甲木の性質と他の十干との関係や、事象をまとめてみました。

スポンサーリンク

四柱推命『滴天髄』の十干甲

「甲木参天 脱胎要火 春不容金 秋不容土 火熾乗龍 水蕩騎虎 地潤天和 植立千古」

甲木参天 脱胎要火

甲木は天に向かって高く大樹になりたいと成長することを目指します。
成長するためには丙火の太陽を必要とします。

春不容金 秋不容土

春生まれの樹木は庚辛金に剋されることを嫌います。
秋の樹木は庚金を強める戊己土を嫌います。

火熾乗龍

火が強い夏月生まれの樹木は、辰(龍)や丑の湿りけの強い土が、火のエネルギーを抑え、甲木が乾燥することを助けます。

水蕩騎虎

水が旺じる冬月は、申子辰三合水局するなどの旺水になっても、甲木は寅(虎)木に通根があれば、旺水を納水する働きをしてバランスをとり、難を逃れます。

地潤天和  植立千古

地支が湿潤の土となり、天干に丙火があって水火のバランスが良い時、千年の大樹と成長することができます。

甲木と十干の相互関係

甲-甲・比肩

甲木は、身弱の時には支えとなって、日干を強めるので吉ですが、天干の甲は他動的作用で、一時的な援助や外的要因の働き、一過性のもの。
身旺の時は日干が強くなりすぎて、凶作用となります。

天干に甲・甲と並ぶよりも、地支に寅卯があって通根する方が強い命式となります。

甲木が寅卯に通根することは、自分自身が強いエネルギーを持つことになり、独立心が強く継続的な努力を怠らない性格や運勢となりますが、強すぎる時は、自分勝手となり、孤立します。

甲木は夏月の丙火のエネルギーが強く、水があっても乾燥しやすく弱い季節は、たとえ身弱の甲木だとしても少ない水を奪い合うことになり、悪神となります。

甲-乙・劫財

乙は陰干の植物・柔らかい茎の草花やツル系植物でsじゅから、日干の甲木の大樹支える、助けることはできません。

かえって、乙木はツルとなって、甲木に絡み付いて助けを求めてくる、厄介なツル草となり迷惑を被ることや、面倒をみてあげる関係。

兄弟や友人・親族の厄介ごとに巻き込まれたり、運勢によっては神経が休まらずイローゼに発展する傾向が出やすい時期にもなります。

甲-丙(食神)

甲木が成長するために欠かせない暖かい太陽の陽射しです。
特に秋や冬の甲木が葉を落としエネルギーが弱くなる季節や寒くて成長が衰える季節生まれの人にとっては、無くてはならない大切な関係となります。

丙の太陽エネルギーが適切な時は、積極的で明るく社交的、人当たりの良い性格で、夢や希望・目的に向かって行動するようになります。

でも、夏月の旺火の強い季節は、熱い陽射しを恐れ、火星が多くあれば凶作用となり、乾燥した甲木はちょっと触っただけでもポキッと折れちゃうなど、ヒステリー気味となり感情の起伏が激しくなったり、燥鬱傾向がでます。

甲-丁(食傷)

丁火は、燃える火ですから、丙の太陽のように大きな空間を温めたり、照らすことはできません。
でも秋・冬には暖かいエネルギーを補充する調候用神として吉に働きます。

また、庚辛金が多く、甲木を剋す時は金星を抑制・火剋金として働き、木星を守りますが、夏月には丙火と同じように凶作用に働く傾向があります。

甲-戊(偏財)

甲にとって高い山や固い岩盤を表す戊土は、水があって湿潤の土地で良い土壌であれば、戊土を剋して根を張り、高い山の上で遠くからでも眺められ、尊敬される存在になります。

水が不足する痩せた土壌では、力量以上に高すぎる目標を掲げ、お金や女性や物を求めることに拘りが強く、執着しやすい傾向がでます。

戊土は水の流れを塞ぐ、大きく止めてしまう作用あり、甲木が成長するために必要な水星を枯らし、庚金以上に日干を苦しめる悪神(乾殺)として作用する場合があります。

夏月の火旺の季節の水が蒸発しやすい時には凶作用、秋月の庚金が旺じる季節もさらに金を強めてしまうため凶として働きます。

甲-己(正財)

己土は柔らかい田畑の土を表しますから、甲木が剋すことは易しく根を下ろしやすい土となります。
日干・甲とは甲己干合の関係となり、お互いの力量バランスに注意が必要です。

夏月の火旺の季節で水星が蒸発しやすい時には凶作用となり、甲己干合は化土して忌神に化します。

秋月の庚金が旺じる時も、土生金とさらに金を強めることになり、凶作用に働きます。

甲-庚(偏官)

甲木にとって庚金は金属・斧や大きなハサミなど、樹木は切り刻まれるという関係ですから、最も甲木にとって恐い星です。

庚金は、夏月の甲木の成長が著しい季節、枝葉(甲乙)が茂りすぎて伸び放題で暑苦しく見苦しい風景は、我がまま放題・自己顕示欲が過ぎる時は、余計な枝葉は切り落として自制心・自己抑制に目覚める喜神として必要とされる時もあります。

甲-辛(正官)

甲木にとって、辛金は剪定バサミなどの弱い金属です。
夏月は茂りすぎた枝葉を切り落として剪定する必要があり、吉として働きますが、甲木が強すぎる場合は逆に刃こぼれを起こしてしまうこともあります。

秋・冬月は、小さな剪定ばさみも凶作用となりやすいので、必要ありません。

甲-壬(偏印)

壬水の川や大きな湖は甲木が、夏月の火旺の季節を生きのびるためには、用神となります。

秋・冬月の金が旺じる季節や、冷たい水が旺じる季節には凶作用となる傾向があります。

甲木が冬月生まれで、亥・子の水星が多く天干に壬水が巡った時は、水の氾濫がおきて甲木は、流木や浮木となる心配があります。

浮木や流木となることは、環境が大きく変化する、安定した仕事や家庭が押し流される、落ち着かない環境となる凶作用が想像されます。

女性にとっては、婦人科系の病気やノイローゼになるなど、精神面に影響がでやすいです。

甲-癸(印綬)

癸水は、優しい穏やかな雨水や井戸水・泉を表します。

植物が育つためには大切な働きをします。
水が適切な働きをしている時は、愛情たっぷり育てられ、瑞々しい枝葉は魅力的な外見を保ち、思慮深く自信を持って行動する人人となります。

水が旺じ過ぎて、氾濫するような状態になると木は、根が腐ることになり精神不安定となる。
前向きに考えることができず、悲観的な考えしかできなくなり、鬱病を引き起こす原因となります。

秋月の庚辛金が旺じる季節で、金剋木と切り刻まれ作用では、金生水、水生木と官殺から剋されることを和らげる用神となります。

まとめ

十干同士の相互関係は、日干の強弱や命式がどんな季節を生きるかによって、十干の働きや吉凶作用は、何度でも変化します。

日干が強いか弱いか、春夏秋冬のどの季節に生まれたか?命式の五行バランスによって、吉凶は変化します。

十干五行の吉凶関係は、一度決めたら変わらないのではなく、大運や年運によっても吉に働いていた十干が凶に変わることはあるのです。

甲は陽性の木星で、天を目指して真っすぐ伸びて枝葉を広げて成長することを理想とします。

身旺の場合は向上心が強く、人の上に立ちたいという負けず嫌いな性格になります。

太陽(丙)と雨水(癸)のバランスがよければ大樹に成長します。

夏の季節など、甲木の成長が著しい時は、枝葉が茂りすぎて見苦しい姿になりますから、庚金の斧やハサミで枝葉を整える作業が必要です。
でも、秋・冬には、木を切り刻む庚金や金を強める戊己土を嫌います。

四柱推命は奥が深いと言われるのは、この吉凶判断を正しくできるかが難しいところだと思います。