転勤で凶方位に引っ越しや移動しなければならない!というアナタへ、どんなことに気を付ければ良いのか、「凶方位で仕事をするときの対策」についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

転勤先が凶方位の対処法

凶方位に引っ越しされる事情はそれぞれにありますが、どうしてもその凶方位に引っ越ししなければいけない場合や避けられないケースがありますし、今後もでてくるかもしれません。

凶方位は必ず悪いことがおこるの?

凶方位への引越しは良くないからと、神経質になりすぎるのも考え物です。
自分から進んで凶方位を選ぶことはおススメできませんが、転勤先が凶方位だったら、悪いことばかり起こるのでは?と神経質にならないでください。

私は四柱推命も使いますから、四柱推命で吉運気には、凶方位の影響もあまり強くないようですし、来るか来ないか、分からないことを心配し過ぎて、日常生活に支障がでては本末転倒です。

凶方位に移動した人、みんなに悪いことが起こっていることはありませんので、何か悪いことやトラブルが起きたら、凶方位のせいだと決めつけることは待ってくださいね。

まず転居したことによって日常生活にどんな変化が考えられるか、書き出してみましょう。

引越しで変化することを書き出す。

今までの住環境と引っ越し先で変わることを書き出して、認識しておきましょう。
特に不便を感じることに、どう対応できるか・工夫して何とかなるのか?

知らない土地への引越しでは、慣れるまでとても緊張しますよね。

ご近所へのご挨拶に伺って、どんな人たちなのか?気さくな人たちだといいですね^^。
役所にいっていろいろな手続きをしたり、日常の買い物をする店を調べたり、慣れないお店での買い物には戸惑って時間がかかったり・・・。

通勤手段や、通勤時間など、良い事悪い事、全部書き出してみましょう。

健康管理について

引越しはとにかく疲れます。

私も2回引越しましたが、荷物の整理をして、落ち着くのに3か月くらいかかったように思います。

私は、5黄殺方位に引っ越しして、3年目の手術を受けましたが、幸い初期でみつかりました。

吉方位・凶方位に関係なく、新しい環境に慣れたころにどっと疲れがでて、体調を崩すこともあるでしょう。
これは、吉方位への引っ越しでは、毒だしという表現をする流派もありますが、引っ越しの方角に関係ありませんし、2・3日ゆっくりすれば回復するでしょう。

引っ越してすぐのトラブルは、前に住んでいた家の象意の傾向が強いです。
凶方位の作用は、だいたい3年目以降にでてくる傾向が強いと思います。

ですから、一年目や2年目のうちに、定期検診を受けたり、半日ドックなど体調管理をしっかりしておきましょう。
また、吉方位への祐気取りをして、凶方位の作用を弱めるようにしましょう。

健康であれば、あとは何とでもなります^^。

人間関係について

新しい職場やご近所での、人間関係については、はじめはなにかと気苦労があるかもしれません。

知らない土地では、周囲に気軽に相談できる人もいなくて、孤独を感じて寂しいかもしれません。

気長にコミュニケーションを取り続けて、少しずつ慣れ親しむことができるように時間が解決してくれると信じて、挨拶を欠かさないで親しくなれるようにしましょう。

相手の眼をみて、話をする、聴くようにしたり、敬語で丁寧にせっするなどで、信頼関係を築いていきましょう。

転勤先が凶方位

これは、サラリーマンである以上、凶方位だから行けませんなんて断ることはできませんから、神経質になっていないで前向きに考えましょう。

凶方位ということは気になるでしょうが、嘆いていても仕方ありませんから、こんなことが起こるかもしれないとわかれば、対処方法を調べて、やるしかありません。

仕事で予想できること。

新しい職場では、何かにつけてやり方が違うのは当たり前と意識していますか?

新天地での仕事は、あたらしく覚えることも多く、なかなか仕事が捗らないことが多く、思い通りにいかない事の方が多いでしょう。

新しい職場になじめないトラブル原因は、早く成果を出して認めてもらいたいと張り切りすぎること!
その職場の雰囲気ややり方を無視というか、慣れ親しむ前に、自分のやりかたで行動してしまうことです。

時間をかけて、職場に溶け込むこと、慣れていくことができれば凶方位だからという心配は少なくなります。

また、今までの自分の持っているレベル以上のことを求められるケースも踏まえて、スキルアップのチャンスと意識して行動することができれば、時間の経過とともに、仕事ができる人として認められていくでしょう。

でも、急ぎ過ぎて自分が自分が!と職場の人間関係を築く前に出しゃばってしまうと、孤立してしまいます。

会社に勤めている以上、人事に関して自分で選択することはできません。

転勤や職場の移動があれば、新しい人間関係の中で仕事をすることになります。

今まではコミュニケーショがスムーズにできていた環境から、一から慣れ親しんでいく環境をつくらなければなりませんし、なかには、苦手だなと思うとっつきにくい人もいるでしょう。

上司との相性も気になるでしょうが、少しずつでも相手を理解しようと心がけることができるか?苦手だと逃げに回るかで結果は違ってくると思います。

相手は、自分に何を期待して求めているのか、理解しようと努めてみましょう。

凶方位のせいにして、諦めてしまわないで、コミュニケーションを取り続けながら解決策を模索していけば、対処方法もみつかるでしょう。

前向きに考えて情報を探していけば時間の経過とともに、信頼関係が生まれてくることでしょう。