凶方位にある物件が気に入って、どうしても購入して住みたい時には、物件だけでなく環境など、もう少し細かなところのいろんなことを調べてからにしてはどうでしょうか?チェック項目を書いてみますね。

スポンサーリンク

物件が凶方位の場合にチェック項目

物件はとても魅力的に見えても、周囲の環境についてもしっかりと確認しておいた方が良いと思います。

引越しした後に、こんなはずでは?とならないように、何回も通って調べてみましょう。

不動産業者によっては、契約を急がないとと、煽るような言い方をする人もいますが、冷静になってくださいね。
特に、五黄殺方位の物件は、売り急いでいるケースが多く、値引き交渉すると思いがけない値引きしてくれます。

そんなときは、何かしら早く売りたい事情があるのかも・・・と、冷静に物件や環境を確認しましょう。

主なチェック項目

陽当たり

太陽光がしっかりと入る明るい部屋が一番理想的な部屋ですし、風通しも良くないといけません。

「陽が入らない家には、医者が入る」と言われるほど、健康的に過ごすためにも、運勢をよくするためにもこの二つは大事だと思います。

東から南に掛けて、空間が広くて明るい窓のある家を探しましょう。

風通しの良い場所かどうかを、確認しましょう。
空気が淀んで流れない部屋は、湿気が集まりやすく、カビが生えたり物が腐りやすかったりします。

衛生的にも悪いので、雨が降った時の排水溝の流れなど、周囲の環境もチェックしましょう。

北側の部屋など、湿気が気になるときは、除湿器の設置をおススメします。

日中や夜間の騒音

駅や大きな通りに面している建物の場合は、騒音が気になります。
自分で耐えられる音なのか、落ち着いて生活できるのか、特に夜間にも行って確認しましょう。

閑静な住宅街と思っていたのに、夜に開店する店舗で周囲がにぎやかになるケースもありますから、

いろんな時間帯に行ってみることも

大事です。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場が物件の横にあったり、飲食店の排気口から強いにおいや煙が出ていないか、確認しましょう。
洗濯ものに匂いが付く心配があったりするなど、精神衛生的に良くありません。

治安

自宅への道なりに街灯がしっかりと設置されているか?人通りが少ない暗い道がないか確認しましょう。

近所に暴力団の事務所がないか?特に、五黄殺方位の場合は注意してください。

気に入った物件でも、凶方位の時は慎重に丁寧に調査、確認して、こんなはずでは?とならないようにしたいものです。

凶方位へ引っ越ししてしまった

引っ越してから凶方位と知った、というあなたへは、吉方位へ行って運気を切り替えましょう

吉方位への開運旅、祐気取りに出かけましょう

吉方位へ旅行することは、泥水の入ったバケツに、少しずつきれいな水を注ぎ込んで泥水をきれいな水に変えていく作業のようなものと考えてください。

吉方位の温泉に浸かって汗を流すことによって、身体の中から凶方位のデトックスをすることによって、エネルギーを補充して、健康で前向きな性格を維持できます。
して

また、余裕があれば、次の引っ越しは吉方位になるのを待って移動しましょう。