四柱推命の六十干支15番は、戊寅(つちのえとら)。

私たちは毎日、天の見えない世界から送られるエネルギーと地上から受け取るエネルギーに影響されながら、生活しています。

天と地の組み合わせは60種類あり、これを四柱推命では【六十干支(ろくじゅうかんし)】と呼んでいます。

今日は、六十干支の15番目・戊寅(つちのえとら)、どんな性格や運勢を持って生まれているのでしょう?

また、戊寅の日生まれには、どんな有名人がいて、イメージは重なるんでしょうか?それとも、意外だったりするのでしょうか?

スポンサーリンク

戊寅(つちのえとら)長生

残雪が残る春の山。

戊(つちのえ)は陽の土星、高い山。
寅(とら)は、陽の木星で、2月を表し、樹木でもあります。

厳寒の冷たく寒い冬の季節に耐えながら、早く春よ来い!と暖かくなる季節をを待ちわびていたのです。

だから、もうこれ以上待つのは嫌!、と思い立ったら吉日とばかりに、興味あることに全力投球する人。

体当たりでぶつかり、苦難があっても乗り越えられると、粘り強く克服しようと頑張ります。
短気を起こすと破れ太鼓に終わります。

大器晩成型なので、人生をあせってはいけません。
人情家で、面倒見の良い人・親思いです。

戊寅 男性の性格

実業家タイプで、一代で大きな成功を収める人もいますが、強情で自己中心的だったり、横暴な振る舞いはトラブルやケンカになって運を逃します。

いかに忍耐強く努力できるかが、課題。

社交的な性格と積極的な行動力でチャンスを掴むの上手ですがかなり、強引で独断的。
周囲のことが見えない無頓着な性格から一人で暴走して苦しんだり、悩んだり、一人相撲が多い人となります。

頭が良いのですが、せっかちで早合点することが多いなど、失敗することもたびたびあります。
どんなことでも臨機応変に対処できる能力がありますが、忍耐力が無く、熱しやすく冷めやすいのが欠点。

それに、考え方に一貫性が無いので、他人からは何を考えているのか理解しにくい、わかりにくいタイプです。

戊寅の男性の仕事運

広い範囲で活躍できる、良い意味では器用な人物、でも悪く解釈すると適職がつかみにくく、自分を活かすことが下手なタイプです。

サラリーマンでは、個性やアクが強すぎて、周囲から浮き上がってしまうし商売人になるほど、金運は泣く、運勢もそれほど強くありません。

できるだけ若いうちに、方針を定めて、ひたすら、一つのことをやり通すことができれば、中年過ぎか運勢は伸びて、晩年は安定した人生を送ることができます。

でも、一度転職をすると、次々と変えて落ち着かない傾向があって、再び、上昇させるには時間がかかります。

家庭内でも小さな揉め事が起こりやすく、安定しません。

金銭運は計画性を持ちましょう。

戊寅の有名人 男性

北方謙三
中村修二・ノーベル賞受賞 1954年5月22日
山下智久 1985年4月9日
稲垣吾郎
綾小路きみまろ
笑福亭笑瓶
YOSHIKI
美木良介
萩原聖人
高橋尚成
栄和人(レスリング)
細野豪志

戊寅 女性の性格

細かいことに気がつき、落ち着いた雰囲気ですが勝気で負けず嫌いの
性格を、ちらつかせている女性です。
神経は割合、細いため、いろいろと考えすぎる傾向があって、
神経披露が大きく、ストレスがたまりやすい体質です。

軽率なところがあって、ムラ気が多く、集中力に欠けるため、
忍耐力に欠け、飽きっぽいです。
物事の判断や考え方に一貫性が無く、お人好しで世話好きなところと
意地悪な一面があったり、他人からみて理解しにくいタイプです。

戊寅 女性の運勢

いつもストレスを抱え込んでいて、不平不満を持っていて、
充実した生活や満足した日々を送ることの少ないタイプです。

その日の体調に左右される傾向が強く、調子の良いときは
明るく細やかに人の世話を楽しんでいますが、調子が思わしく
ないときは、ころころとお天気が変わって、気を使わせます、

家庭的な面も弱く、夫や子供にたいして、自分の都合のよいように
要求したり、細かいことにいちいち口出しする、うるさ型となります。

家庭だけにとどまっていないで、仕事や趣味などにエネルギーを
発散させて消耗すすべきです。
金銭面は恵まれる傾向が強いです。

戊寅 女性の有名人

室井佑月
神田沙也加
桃井かおり
松岡茉優:1995年2月16日
松下莉緒
伊調馨
北斗晶
村主章枝