四柱推命の見方・乙のお花の人からみた他の十干に対しての性格と相性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

四柱推命占い 乙のお花の人からみた、他の十干にたいしての性格と相性です。
十干とは、甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸のことです。 
自分が乙の「お花・ツル系植物」から考えた時の他の十干の人との関係・相性です。

スポンサーリンク

自分が乙・お花から見た時の相手との関係・相性

乙と甲・樹木の人(劫財)との関係

社交性があり、可愛いい雰囲気の乙のお花のあなたを、甲樹木さんは、どこか心もとなくて放っておけないと面倒見てくれる、支えてくれる頼もしい関係です。

真面目で誠実な人ですから、頼って甘えさせてもらったら、嫌な気はしませんし、喜んでくれます。
FullSizeRend嵐山3er

感謝の気持ちを持って、お付き合いすればあなたにとってはラッキーな相手です。

乙・草花の人(比肩)との関係

「気が合う」と感じる人と「うっとしい」と感じる人に分かれます。
群生して咲くコスモスや芝さくらなどのように一緒咲いて楽しい人と、ツル草のように絡まって足の引っ張り合いになる人に分かれます。

相手が依存が強いタイプなのか、自立型なのか見極めてから付き合い方を考えましょう。

AKB48みたいに、グループやチームで動くにはいいかもですが、にしても、だれかリーダーはいりますよね。

丙・太陽の人(傷官)との関係

空の上でホカホカと暖かく明るいエネルギーの太陽は、乙のお花が大きく育って花咲くのを見守ってくれるおおらかな存在。
あなたはだまって、咲いていればいいのです。

太陽の気持ち次第の関係ですから、あなたが憧れをいだいても、相手にその気がなければ難しいです。

丁・灯火の人(食神)との関係

可愛らしく咲くお花、みんなに好かれるあなたに対して、少しの風にも揺れる気分屋さんで気象の激しい丁火さんは、価値観の違いに戸惑うかもしれません。

丁火が燃え続けて自己アピールしていくためには、薪燃料が必要です。
乙木は麦わらや芝ですから、甲木のように、しっかりとした薪として丁火のエネルギーになることはできませんから、丁火から文句を言われます。

相手が依存性の高い人であれば、乙は自分の身を削って相手に尽くす関係となり、疲れきって逃げ出したくなるでしょう。

自分の力量をわかって、上手に距離のとり方ができる関係であれば、大丈夫ですが、あなたが疲れる傾向が強いです。

戊・山の人(正財)との関係

戊土は堅い土ですから、乙の柔らかい根では根をはるのに、骨がおれる、コツがいります。

相手があなたに気を使ってくれる気持ちを持っているなら、うまくいくでしょうが、あなたから積極的にいくにはだいぶエネルギーが必要です。

戊土は山ですから、見上げて高い山だと褒めてあげると、喜んであなたを迎えに来て、山頂まで登らせてくれるでしょう。

己・大地の人(偏財)との関係

柔らかい大地・土の人といると、ゆったりと根を張って気持ちが安定する関係です。

でも、素朴で融通が効かない真面目が取り柄の縁の下の力持ち的な己土はは面白みがないので、社交的で八方美人、華やかな乙のお花には物足りないかもしれません。

付き合いが長くなるしたがって、センスや生活のリズムやテンポが違いすぎると、不平不満がでてしまいそうです。

庚・鉄の人(正官)の人との関係

「俺についてこい」のタイプの庚・鉄の人は、せっかちですが行動力があって頼もしく見えます。
そんな相手と、可憐に咲くお花が出会うと、一目惚れ、恋は盲目状態の関係です。

でもね、少し短気で自分勝手な一面を持つ庚・鉄に乙のお花は逆らうことができないのです。
気が付いた時には、自分が自分でなくなっていたなんてことにならないように、相手があなたの意見も聞いてくれる人かどうかしっかり確認してね。

辛・宝石人(偏官)との関係

一生懸命きれいに咲いているあなたを、こうした方がモッときれいにみえるよ、とダメだしする関係。
社交的であまり細かいことにこだわらないあなたと、義理人情?に厚く、規律や礼儀にうるさい相手に、窮屈さを感じてしまいそうです。
価値観があまりにも違いすぎるようなら、気を使いすぎても長続きしにくい相手と割り切って、距離をおきましょう。

相手に甘えることは無理です。

壬・海の人(印綬)との関係

広い空間を移動して、ちっともじっとしていない壬・海や川の人は、広い空間へ導いて、あなたが憧れる世界に連れて行ってくれたる、魅力的に感じる相手。
でもね、時期と場合によっては、相手のスケールが大きすぎて、ついていくのが大変そうです。

川や海は動いてなんぼ、一時的な出会いかもしれません。

癸・雨の人(偏印)との関係

井戸水は冷たいクール・現実的なイメージの相手と可憐に咲いてみんなに「綺麗だね」って声かけられて愛嬌ふりまいているあなたを、陰ながら見守っています。
癸水は目立たないけれど、とても信頼できる相手となります。

あなたがしおれない様に、いつまでもきれいに咲き続けるようにと、見守り潤いをあたえてくれます。

あなたに心配事がおこった時には、親身になって相談に乗って解決してくれる頼れる相手です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*