ビート武を四柱推命占い!1947年1月18日生まれの性格と運勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビートたけしさんが、オフィス北野から独立とのこと、947年1月18日生まれの性格と運勢

ビートたけし947年1月18日の命式

年 戌戊・劫財・傷官 養
月 丑己・偏財・食神 墓
日 酉辛・  ・偏財 長生

空亡 辰巳
九星 九紫火星

ビートたけし947年1月18日の風景

(ひのととり)の日生まれ。

丁火で酉金を加工する風景、自動車工場などを想像します。
辛酉金は、陰の繊細な金属だったり、もう出来上がって製品になっている車です。

丑・土の広い大地をドライブします。

丙の太陽が輝いて、いいお天気です。

ビートたけし1947年1月18日の性格

辛・酉金は「財星」そして丑・戌は「食神・傷官」食傷と財星でつくられるたけしさんは、食傷の表現力を磨いて、人の中で生きる人。

火剋金とじっとしているのが苦手な才能豊かな努力家。

辛丙干合は水の干合ですが、この干業は丁壬干合とともに、男女関係が華やかな傾向と言われます。

辛・酉金は、財星ですし、丑・戌も食神で財星を強めることから、家よりも、居心地の良い場所を求める傾向が強くあります。

仕事ができる男性には、女性がだまっていてもあつまりますし、もてるんでしょうね。

明治大学工学部(後の理工学部)機械工学科に現役合格だそうで、理数系・火剋金?

教育熱心だった母親は、日本が高度経済成長期であったことを踏まえ「算数を勉強しておけば将来働き口に困らないだろう」という考えから、たけしが子供の頃から算数などの理数系に力を入れて勉強するきっかけとなり、 理系学部出身であり、「もし道を間違えなかったら、数学の研究者になりたかったみたい。

ビートたけし947年1月18日の大運

大運は
7歳~36歳まで春の運。
37歳~66歳まで夏の運。
67歳~秋の収穫の運。

冬の運が来るのが96歳以降ということで、運が強い誕生日です。

ただ、丁火に根がないので、17歳からの癸卯の春先の水の雨の運が微妙運。

06:丑・偏財 墓
16:・正官 死
26:・偏官 病
36:辰・印綬 衰
46:・偏印 帝旺 巳酉丑三合金局
56:丙午・劫財 建禄 午戌 火局半会
66:丁未・比肩 冠帯
76:戊・傷官 沐浴

1歳~6歳

7歳~16歳

母親の考えで、算数・理数系の勉強をする。
お兄さんたちも理数系の大学を卒業し、

17歳~26歳・

癸は雨・卯は三月を表し、単純に、雨が降る三月、初春の季節の風景。

乙木は卯に根がありますが、卯酉の冲で抜根の作用、
癸の雨で薪は濡れて使えないし、丁火も雨がふると、水剋火で消えてしまいそうで、不安。

1965年():18歳 巳酉丑三合金局
乙木の植物は、巳酉丑の三合金局で。金剋木で、精神面に作用しやすい。

癸は雨は三月を表し、単純に、雨が降る三月、初秋の季節の風景。
三月は春とはいえ、まだ肌寒い季節、丁火は巳・午の根がなく、甲・乙の薪もないので。火は元気がありません。

1965年(昭和40年)に高校を卒業し、母親の薦めで、明治大学工学部(後の理工学部)機械工学科に現役合格し入学するも、大学での生活には適応できず、五月病を患い、大学2年の時には、家出同然に一人暮らし、新宿のジャズ喫茶「ビザール」でボーイをするなど、青春の葛藤期を過ごし、友人の下宿に居候しアルバイト三昧の青春時代、いろんな仕事を経験した時期。

 

大学は140単位のうち106単位まで取得していたにもかかわらず、結局通学せずに除籍。

 

1972年(25歳):壬子・正官
九紫火星:巽
丁壬干合
夏、浅草のストリップ劇場・浅草フランス座で、芸人見習い志願としてエレベーターボーイを始める。

27歳~36歳・甲辰
甲は樹木、辰は陽の土で4月。

いよいよ、樹木の薪が丁火にくべられて、丁火は強く燃え上がります。

1979年(32歳)・己未・食神
九紫火星:坤
丑・戌・大運・辰、年運・未で、四墓と年。

女流漫才師「ミキ&ミチ」の内海ミキと結婚。亀有のアパートで生活を始める。

1980年(30歳)・庚申・正財

庚申金の材料が用意され、辛酉金・申酉戌の法号もあり、丁火は金属の商品をどんどん作成しました。

「マンザイブーム」(旧来の“漫才”と区別される為にカタカナ表記)が起こり、ツービートは毒舌漫才と毒舌ネタを売り物に、B&Bやザ・ぼんち等と共に一躍知名度が一気に広がりました。

1982年(35歳):壬戌・正官10月、漫才ブームの終焉。
九紫火星:中宮

漫才ブームを生き残ったたけしは、スタイルを大きく転換、毒舌家というパブリックイメージはそのままに、パーソナリティを軸とした芸風に移行していき、

1981年(34歳)元旦からニッポン放送・NRN系のラジオ番組『ビートたけしのオールナイトニッポン』、
同年5月からフジテレビ系の『オレたちひょうきん族

1982年(35歳)から1984年(37歳)にかけて、集団で行うバラエティを模索。
日本テレビ『スーパージョッキー』、TBS『笑ってポン!』が始まり、また博識が評価されて、毎日放送『世界まるごとHOWマッチ』等で文化人的な出演要請も増える。

37歳~46歳:・偏印

 

1988年(41歳):戊辰・食神

九紫火星:坤宮

オフィス北野を設立

大運が、身弱運から、巳旺運に変わる。
巳酉丑の三合金局。

 

大量の金の材料を火剋金でいくらでも新製品を造ることができます。

 

1985年(38歳):丑・偏印
九星・艮
当時のレギュラー番組のうち日本テレビ、テレビ朝日、TBS、フジテレビの20時台番組ですべて最高視聴率をマーク。
なお、『たけし城』『元気』『スポーツ大将』は、全て実質ビートたけし本人の企画・構成によるもの。

この頃より、タモリ・明石家さんまと共に、「日本のお笑いタレントBIG3」と称される。

1986年(39歳):・劫財・12月、
丙の太陽運、寅木が乙の根となり、木火のエネルギーが強くなります。
九紫火星:離

たけし軍団の軍団員とともに講談社のフライデー編集部を襲撃、住居侵入・器物損壊・暴行の容疑で、大塚警察署に現行犯逮捕される。
詳細は「フライデー襲撃事件」を参照

大運:47歳~56歳:丙午・劫財

1994年(47歳)甲戌 8月午戌火極
九紫火星:艮

バイクによる自損事故を起こす。

1999年(52歳):己卯・食神
卯酉冲
九紫火星:巽

映画『菊次郎の夏』で、第52回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式参加。

大運:57歳~66歳:未・比肩

2005年(平成17年)4月、フランスの『カイエ・デュ・シネマ』創刊600号記念号の特別編集長を務める

大運:67歳~76歳・戊

2018年(71歳)3月・戊戌・傷官
九紫火星:中宮

戊・高い山、戌は秋10月、戊いぬは高い山や建物がイメージ。
丁火と戊の関係は、大きな建物や暖炉などを想像します。

オフィス北野から独立
戊戌、新しい建物の中で燃える火となる?

 

1988年:戊辰に、オフィス北野を設立しています。

頸椎負傷

頻繁に首をひねる動作をしていましたが、チック症状かと思っていましたが、1990年代以降はあまり見せなくなった。
それは、癖ではなく、ツービート時代に「トランポリンで飛び跳ねながら漫才をやってくれ」と頼まれ、稽古中に頭から落下してしまい頸椎を負傷、以後しばらくの年月に渡り首に違和感があったためと『週刊ポスト』の連載コラムで述べているそうです。

大運・乙酉、巳酉丑三合金局の時期に頸椎を負傷したものが、丙午の大運になって治ったのでしょうか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*