山口達也さんが、強制わいせつ罪で書類送検されたというニュースにビックリしている、泰 璃佳です。

女子高生との示談は成立したものの、無期限謹慎とジャニーズ事務所はから発表されました。山口達也さんの無期限謹慎が解けるときはくるのか?それとも引退?TOKIOとしての活動はこれからどうなって行くのか?

きょうは、嵐山占い処・泰 璃佳が、事件の渦中にある山口達也さん(1972年1月10日生まれ)を四柱推命の観点から性格などを分析しつつ、これからどんな運命をたどる事になるのか、想像してみました。

スポンサーリンク

山口達也972年1月10日の命式

年 亥壬 劫財・食神 病
月 丑癸 劫財・傷官 墓
日 子癸   ・傷官 死

空亡 辰巳
九星 九紫火星

山口達也972年1月10日の風景

山口達也さんは、庚子(かのえね)の日生まれ。庚は陽の金星で、剛鉄・山から掘り出されたばかりの鉄がイメージです。
鉄・金属は、丁火・燃える火で溶かされて新しい金属製品に生まれ変わる・鍛錬されて高性能の金属製品として世の中に認めてもらうのが使命となります。

ただし、山口達也さんの月干と年干には、辛・辛の繊細な金属がありますから、外装はがっちりして逞しくみせながら、インパネは緻密で安定感があると人気が高いドイツ車のイメージだったり、船などの乗り物を想像します。

そして、年・月・日の地支は、亥・子・丑の北の方合水局があります。

これは、水のエネルギーが大変強いことを表し、大きな湖や、海・川が想像され、また、金水傷官と言われる命式になります。

これらから想像される風景は、船が冬の寒い季節の海や大きな川、湖に浮かぶ風景だったり、車で大雪の中や暴風雨の中を走っている風景です。

それに、庚・辛・辛と、金星3個ありますが、支に金星がなく、根がありませんので、そんなに大きな船や車ではないので、性格は神経質で常に不安を抱えている心配性の傾向。

申(さる)・酉(とり)の金星運が巡った時に、少しずつ大きな船に造りあげていくことを理想とします。

山口達也972年1月10日の性格

海を航海する船
1月は寒い冬の季節は、海の航海は危険が大いに伴いますから、暖かい太陽が一番欲しい、大きな包容力と暖かい愛情を求める、寂しがり屋さん。

山口達也さんは、食傷の自己アピールの星が一番強いので、目立つことが大好き、自分が一番を目指して頑張る人です。

幼児期の両親の生活環境によっては、社交性に乏しく表面的には明るく見えても、内面は打ち解けにくい傾向があります。

骨身を削って努力を惜しまない、真面目な性格の一方で、内面は、心配性で神経質な傾向があります。

金・水の冷たい星ばかりですから、合理的で冷静な判断力を持って信用を大事に生きる人ですが、利己主義的な性格が強くでると、目的のためには手段を選ばないなど情がない人と、周囲から見放されることになります。

庚子の男性の性格

穏やかで真面目な雰囲気を感じさせますが、社交性に乏しくやや明るさに欠けるようです。

見た目は穏やかで如才なく振舞っていますが、内面はプライドが高く、負けず嫌い、理屈っぽい性格を秘めています。

男性にしては、細かいところに良く気がつき、コツコツと地道に努力するタイプですが、社交辞令や融通性に乏しいところがあって、せっかくのチャンスもうまく使い切れないところがあります。

でも、対人関係においては、他人を傷つけたり中傷するようなことにならないようにと、充分に気を配って、敵をつくらないように心がける人です。

社会の中堅や専門技術を身につけて真面目にコツコツと仕事に打ち込む人です。

自分に与えられた環境や仕事に誇りを持って、人一倍強い責任感で物事に取り組んでやり遂げるまで頑張りますから、上役から、厚い信頼を受けて成功していきます。

しかし、自信過剰ぎみの性格がでることもあり、自分の主張を曲げず、周囲とのバランスを崩したり浮き上がってしまうこともあります。

社交性が弱く、気が合う人には良い評価をもらいますが、人間関係に柔軟に対応できないため、対人関係が偏る傾向があります。

従って人の上に立つだけの技量は弱く、どちらかといえば、尊敬できる人のもとで縁の下の力持ち的な存在に徹するほうが、人生は安定したものになりそうです。

山口達也972年1月10日の金運と結婚運

金運は、大きな望みは無理がありますが無理をしなければ、努力しただけ報われます。

丙や丁の温かい星が無い時は、自己抑制が効かず、自己主張が強く出て我儘な性格がでます。

また、甲木を見るとき、庚金は、刃物となって、甲木を切る行動に出やすく、人脈・お金・女性との縁を切ってしまいやすいので、注意です。

山口達也972年1月10日の大運

01 11 21 31 41 51 61
辛  庚  己  戊  丁  丙  
丑  子  亥  戌  酉  申  未

大運は、21歳まで冬己亥の冬運ですから、己は印星で、知性と教養を身につける、経験を積む時期でした。

22歳から、戊戌の10月・秋運

戊戌は、陽の土星で山がイメージですが、島とも想像でき、山口達也さんの庚・辛・辛の船は、どこかの島の港に上陸しました。

そして、水陸両用の乗り物に造り変えた?変化する?なんてね^^。

32歳~41歳の運。

庚金は丁火が巡る時が一番変化しなければいけない、丁火で溶かされて鍛錬され、苦労もありますが高級な乗り物に生まれ変わることができ、評価されるチャンス運です。

山口達也さんは、TOKIOのメンバーとともに、大きな飛躍の時期となりました。

42歳~51歳の

本来なら、太陽が輝いて、お天気が良く、ドライブには快適な季節で、ここも申金が庚金の根となり、大きな乗り物として存在感を示すことができる時期です。

丙と辛は干合の関係となり、丙の太陽のエネルギーは弱くなり、辛の細やかな周囲への心を配る性格も半減します。

丙辛干合は水の干合です。
亥・子・丑の水局がある、山口達也さんの庚金の乗り物は、強烈な水によって嵐の中をさまようように走る風景、先がみえませんから、安全な場所で待機がベストです。

今までの生き方が問われる運、人脈を大切にしてきたかが、仕事に大きく影響します。

山口達也972年1月10日の2018年の運勢

2018年は戊戌(つちのえいぬ)という、高い山やトンネルがイメージの年です。

山口達也さんの庚金を車などの乗り物と想像した時、高い山や建物の中、ガレージに留め置き・休憩する?

または、トンネルに入って、先が見えないと不安な運か?

または、去年2017年は丁酉で、丁火で庚金はメンテナンスして高性能となった可能性があり、その試験運転に高い山に登って、性能を確かめ、不備が見つかったら修理、修繕する。

 

女子高生とのトラブル、2月は甲寅(きのえとら)月。

山口達也さんの庚金から甲木は偏財という、お金と女性と人脈を表しますが、庚金は、甲木を見ると、自分の思い通りにしたい、という気持ちが強くなって、刃物となり切りたくなるのです。

 

実際に切ってしまいました。

 

そして、2018年4月は丙辰月です。

申・子・辰の三合水局となり、2018年戊戌は高い山、急激な水の流れに、戊戌の山土は押し流されて土砂崩れを起こしてしまい、庚金は土砂の中に埋もれてしまった?みたい

空亡・辰巳ともなっています。

庚から水星は食傷の自己主張・自己アピールの星ですが、行き過ぎると我がまま、暴挙となります。
庚から戊は、印星・知性や教養・理性です。

理性がどこかへ行ってしまった!

九星気学では山口達也さんは、九紫火星。
2018年の九紫火星は、中宮に在箔し、過去8年間の総決算の年、良くも悪くも結果が示されます。
2019年から5年間は衰運となり、忍耐努力が必要となります。

山口達也972年1月10日の2019以降の運

2019年:己亥(47歳)

亥は11月を表し、水星ですから、まだ寒い季節が続き、氷雨や雪の季節は続きそうです。

己は、庚から印星・知性・教養・才能だったり、上司や後援者となります。

でも寒く冷たいお天気ですから、己土は凍っています。
春が来て雪解けを待つしかないでしょう。

2020年:庚子(48歳)

庚子は、山口達也さんが生まれた日と同じ干支・比肩(ひけん)。

比肩は、自立・独立の意味があり、新しい自分に挑戦するなど、旅立ちの年ですから、これから10年の目標を決めて動き出す年となります。
でも、子は、12月を表す水星の強いエネルギーですし、12月は寒いです。

また、比肩は、兄弟や友人・仲間という意味もありますが、庚金・金属は子水・12月の冷たい水に浮かぶのか?沈むのか?

どちらにしても、非常に冷たい空気が想像されますから、まだTOKIOのメンバーに許してもらえる状況ではないみたいです。

でも、新しい自分に挑戦すると決めなければいけないのですが、厳しい旅立ちの年が想像されます。

TOKIOのメンバーとしてではなく、一人で何かを始めるのかも・・・・。

芸能界に残るか・引退して違う環境で生きるのかを選ぶのでしょうか?

2021年:辛丑(49歳)

丑は1月を表し、まだ冷たい雪に覆われた大地がイメージです。
でも、亥・子の水星は徐々に弱くなって、大地が見えてくる、春がそこまでやってきているような気配を感じられるかもしれません。

2022年:壬寅(50歳)
寅は2月を表し、樹木の芽が出ようと、待っています。
ただし、壬は川や海を表す水星、湖映補海と言われる風光明媚な風景となるのか、まだまだ水の影響が解けにくいのか?

寅木は精神面の意味もあるのですが、上手にコントロールできるようになっているかなあ?

4・2023年:癸卯(51歳)

癸水は雨や井戸水がイメージ。
卯は3月を表し、植物の根となります。

だんだんに春めいてきました。
かれこれ4年目。

物事は、1・4・7・10・12のサイクルで見え隠れすると、教えられました。

何か、新しい動きがあるかもしれません。

大運が52歳から乙未運

乙は陰の木星で、花やツル系の植物がイメージです。
未は、7月を表し、夏の土がイメージ・乾燥した土です。

水気のエネルギーが強い、山口達也さんにとって、夏の季節は吉運になると想像します。

2024年:甲辰(52歳)

甲木は陽の木・樹木がイメージです。
辰は4月を表し、少し小高い大地・丘がイメージです。

いよいよ季節は春、桜が咲いて、新緑の若草色に染まる風景が想像されます。

ここまで頑張って、たどり着くことができますように。

まとめ

山口達也さんの今回の事件、ほんとうにビックリ、またショックでした。

四柱推命で占ってみましたが、42歳から51歳までの丙申の大運の読み方が難しい運気でした。

本来、丙の太陽の陽射しを浴びて、快適なドライブのはずでしたが、あまりの気持ちの良さに居眠り運転になったのか?夕立ちだと思った雨が、天気予報の確認していなくて、思いがけなく台風にまで発展してしまったのか?

どちらにしても、国民的と言われる人気を得た山口達也さんの自覚の足りなさ、メンタルの弱さが起こしたこと。

その責任として、50~51歳ころまでの5・6年間は、試練が続くようです。
無期限謹慎が解けるのは、7年目かな?
精神面を鍛えて、自分の持つ才能を生かして、人生に再度挑戦していただきたいと願っています。