四柱推命で占う時は、日干を自分とします。日干は、十干・甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸の十種類です。
ここでは、乙日生まれの人・乙日干からみた辛・通変性は偏官との関係や相性と、どんな運になるのかを想像してみました。

スポンサーリンク

乙と辛との関係

乙のイメージはお花。
きれいに咲いて、人を癒すのが使命。

いかに自分らしく、きれいに・可愛く・美しく咲くか?たくさんの人に、きれいだね・可愛いね!と誉めてもらうかが、課題。

庚も辛も金属ですが、庚が大き斧や枝切りばさみなら、辛は、小さなハサミ、花活け用のはさみやナイフがイメージです。
乙と辛の関係は、一生懸命きれいに咲いている花を、辛のはさみが、切ってしまう関係。

乙日干の命式に、辛金が月干にあると、乙のお花・植物にとって、辛がそばにあると、いつ切られるのだろう?と緊張を強いられる関係となります。

性格は、向上心があって自分を常に磨いて認められたい!と努力します。
文句言われたくない!といつも、人に言われないように細かいことにも気を使う、きれい好きで完璧主義、神経が疲れやすい体質の人が多いと、思います。

乙木からみて辛金の通変性は、偏官、自己抑制・自分の気持ちをおわえる星です。
極端に自分の気持ちを抑える傾向が強くでる性格となりますが、あまりにも自分を抑え過ぎると、精神的に余裕がないかもしれません。

乙と辛との相性

乙木と辛金のハサミ・刃物との相性は、乙のお花は、辛のはさみにはでったいに逆らえないし、勝てません。
乙木が一方的に辛金の顔色を伺う?辛金が常識をわきまえた人かどうかで、吉凶分かれると思います。

辛金は乙木の植物を見ると、きれいにしてあげたい、自分の好みに作り変えたいという気持ちが強く出る傾向があります。

辛金が乙木に、こうしたら?とか、こうして欲しい、こな風になって欲しいと、何かと指図したり、不平不満・文句を言って、乙木を自分の思い通りにしようとしますから、乙木は気が休まらない相性となります。

辛金が常識を持った性格の人の場合は、乙木は辛金によって、魅力的な人になっていくでしょうし、辛金はきれいに、魅力的になっていく乙木に満足することでしょう。

乙日干に辛金が巡った時の運勢

乙日干に辛金の運が巡ったら?
乙から辛の通変性は、偏官。

乙の植物に対して、辛の刃物の運勢ですから、乙木のエネルギーの強弱にもよりますが、いろんな意味で転換期となります。
乙木にとって、辛金の運は一番、気を付けなければいけない運といえるかもしれません。

根元から切られる形の、一からやり直すことになるのか?
女性にとっては、結婚することも考えられますが、今までの経験や価値観は、ほとんど通用しない環境になるかもしれないという、覚悟が必要です。

会社での仕事の移動も、思いがけない場所だったりして、神経を使いそうです。
思いっきりよく、発想の転換をすることで、乗り切っていただきたいと思います。

そのかわり、乗り切ることができれば、まったく想像もできなかった、新しい魅力的な自分に生まれかることに9なるでしょう。

最低でも、余計な枝葉を切り落とす、剪定されることになります。

とにかく、今までの自分では通用しないので、新しい何かを身につけなければいけない時だと、自覚して行動しましょう。

会社が嫌だと、転職を考えることもあるでしょうが、転職しても、今までの自分では通用しない運勢なのですから、新しい会社に自分を合わせる努力をしないと、また、転職することになります。

なにしろ、生まれ変われ!って、強烈に言われているのです。

多少の痛みを感じなければいけな運勢が、辛金の偏官運だと思います。

参考にですが、体力的には、筋肉をつけること、できるだけ太陽にあたるなどして、気がめいることが多いでしょうが、気分転換することをおススメします。