四柱推命占い 日干丙と辛  正財との相性と象意

丙は陽干の火星で太陽がイメージですが、辛は陰干の金星、宝石や貴金属・ゴールド、加工された金属製品です。
ダイヤモンドや宝石・貴金属に、太陽の陽射しが反射して、眩く輝いています。
または、車でドライブ日和。

スポンサーリンク

丙の太陽と辛の宝石の関係は、ショ―ウィンドーに
飾られた宝石が太陽のあたたかい光に照らされて
キラキラと輝いている、風景となります。

丙の太陽は、辛の宝石が美しく輝いているのを
見るのがとてもうれしい、そして、辛も、
丙の期待に応えて美しく輝こうとします。

yjimage9VWGAVD02

お互いの魅力を認め合って更に高め合う、
良い相性となります。

ただし、丙の太陽が冬生まれで身弱の時は
丙辛干合で切っても切れない関係だけに
腐れ縁となって、辛に振り回されるとなり、
仕事や家庭でお金に振り回され、
丙の太陽は、疲れることになります。

丙の太陽がしっかり輝くエネルギーがあれば、
この組み合わせを持つ男性は、妻を大事にするでしょう。

仕事面では、現実的でクール、
お金を中心にものごとを考える傾向があります。