四柱推命の空亡のことを、他の占いでは天中殺や大殺界と言われて、悪いことが起こる、とても怖い時期だと信じている人が多いようです。
私は、変化の時期・転換期と考えますが、吉に変わるか凶に変わるかは、その人のそれまでの生き方によるものなので、それまでうまくいかなかったことが吉に運ぶことがあったりするので、にいたずらに怖がるものではないと思っています。
ここでは、空亡の特徴と、考え方や付き合い方を書いてみます。

スポンサーリンク

空亡は、12年のうちに2年間、一年・12か月のうちに2か月だけ、巡ってきます。。

空亡は6種類

空亡は、子丑(ねうし)・寅卯(とらう)・辰巳(たつみ)・午未(うまひつじ)・申酉(さるとり)・戌亥(いぬい)の6種類のタイプがあり、それぞれに特徴があります。

 

子丑空亡

 

子丑(ねうし)空亡の干支

甲寅・建禄
乙卯・建禄
丙辰・冠帯
丁巳・帝旺
戊午・帝旺
己未・冠帯
庚申・建禄
辛酉・建禄
壬戌・冠帯
癸亥・帝旺

冠帯・建禄・帝旺と、エネルギーの強い干支が並んでいます。
初代運と言われるのは、干支ともに同じ五行の組み合わせが多く、根があり、自己主張が強いのが特徴です。

子丑(ねうし)の場所

子は、九星気学の一白水星・坎宮という場所。
丑は、九星気学の八白土星・艮宮の北側半分の場所。

欠けるもの

欠けるものは、父親・先輩・上司など、目上の人。
子丑(ねうし)空亡の人は、親との縁が薄いとか・目上の人からの引き立てが弱い・薄い傾向にあると言われます。

求めるもの

求めるものは、子供・目下・部下。

子丑空亡の人は「初代運」と言われており、自分で運を切り開く意識が強く、比較的若いうちから人生にチャレンジして、生まれた家や故郷を離れる人が多いようです。

独立心や自立心が旺盛で、束縛や命令されることを極端に嫌い、 緻密な思考力があり、自分で問題を解決する能力に長けています。
 

子丑(ねうし)空亡の性格

 
子丑空亡を持つ人は、人当たりが良いので、第一印象は優しく穏やかな性格に見えますが、内面にはとても頑固で強い意思の持ち主、大胆な行動力を持ち、苦労を苦労と思うことなく、困難なことを解決することに全力を注ぐ、最後まであきらめることなく打破しようと頑張る人です。
 
一生懸命になりすぎて、言葉がきつくなることもありますが、心の中は暖かい面倒見の良い人です。

寅卯(とらう)空亡

寅卯(とらう)空亡の場所

寅は、九星気学の八白土星・艮宮・北東の南側半分の場所。
卯は、九星気学の三碧木星・震宮・東の場所。

寅卯(とらう)空亡の干支

甲辰・衰
乙巳・沐浴
丙午・帝旺
丁未・冠帯
戊申・病
己酉・長生
庚戌・衰
辛亥・沐浴
壬子・帝旺
癸丑・冠帯

寅卯空亡の欠けるもの

母親・兄弟・姉妹・友人
(八白土星半分と三碧木星)

寅卯空亡の求めるもの

配偶者・家庭・休憩できる場所

寅卯(とらう)空亡の人は、6種類の空亡の中で精神的に、最も高いエネルギーを持ち、社会の頂点を目指して成功を治めたいとポジティブい努力する人です。

ダイナミックな行動力と負けず嫌いで向う見ずなところがあり、周りの力に頼ることなく自分だけの力で物事を成し遂げようとする非常に強い独立心を持ちながらも、2代目や3代目として家業を継ぐ人も多いようです。

先代から引き継いだ財産を自分の持つ才能を生かして大きくすることが出来ます。
運命に逆らわないで受け止めること、素直に与えられた環境で努力することができれば、経済的に恵まれた人生を送ることができます。

寅卯空亡に欠けるもの

欠けるものは、母親・兄弟・姉妹・友人。

母親との縁が薄い傾向があり、母親とのコミュニケーション不足から言葉が足りない?ので人との会話が苦手、兄弟との縁も薄い傾向があり、人とのコミュニケーションが上手に取れない、下手な傾向があります。

寅卯空亡が求めるもの

寅卯空亡の人が求めるものは、配偶者・家庭・休憩する場所。
この寅卯空亡の人は、母親との縁が弱い傾向から、甘えんぼ、結婚願望が強い傾向があり、姉さん女房や年下でも、しっかりとした包容力のある女性を求め、家庭を大切にする傾向があり、安定した家庭を築くことに努力します。

とってもポジティブで前向きな性格で、恋愛は純情型です。

辰巳(たつみ)空亡

辰巳空亡の干支

甲午・死
乙未・養
丙申・病
丁酉・長生
戊戌・墓
己亥・胎
庚子・死
辛丑・養子
壬寅・病
癸卯・長生

辰巳空亡の場所

辰は、九星気学の四緑木星・巽宮・南東の北側半分の場所。
巳は、九星気学の四緑木星・巽宮・南東の南側半分の場所。

辰巳空亡に欠けるもの

欠けるものは心や精神的な世界。

辰巳空亡が求めるもの

辰巳空亡の人が求めるものは、現実的な性格の傾向から、現世での利益や物理的なもの、目に見えるものや数字で表せるものなど。

辰巳空亡の性格

辰巳空亡の人はゴーイングマイウェイ、周囲の空気や思惑に気を取られることなく行動する人、「破天荒の運」と言われることもあります。

一般的な常識やルールに縛られない自由な発想や、自分の五感に忠実に生きる人、内面は結構したたかなところがあり、自己流を強く出すなど、性格に二面性があります。

 
辰巳空亡の人は、決められた一般的な常識に縛られた生き方は嫌だという、自由奔放な生き方を選びやすい傾向があり、身内からも「はみ出し者」と呼ばれてしまう場合があります。
 
ですが、現実的で闘争心旺盛な性格の傾向が強いのですが、一方では、冷静な判断力を持っていて、社会・ビジネスの世界ではめきめきと頭角を現し、成功することを目指します。
 
また、辰巳空亡の特徴として、やや感情の起伏が激しいところがあげられます。

午未(うまひつじ)空亡

午未空亡の干支

甲申・絶
乙酉・絶
丙戌・墓
丁亥・胎
戊子・胎
己丑・墓
庚寅・絶
辛卯・絶
壬辰・墓
癸巳・胎

午未空亡の場所

午は、九星気学の九紫火星・離宮・南の場所。
未は、九星気学の二黒土星・坤宮・南西南側半分の場所。

午未空亡に欠けるもの

子ども・部下・目下
(九紫火星と二黒土星半分)

午未空亡が求めるもの

父親・先輩・上司・目上の人

午未空亡の人の特徴

午未空亡の人の特徴は、一族の最後を締めくくる役目をするという傾向があり、どちらかというと、子供や後輩、部下など目下との縁や関係が薄い傾向にあります。

午未空亡の性格

午未空亡の人は、洞察力に優れたところがあり、相手が求めていることをいち早く察知して、どんな状況でも、常に冷静かつ沈着に見極めることが出来る人です。

興味があることに、熱中し過ぎるところがあり、度が過ぎてしまうなど、自分が興味あるものに関し深く追求したいタイプですから、豊富な知識や経験を積み重ねてその道のプロと言われるようになります。

人との付き合いはあっさりしていて、あまり深入りすることは好みません。

また、きれいなもの、美しいものが好きで、敏感に反応しますから、文化・芸術・芸能方面で活躍する人も多いようです。

 

申酉(さるとり)空亡

申酉空亡の場所

申は、九星気学の二黒土星・坤宮・南西南側半分の場所。
酉は、九星気学の七赤金星・兌宮・西の場所。

申酉空亡の干支

甲戌
乙亥
丙子
丁丑
戊寅
己卯
庚辰
辛巳
壬午
癸未

申酉空亡の欠けるもの

配偶者
家庭 
休憩する場所

申酉空亡の求めるもの

母親
兄弟
姉妹
友人

申酉空亡の性格

申酉空亡の人は好奇心旺盛で、行動力も抜群ですから、思い立ったら吉日とばかりに前に前に進んで行く本能の人、器用なところがあって、同時に複数のことを処理できる人です。

控え目な雰囲気ながら、ここ一番と言う時には、エネルギッシュで強い意志と行動力が特徴、、2代目運の傾向があり、相続運を持っていま

二代目運とは、初代が立ち上げた会社や事業を受け継ぎぐ人、引き継いでソツなく守りとおして、三代目に渡す中継ぎの役目のことを言います。

初代から受け継いだものをできるだけ減らすことなく、そのままを三代目に渡すのが使命ですが、初代に負けたくない、それ以上の力があると認められたいと、余計なことをすると、失敗することが多いので、注意が必要です。

申酉空亡の人は、家庭よりも仕事を優先させてしまいやすい傾向で、家庭を疎かにしやすいため、家庭運はやや落ち着きにくいので気を付けなければなりません。

戌亥(いぬい)空亡

戌亥空亡の場所

戌は九星気学の六白金星・乾宮・北西南側半分の場所。
亥は九星気学の六白金星・乾宮・北西北側半分の場所。

戌亥空亡の干支

甲子・沐浴
乙丑・衰
丙寅・長生
丁卯・病
戊辰・冠帯
己巳・帝旺
庚午・沐浴
辛未・衰
壬申・長生
癸酉・病

戌亥空亡は巽空亡と似たところがあり、「一族のはみ出し者」と言われるのはいっしょです。
 
でも、「はみ出し者」にも種類があって、辰巳空亡は現実的な考えや生き方の傾向が強く、戌亥空亡は、精神的な面を大事にする傾向が強いというところが違っています。
 
戌亥空亡の人は、日常的には穏やかな性格で控えめな人ですが、ここ一番という大事な時には、周囲に遠慮をしないでじぶんの意思をしっかりと率直に伝えることができる人、強い性格を内に秘めています。

空亡は凶運なの? 

 
空亡が巡るの年回りには、一般的に悪いことが起こると言われて恐れる人がいますが、実践鑑定をしていると、そうとばかりは言い切れません。
 
よく「空亡で結婚したから離婚した」、と話を聞くことがあるかと思いますが、空亡でなくても離婚することはあるし、仕事がうまくいかないこともあります。

 なんでもかんでも、空亡のせいにすることは、よくありません。

空亡の時期の過ごし方

「 空亡」だから、にとらわれすぎないでください。

空亡は確かに、変化の時期です。

現実をしっかり把握して受け止め、冷静に行動して対処すれば、大概の事は無事に乗り切ることができると信じています。

四柱推命は、人が生まれた、年・月・日・時間や、大運や年運の組み合わせで運勢を想像する、学問のひとつです。

人の運の成成功や失敗は、生まれた日が持っていると決まっていません。

小さい時は、両親や生まれた環境が大きく性格に影響します。
また、ご先祖さまの陰徳もあります。

そして、もって生まれた才能をいち早く見つけて伸ばせる環境にいるのか、目的に合わせた努力を無心にできる性格なのか、などいろんなものが積み重なって、運命や運勢となるのだと思っています。

統計学と言われる四柱推命ですが、同じ日に生まれて誕生日は一緒でも、両親が違えばDNAが違うし、親が裕福なのか貧乏なのかで教育環境に大きく左右するでしょうし、人との出会いにも大きく影響して性格が作られていきます。

生まれた、年・月・日・時、これだけで、その人の性格を断定したり、人の人生の吉凶を判断することは、怖いと思っています。

占いが大好きな、泰・璃佳ですが、四柱推命だけで決めつけたくないし、まして空亡だけに振り回される事も嫌です。

自分の今の環境を冷静に見て、困っていることがあるのか?ないのか。
どうなりたいのか?それには何が必要なのか?
動きたいと思っているのに、動けないのはんぜなのか?

これらを、頭の中だけで考えてもグルグル、どうどう巡りだと思いますので、紙に書きましょう。
書いて、整理しましょう。

ぜひ、自分らしく生きるために、そして穏やかな生活や幸せな人生を送っていただくために、占いを上手に使ってくださいね。

空亡の乗り切りかた、教えます^^。