辻一弘さん、アメリカ・アカデミー賞メークアップ・アンド・ヘアスタイリング部門で受賞!10代から独学で特殊メイクを学び、大ヒットSF「メン・イン・ブラック」(1997)をきっかけに世界最高峰の舞台で活躍されてきた辻一弘さんを四柱推命占い1969年5月25日生まれの性格と運勢の履歴をたどってみました。

スポンサーリンク

辻一弘1969年5月25日の命式

年 己酉辛 印綬・劫財 帝旺
月 己巳丙 印綬・偏官 長生
日 庚子癸 傷官・死

空亡 辰巳 
九星 四緑木星・五黄土星 巽

辻一弘1969年5月25日の風景

辻一弘さんは、庚子(かのえね)の日生まれ。
庚は剛金がイメージ・巳火は太陽であり、丁火の金属を鍛錬するツールでもあります。

庚金は酉金に根があり、そこそこの量の金属材料であったり、金属商品・自動車や船などの乗り物をイメージします。

巳は5月を表します。
己・己は大地。

5月・初夏の

辻一弘1969年5月25日の大運

06 16 26 36 46 56
己  戊  丁  丙  乙  甲
巳  辰  卯  辰  丑  子

京都で生まれ育ち本心を顔に出さないと言われる土地柄や、両親が幼い頃に離婚してしまったことで、人の顔色を伺うことが癖になり、表情を読む観察眼が養われたという辻一弘。徹底的に「顔」にこだわって制作した芸術作品は、とてもシリコン製の像とは思えないリアルさです。

庚子・死の性格

海底の中に沈んでいる玉
結婚運はあまりよくない傾向、暖かい愛情が欲しいです。

辻一弘さんは、日支蔵干に癸の傷官を持ち、器用にこなす多才な能力を生まれ持って比肩や劫財がある命式では、家庭内にトラブルが生じやすく、
骨身を削って努力を惜しまない、真面目な勤勉家ですが、内面は、心配性で神経質な性格をもちます。

冷静で合理的な生き方は、利己主義的な性格が強くでると、目的のためには手段を選ばない、などの非人情な行いとなり周囲から見放されることになります。

庚子(かのえね)の日生まれ  男性の性格

温厚な雰囲気を感じさせ、真面目な性格ですが、社交性に乏しく、やや明るさに欠けるようです。

見た目は穏やかで如才なく振舞いますが、内面はプライドが高く、負けず嫌い、理屈っぽい性格を秘めています。

男性にしては、細かいところに良く気がつき、コツコツと地道に努力するタイプですが、社交辞令や融通性に乏しいところがあって、せっかくのチャンスもうまく使い切れないときがあります。

でも、対人関係においては、他人を傷つけたり中傷するようなことにならないようにと、充分に気を配って、敵をつくらないように心がける人です。

庚子(かのえね)の日生まれの男性の運勢

社会の中堅や専門技術を身につけて真面目にコツコツと仕事に打ち込み、自分に与えられた環境や仕事に誇りを持って、人一倍強い責任感で
物事に打ち込みやり遂げますから、上役から、厚い信頼を受けて成功していきます。

しかし、自信過剰ぎみの性格がでることもあり、自分の主張を曲げず、周囲とのバランスを崩したり浮き上がってしまうこともあります。

社交性が弱く、気が合う人には良い評価をもらいますが、人間関係に柔軟に対応できないため、対人関係が偏る傾向があります。

従って人の上に立つだけの技量は弱く、苦労します。
どちらかといえば、No.2として縁の下の力持ち的な存在に徹するほうが、人生は安定したものになりそうです。

金銭的にも大きな望みは無理がありますが
無理をしなければ、努力しただけ、金運はあります。