四柱推命の見方・丙の太陽の人からみた他の十干との関係と相性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四柱推命の見方・丙の太陽の人からみた時の他の十干との関係と相性です。
十干とは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸のことです。 

スポンサーリンク

丙と甲の樹木・偏印の人との関係と相性

大らかですが、大ざっぱな性格を持つ丙・太陽のあなたと、まじめでまっすぐな性格の甲・樹木さんとは、お互いに気持ちが通じ合う関係です。

特に、8月・9月・11月・12月・1月生まれの樹木の人は、寒い季節なので暖かい陽射しのあなたといるとリラックスでき、元気がでるので、一緒にいたいと頼りにされます。

51_61813055

甲の樹木は、天空に輝くあなたに向かって、まっすぐに高く成長したいと頑張るでしょうし、丙のあなたは穏やかに見守る関係です。

丙と乙・草花・印綬の人との関係と相性

暖かい陽射しの太陽のあなたと、か弱くて可愛い雰囲気の乙のお花さんとの関係は、放っておけなくてつい手を差し伸べてしまう、相手をかばってやりたいと気遣う関係です。

乙の草花は、太陽エネルギーしだいで、きれいな花を咲かせたり、しおれて枯れそうにもなる、主導権を握るのは太陽のあなたですから、自分のペースを崩すことなく、マイペースで過ごせる自然体でいられる相手です。

熱すぎると乙さんは、しおれて辛くなりますから、乙のお花さんとの、距離のとり方を上手にできるかが、課題です。

丙・太陽・比肩の人との関係と相性

大らかで大ざっぱ、あっさりした性格の似たもの同士、価値観があいますから友人としては、最高です。
それに、華やかで賑やかなことが好きでおしゃれな人たちですから、楽しく過ごすことができるでしょう。

ただし、太陽が二つ並ぶことは自然界では考えられない風景ですから、ライバル意識が強く働く関係になります。

適度な距離を取れるかが課題。

丙と丁の焚き火・劫財の人との関係と相性

大らかで大ざっぱ、細かいことは苦手な太陽のあなたにとって、少しの空気の動きにも揺れる繊細で傷つきやすい丁火さんは、不思議な雰囲気や怪しい魅力があって守ってあげたいと思わせる関係です。

でも、朝陽が昇って明るく暖かいエネルギーの太陽は表裏なしの直球ボール、夜の闇に煌々と輝く月やネオンサインでもある丁火は、変化球と考えると、相手の心が読めなくて、理解に苦しみ疲れてしまう関係のようです。

丁火さんが心を開いてくれるまで、気長に待つしかないでしょう。
ad#co-2

丙と戊の山土・食神の人との関係と相性

丙の太陽のあなたが暖かい陽射しで山土を温める、戊土の人をサポートする、面倒をみてあげるという関係です。

山土の人は結構野心家で強気ですが、気分屋さんのところがあり、朝日が昇る前の山や、夕日が沈む時の山だったりすると、太陽が山に隠れてしまい、あなたの良さを発揮出来にくい時もあり、うっとしいと思うかもしれません。

気まぐれな戊土さんのバイオリズムがわかれば、あっさり大雑把な性格は似たものがありますから、富士山と初日の出の風景・相性は悪くありません。

丙と己の大地・傷官の人との関係と相性

おおざっぱで開けっぴろげで子供がそのまま大きくなったような丙・太陽のあなたと、地味で素朴、スマートさやオシャレな感じはないけれど、まじめで辛抱強い己の大地の人とは自然体で付き合えそうです。

太陽に温められた大地は肥えた土となって、万物を育て緑に包まれた風景を創りあげます。

大地の人はおかあさんのように包容力がありますから、あなたをやさしく受け止めてくれる、安心できる関係ですし、己の大地も丙の太陽を頼もしく頼りにしています。

丙と庚の鉄・偏財の人との関係と相性

丙の太陽はおおらかでのんびりタイプ、庚の鉄はせっかちで強気ですから、庚の鉄の人とは、テンポの違いや価値観の違いに戸惑うかもしれません。

丙の太陽は冷たい感触を受ける庚の鉄を温めることはできても、丁火のように庚金を溶かして、新しい製品に作り変えること、変化させるなどできませんから庚の鉄に影響を与えることはできず、どうこうできる関係ではなく見守ることしかできません。

相手が理解できないときは、距離をおきましょう。

丙と辛の宝石・貴金属・正財の人との関係と相性

大らかでマイペース、明るい陽射しの太陽のあなたは、繊細で神経質・プライドの高いところがある辛の宝石の人を、より輝かせてみせて上げる関係。

宝石の人のプライドを傷つけることなく、良いところをひきだしてあげることができるか?

ただし、丙の太陽さん、丙と辛は干合という関係で、出会ったとたんにひとめぼれ、周囲が見えなくなるみたい、辛の宝石が本物かニセモノか、見極める術を持つこと必要かもね?

丙と壬の川や海・偏官の人との関係と相性

丙の太陽は天を駆け巡り、壬の川は広い大地を這い回るように流れるので、お互いにじっとしていることができないマイペース型。

丙も壬も、大ざっぱで細かいことは気にしないタイプですから、束縛することなく、浅く広くのお付き合いになりそうです。

でも、共通の話題などになると、興味の対象にズレがでてしまうなど、価値観や方向性に大きな違いがでて、お互いに譲れないものがあるかもしれません。
でも、輔映湖会という、川や海の水面に太陽の陽射しが反射してきれいな風景を想像させる関係です。

お互いを理解する気持ちを忘れなければ、熱い太陽は水が必要だし、冷たい水は太陽の温かさがうれしいはず。

どちらが主導権をにぎるの?って考えるとしんどいけれど、力を合わせることができれば、これ以上無い良い相性だと思うよ。

丙と癸の雨・正官の人との関係と相性

癸水の雨の人は優しく包容力があり、芯の強い頼りになる誠実な人ですが、少し合理的で現実的、理屈っぽい傾向があります。

大ざっぱで情熱という行動力が売り物の丙の太陽のあなたにとって、理性的、合理的な頭脳系の癸の雨さんは、少しは苦手かもしれません。

雨のお天気は、雨雲がそら一面覆いつくして、丙の太陽のあなたの輝きを隠してしまう関係ですから、束縛がきつすぎると逃げ出したくなるかもしれません。

でも、夏の陽射しの強い季節の通り雨は、ホッとさせてくれますよね。
また、癸の水は、井戸水がイメージでもあり、丙のあなたがのどが渇いたと思った時に、水を飲ませてくれる、忍耐力のある人ならうまくいくかもね。

適度な距離をとることができるかが課題となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*