渡部暁斗さん、スキー競技の選手ですが、誕生日は、1988年5月26日・辛巳の日生まれ。
性格はどんな人?そして、運勢はどうなっているのでしょうか?

スポンサーリンク

渡部暁斗1988年5月26日の命式

日 月 年
辛 丁 戊  空亡 申酉
巳 巳 辰  九星 三碧木星
丙 丙 戊
  偏 印
  官 綬
正 正 印
官 官 綬
死 死 

渡部暁斗1988年5月26日の風景

辛巳(かのとみ)・十二運は死の日生まれ。
辛8かのと)は陰の金星、宝石や貴金属、金属で作られた製品がイメージ。
辛金は一個しかありませんので、小型の自動車でしょうか?

丁・巳・巳と火星3個に囲まれて、熱くて溶けてしまいそうと緊張しますが、戊辰の土星が鋳型やかまどとなって、熱い火のエネルギーを抑えてくれます。

大きな建物の中で、金属の製品を造っている、工場の風景を想像します。

金が小さくて、火が強すぎる誕生日は、庚・辛・申・金の金星が巡ってきたときが、小さな乗り物が、大きな乗り物になって、自信を持って行動でき、存在感を表すチャンスの時期となります。

渡部暁斗1988年5月26日の性格

辛金一個が丁火3個の大きく燃える火に囲まれているような風景は、溶けて無くなりそうでとても緊張します。
ただし、戊辰の土が火の勢いを和らげて、とても良い作用をしています。

戊土は山がイメージ、辰土は4月の土で、水を含んだ春の土、通変性は、「印綬」で両親や上司・先生です。
また、印綬は知性や教養であったり、土は忍耐・努力の星です。

これは、渡部暁斗さんが幼少期の頃は、怖がりで緊張しやすい神経質な性格でお母さんの後ろを追いかけ炊いた内弁慶?と想像します。

戊辰の優しくおおらかな両親に見守られて、少しずついろんな経験を積んで自信をつけて、本人の才能と努力もですが良い指導者にも恵まれて、オリンピック選手になった?

辛・比肩が自分。
丁・巳・巳火は辛からの十二運は、官星で自己抑制の星です。
自分が我慢しなければという意識が強く働く人で本来は控えめな性格のようですが、何しろ小さな金属の材料に、大きな火が迫ってくるのですから、何とかしなければ!と知恵を絞ります。

金属は冷たく硬い物質ですから、現実的で冷静な性格を持っています。

渡部暁斗1988年5月26日の大運

03 13 23 33 43 53
丁  戊  己  庚  辛  壬
巳  午  未  申  酉  戌

渡部暁斗1988年5月26日の運勢

辛金一個の小さな自動車は、庚・辛・申・酉の金星が巡った時が大きな金属の材料を手に入れて、大きな車に作り変えて、存在感を増していくチャンスの時期になります。

渡部暁斗さんの大運、24歳から庚申・34歳から辛酉、と金星の強いエネルギーの干支が20年間続きます。
この時期に、どこまで大きな存在になるのか?

ソチに続き、平昌オリンピックでもメダルを獲得しています。
早い話ですが、次のオリンピックでも活躍できるのでは?と期待しています。