中村獅童さん、竹内結子さんとはうまくいきませんでしたが、再婚されました。1972年9月14日が誕生日・戊申の日生まれの性格と運勢&結婚運を四柱推命で占ってみました。

スポンサーリンク

中村獅童1972年9月14日の命式 

日  月  年
戊  己    空亡 寅卯
申  酉  

中村獅童1972年9月14日の大運

08 18 28 38 48 58
己  庚  辛  壬  癸  
酉  戌  亥  子  丑  寅

中村獅童1972年9月14日の風景

中村獅童さん、戊申(つちのえ・さる)の日生まれ。
申・酉の金属や宝石の原石が山土の中に埋まっています。
また、壬・子の冷たく清らかな水が流れる川底では、宝石の原石がコロコロところがりながら、泥を落とし磨かれて、少しずつ輝きを、増していきます。

誕生日は、9月・酉月ですから季節は、秋。
錦秋のモミジに包まれた山の風景を想像したいのですが、甲、乙の木星がなく、殺風景な風景です。

中村獅童さん・1972年9月14日の誕生日の使命は、申・酉金を、丁火で溶かして、上等な車を造って、ドライブに出かけるのです。

甲・乙や、寅・卯の木星で精神面の充実を図る。
丙の太陽で土が温められて、木・樹木は成長

申・酉金を丁火で鍛錬して、魅力的な商品を造る・丁が燃え続けるには、甲の樹木が必要なので。

甲・乙や、寅・卯の木星、そして、丙の太陽と、申・酉金を鍛錬する・丁の火星が巡った時がチャンス、吉運気になります。

中村獅童1972年9月14日の性格

9月生まれの戊の山には、土星の根が無く、壬子の川の流れから山土が浸食され削り取られていくことも想像され、幼少期は、不安定な環境や性格を感じます。

9月生まれですから、秋の季節の戊土から、金星の通変性は、食傷の自己アピール・自己主張の意味があり、社会に自分のもっている才能や素質をアピールする、表現して、認めてもらいたい、めだちたいという気持ちが強い誕生日です。

戊土は、保守的な星ですから、伝統・経験・継続などの意味があり、丙・丁の火星が吉の役目をしますから、歌舞伎役者は適職だと思いますし、続けることで天職と思う事でしょう。

中村獅童1972年9月14日の大運

38歳までの大運

38歳までの大運は壬子。
壬は陽干の水星・子は12月を表しますから、冬将軍の寒い季節、戊の山は、雪に白く覆われ、川は凍てついて冷たく、人が近寄りにくい風景が想像され、忍耐と努力の時期となります。

丙・丁の印星、両親の環境はどうなのか?引き立ててもらえる上司など、力のある人に出会えるか?が運の分かれ道。
守ってもらいながら、自分の才能や能力を磨く時期でした。

39歳からの大運

39歳から癸丑の大運に変わりました。
戊の山は、丑土に根がついて、山裾が広がり安定感がでてきました。

丑土は、1月を表しますから、まだまだ寒さは厳しい季節ですが、壬子という大雪が降っている風景とは、格段の差があります。
年運が春や夏になるのを待ちましょう。

また、戊と癸は戊癸(ぼき)の干合という関係になり、癸の雨雲はのけられて、お天気快晴のはずです。
癸(みずのと)は、陰干の水で井戸水や雨がイメージなのだ。

戊から癸の通変性は、正財となり、男性にとっては、妻の意味があり、結婚をイメージさせる時期です。

2014年:甲午の年。
甲は、陽干の木星で樹木がイメージ。
午は、6月を表し、季節は夏です。

戊の山に甲の樹木が植えられ、大きな川・壬子が流れる風景は緑豊かな美しい、癒される風景になりました^^。

戊土の山には、たくさんの人がきれいな風景に癒されたいと、足を運んで賑やかになることでしょう。

甲・乙は精神面を表します。

精神的に落ち着いた環境となり、充実した人生を送る時期に入ったようです。

ご活躍お祈りしています。