勢

上手に周囲との調和を取りながら分相応にお付き合いをし、
危険を冒してまで、大きな賭けをすることはしません。

ただ、時にはわがままな性格がでて、人の意見に耳をかそうとせず、
自らを窮地に追い込むことがあります。

どちらかというと、基本的に地味でネクラな性格ですが、
自分自身を買いかぶる傾向があり、自信過剰ぎみ、
一歩控えた立場を保っているほうが、波乱が少ない
安定した人生を送ることができます。

結婚すると家庭内では、ワンマンで気ままな亭主です。
金運は悪くありませんが、自分勝手な使い方をします。

 庚辰 養の男性有名人

大沢たかお・佐藤健・平野歩夢(スノーボード)・阿部晋三

庚辰 養 女性の性格

あまり社交的ではなく、どことなく冷たい雰囲気を感じさせます。
向う意気が強く、意地っ張り、感情の起伏が激しいところがあります。

体調や気分が良いときは、明るく優しい思いやりがありますが、
一旦、機嫌を悪くすると、気まぐれで口うるさく、
一人相撲を取る傾向があります。

プライドが高く、自己顕示欲が強い傾向があり、熱しやすく
冷めやすい、また好き嫌いも激しいなど、扱いにくい性格です。

疑い深く、ヤキモチ焼きの傾向があります。

庚辰 養 女性の運勢

平凡でおだやかな生活を送る人は少ないです。
浮き沈みや波乱の多い人生を歩傾向が強いです。

美人が多く。色っぽい雰囲気を漂わせた人が多く、
男性によくモテるタイプで、周囲からチヤホヤされるため
世の中を甘くみたり、自信過剰な性格が同性から、
ねたみやいじめになることもあります。

勝気で、負けず嫌いな性格なので、地味な生活はできません。

仕事に生きがいを求め、生理的な好き嫌いで男性を選び、
結婚するため、結婚運はあまりよくありません。

結婚しても、感情的で、嫉妬深い性格が邪魔をして、
気分で夫を振り回し、しあわせな家庭を続けることは難しいです。

でも、優しく忍耐力のある男性と縁があるときは、
結婚生活を続けることは可能です。

金運は強いです。

 庚辰 養 有名人女性
安室奈美恵