2018年も後半になり、「2019年の乙(きのと)の日生まれの自分の運勢はどんな感じなのかな?」と、来年のことが気になって、このブログにたどり着いたのではないかと思います。

2019年の己亥(つちのと・い)年の運勢は、乙(きのと)の日生まれの人にとっては、総合的に忍耐運の傾向になります。

特に2019年の対人関係に、一番気を使うところなので、ぜひ記事を最後までチェックしてみてくださいね。

では、今回は仕事運と金運・恋愛や結婚運について、課題や注意するところを書いてみました!

仕事運や恋愛運・結婚運・対人関係・お金・健康、どれも気になることですよね?

四柱推命占い歴30年・2万人以上の人を鑑定してきた泰(たい) 璃佳(りか)が、ひとつひとつの運勢や傾向をわかりやすく画像を使いながらお答えしていきます。

スポンサーリンク

乙(きのと)性格の特徴

乙(きのと)は陰星の木星で、お花やツル系の植物がイメージです。

乙(きのと)は柔らかい茎の植物、きれいな可愛い花を咲かせることによって人を楽しませる、癒すことが使命。

乙木(おつぼく)の性質を持つ人は、命式(めいしき)のバランスによっては精神面が弱く感情的になりやすく、気持ちが素直に表れやすい傾向があり、言動や態度にそのまま出てしまいやすい人です。

気分やさんであったり、感情の赴くままに行動しては、周囲の人に理解してもらうことが難しく、孤立しないように注意することが必要です。

乙木(おつぼく)の人は、柔らかい茎ですから、太い幹で高く成長する樹木に巻き付いて、支えてもらうことによって、高い場所で花を咲かせることができるのです。

自分で運を切り開く自主独立型というよりは、力のある目上の人や上司の力添えや後援してもらうほうが、苦労が少なく成功することができるとされます。

なので、自分の才能や実力を認めてくれる目上の人や上司に出うことができるか?そして、精神面・情緒面・感情のコントロールを上手に引き受けもらうことができるかが、課題となります。

乙木・2019年己亥(つちのとい)の年の風景

乙木は陰の木・お花やツル系の植物がイメージです。

2019年・己亥(つちのとい)年の己(つちのと)は、大地・田畑など、平らな土地がイメージです。
亥は陰の水星・11月を表します。

2019年の乙(きのと)の花やツル系植物がイメージのあなたが、平らな大地を見つけて、根を張る風景を想像します。

乙(きのと)の柔らかい茎や根でも、己(つちのと)は柔らかい土ですから、根を下ろすことができれば心身ともに安定する環境になることでしょう。

乙が根をおろすことによって己土の風景は、きれいな癒される風景になりますから、基本的には良い関係です。

丙の太陽がある人・大運が夏運の人


誕生日に丙(ひのえ)の太陽がある人や、大運(だいうん)という10年ごとに変化する運が春や夏の温かい季節になっている人は、仕事やプライベートで、頼りになる存在の人との新しい出会いが期待できるでしょう。

また、金運も良好で、商売をやっている人は、積極的に人脈を広げましょう。

丙(ひのえ)の太陽がない人・大運が夏運以外の人

でもね、2019年は亥(いのしし)の年です。

亥(いのしし・い)は、11月を表しますから、寒い冬の季節なのです。

寒い11月の己(つちのと)土は、初雪が降って、凍てついている可能性がありますから、乙木が根を下ろして成長する環境とはいえません。

2019年は、乙(きのと)のお花の人にとっては総合的に、「耐え忍ぶ・現状維持に努める」、ことがベストの年になりそうなどは、です。

野原や田んぼや畑は雪や霜で冷たい環境ですから、温室や暖かいおうちの中で、守られて冬の季節を乗り切ることが求められます。

2019年・乙(きのと)の仕事運

乙(きのと)のお花の人は、新しい土地、己(つちのと)の大地に植え替えがあるるかも?、と想像したとき、会社内での配置転換や転勤などの移動で環境が変化するかもしれません。

会社の命令で、配置転換や転勤になったら、新しい環境に慣れるには、忍耐と努力が必要です。

くれぐれも、早く認めてもらいたいと頑張りすぎないで、とにかくそこの空気と言うか、環境に慣れるところから始めましょう。

お嫁に行って、姑をはじめ、新しい家族はどんな人たちで、どんな風習や習慣があるのか、覚えないといけませんよね。

または、今の環境が辛いとか、合わないと思って、自分自身で、転職や自立・独立を考えるかもしれません。

でもね、己土は、11月の初冬の土ですから、冷たい土にしか出会えない年回りなのです。

乙木のお花を植え替えたり、種を撒く季節ではないのです。

乙木から己土の通変性は偏財ですから、対人関係で辛い思いをするかもしれませんが、短気を起こして退職してから、新しい仕事を探すなんて、無謀なことをしないでくださいね。

それは、雪が降る原野に、何も持たずに旅行に行くようなものです。

どうしても辞めたいときには、まず、新しい仕事を探してからにしましょう!

そし、お金がかかる起業については、一年くらいの回転資金が用意できないのであれば、時期を待ちましょう。

お勤めしながらできる、副業を探してみましょう。

転職についても、あなたの乙(きのと)木の2019年の運が、寒い土の運なのですから、何処へ行っても一緒なのだと、自覚してください。

できるだけ、現状維持で、春が来るのを待つ、チャンスは3年先になりますが、必ず来る!と信じて、忍耐・努力に努めましょう。

2019年・乙(きのと)の金運と人脈

乙木から己土の通変性は偏財となります。
正財は、お金や人脈、そして社交性です。

亥(いのしし)月は11月を表し、季節は初冬ですから、己(つちのと)土は冷たい凍り付くような土が想像されます。
東北地方や北海道では、雪に覆われる寒い季節です。

2019年の環境や人脈は、「冷たい」ことが想像されます。

どういう訳か、今までのように、あなたが甘えられる環境や人ではない可能性があります。

寒い時は、誰でもいいから、温めて欲しい!とすがりついてしまいますが、くれぐれも、慎重に相手を見極めてくださいね。

命式に丙火があったり、大運が夏運の人は、何とかなるかもしれません。

でも、秋・冬生まれだったり、大運が秋・冬の場合は、お金や人に振り回されることになる、可能性があります。

新しく出会った人に対しては、初めての土地、寒い、冷たい己(つちのと)土と想像し、くれぐれもお金が関係する付き合いは慎重にしましょう。
頼れる相手ではない傾向が強く、むしろ、利用されたり、騙されないように注意することが必要だと、肝に銘じて欲しいです。

春がくるまで、甲木生まれのあなたの金運も強くないと自覚して、今あるものをいかに守るかに徹しましょう。

2019年・乙(きのと)お花の健康運

乙木は感情面や、精神面だったり、足・腰・骨を表します。

冬の冷たい、木枯らしのなかで、精神的に落ち込みやすい時期であり、ポジティブにはなりにくいかもしれません。

しんどい時は、ゆっくり休む、春まで寝たふり・・・・という選択もありかな?と思います。

健康に自信が無いと感じるなら、無理が効く運気ではありません。

健康診断を受けて、身体をゆっくり休ませたり、早期発見で、治療が簡単なうちに対処しましょう。

脚・腰・骨の怪我などに注意しましょう。

健康を保つ秘訣は、筋力をつける、筋肉を強くすることです。
スクワットや、朝陽を浴びて、歩くことをお勧めします。

2019年・乙(きのと)の恋愛・結婚運

乙木から、己土の通変性は、「偏財」。
偏財は、お金や人脈だったり、男性からは女性との出会い・恋愛運の星になります。

乙と己は、乙の」柔らかい茎や根を、己土の柔らかい土が受け止めてくれる関係。

乙のか弱いエネルギーでも、唯一相手より強い関係だったり、平等な関係で、普段は優柔不断な男性でも、出会いや結婚を意識する時期となります
気になる女性がいるなら、積極的に行動しましょう。。

そして、相性がよかったら、結婚しましょう^^。

女性も、社交的になりやすい年回りですから、出会いはたくさんあると思います。
ただし、新しい出会いは、「冷たい・寒い」を想像させる年回りですから、冷静に、信頼できる人かどうか、時間をかけて見極めてくださいね

できれば、お友達をたくさん作る、感じで春がくるまで、お付き合いが続いたら・・・・くらいの気持ちでいきましょう。

自分がリラックスできる相手かどうか?
多少の我儘なら、自然に言えて聞いてもらえる相手かどうか?

出会って、半年くらいは、自分のことはできるだけしゃべらないで、相手の話すことに耳を傾け、今のままの自分で気を使わないで付き合えるかどうか、確認できるかが、課題。

どんなことに興味がある人なのか?
仕事に対する姿勢や、考え方は?
両親や、兄弟との関係は?
友人はどんな人たちなの?
お休みの日や、仕事が終わって家ではどんなことしてるの?

また、相手の本音は、言う事とやることが一致しているかを、確認することで、見えてきます。

あなたは、大事にされていると、感じることができていますか?

まとめ

2019年の仕事や恋愛・健康運について書いてみました。

乙木のお花仕事運は、今の環境が辛く感じやすい運気、転職や自立・独立を考えるかもしれませんが、タイミングは悪い時期です。

乙木の恋愛運は、出会いはたくさんあるでしょうが、あなたの事を大事に思ってくれていると感じられる、言葉と行動が一致するか、冷静に見極めて決めましょう。

甲木の健康運は、精神的に落ち込みやすかったり、怪我に注意の時期ですから、無理をしないで身体を休めましょう。

総合的に、忍耐力・我慢が必要な運勢です。

現状維持ができれば、いいかな・・・と割り切って、やらなければいけない事だけをやりましょう。