四柱推命で占う時は、日干を自分とします。日干は、十干・甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十種類です。
ここでは、乙日生まれの人・乙日干からみた癸・通変性は偏印との関係や相性と、どんな運になるのかを想像してみました。

スポンサーリンク

乙と癸との関係

癸(みずのと)は井戸水や雨がイメージ。

乙のかわいいお花は、適度な水があってこそ瑞々しく咲き続けることができます。

癸の雨水は、お花にとっては天からの恵みであり、雨水に洗われて、さらにきれいな色鮮やかな緑となって、きれいに咲きます。

特に、春から夏の乙の植物にとっては、無くてはならない関係となります。

乙と癸水の相性。

印星は、両親、母親、知識、アイディア、趣味・資格など・・・。

乙木にとって癸水は、適節な親の愛情と想像され、優しく、愛情豊かな子供として成長することでしょう。

乙と癸の相性は、可憐なお花が癸のお水によって、活き活きと瑞々しいお花として咲き続けることができます。
乙のお花は、癸とのバランスもありますが、安心して甘えることができる相手となり、吉。

乙に癸・偏印が巡った時の運勢

乙木にとって、癸水・雨や井戸水は、適度な水分補給できる関係です。

乙木は必要な、新しい知識を得る、勉強することで、さらに魅力手kな自分に成長することでしょう。

特に、春や夏生まれ(3月~7月)や、大運・年運の時は吉運気となることが想像されます。

新しい知識を身に付けたり、資格を取ることによって、次の比肩運、自分の夢の実現に向かって、一歩近づくことになるでしょう。