四柱推命は専門用語が多いので、いまいちどういう意味なのか分からない方もいらっしゃるのではないかと思います。そこで今回は十二運のひとつ、「墓」の意味と性格と運勢の特徴についてです。

スポンサーリンク

墓の意味

墓は人が死んで、お墓に入った状態を表しています。
土の中で何もできない、基礎があってこその守りの命・経験や体験、資格や技術習得など、身体にしみ込んだものを使うのみ、新しい事は下手。

貯蓄・ケチ・相続・別離・滅亡・猜疑・保守、孤独・宗教性・先祖

墓の性格

十二運・墓は家庭というよりも、家系という事象を考えたとき非情に深く関わってくる、先祖との縁が深いです。

当然、家を継ぐということも実家との関わりが強いことも、或るいは他家に入ってその家を継ぐなど、決まっていることではないですが、長男以外でもこういう十二運があると相続という事象からは離れられない傾向があります。

また、十二運・墓としては過去をひきずることから本質は守り型に属し、人と関わる、接するにしてもその姿勢は地味であり堅実な性格から調和を尊び、自らの意思で調和を乱すようなことはしません。

ただ、この和を尊ぶとしても、腹の中ではその自分の気持ち、考え方と相反すれば当然不平不満もあるわけですから、こういうストレスをどう発散させて解消するのか、それが重視すべきことなのです。

人が良いというか、相手に自分を合わせることは、相手からすれば楽なことですから、敵をつくるとか・嫌われるということは少ないものの、見かけと違う本音の部分が、発散方法が見つからないと、いつか爆発するわけです。

この部分は常に意識すべきです。

そのうえで、十二運・墓の人が自己主張が少ないということは、相手の話にも耳を傾け、周りの状況をみて判断や決断するタイプとなり、行動のタイミングは遅いか、逃してしまうことはあるのです。

また、状況を見極めようとすることは、自分の意思がないというか、まわりに振り回されることがあるのです。

孤立孤独は、当然嫌なことですから、常に意識は安定や安心を求め、当然無理とか無茶なこともしないはずです、

まさにジックリ型になりますから、計画したことをそのとおりに実行していくことは問題ありません。

墓の適職・仕事運

親や先祖の仕事を引き継ぐ傾向はあっても、自分の力だけで独立することは無理ですから、まわりととどう関わって、自分を信頼・信用してもらえるかが、運勢としても社会的な部分でも大切なことです。

独立は個人経営程度が楽、大きな組織を率いると苦労します。

十二運・墓は、確実性はあると思っても、勢いで動くことはなく、本来の力量も自己主張が少なく、周りにアピールすることも少々下手とも言えます。

では、運勢を開花させる心構えは、自分自身の気持ちや意識にあることになり、自信を持ってことにあたる、この姿勢が能力を出せるのです。

家庭面でも、外でのストレスをどう癒すか、解消するかは他の十二運以上に重要になりますから、当然家庭は大切ですが、家庭に自分の空間というか居場所がないとすれば、精神的な部分の負担が運勢にも影響してきます。

十二運・墓は、旧という経験則が自分の領域になりますから、知らないことに平気で関わっていくことは警戒が先に働き、進めない場合があり、未知のことや未来のこと、将来を考えるなどは基本としては疎い、難しい領域です。

自分の姿勢が安定、安心をモットーとする以上、相手を本当に信用信頼できるまで本音を見せない、これは当然のことです。

独創的な発想をするなどの器用さはないことから、仕事は経験して習得したこと、学んだこと、熟知していることこそが一番です。

無理をしても継続・持続できませんから、精神的に安定した環境の中なことで仕事をする、これは運勢上一番重要なことですから、自分のおかれた環境を考えれば運勢も把握できるとなります。

墓の運勢の特徴

成人ごろまでに、両親との関係は縁が薄いか或いは、難があることが多い。
純粋な長男相ですから、次男以下の場合は兄が亡くなるか自分が養子に出る傾向があります。

女性は、養女にでるか、養子を迎える相続相。

分家など養子に行かない場合は、離別などの問題を抱えます。

墓は言葉通り、先祖を意味しますから家庭内で墓が二人以上いる必要はないので、いずれかが家を離れることが大切で、一緒にいることは、
どちらかの運気を破壊することになります。

沐浴・養の相続相を持つ子どもがいると家庭は平穏となりにくい。

十二運・墓は、女性的な態度や行動が多いし、本来が地味で堅実型、じっくりとかコツコツ型で、計画に沿って行動していくことが安定した人生ににつながります。

精神的な価値観を重視した生き方、計画企画性は良い。

堅実・倹約型ですから、無駄使いを嫌い、コツコツ蓄財するタイプですから、物財は恵まれますが、心は空虚となる人がいます。

十二運・墓は、もともとが晩年に良くなる運勢、技術系・学問研究系・専門職などのひとつのことを深く掘り下げる、継続する職業に就くと安定します。

直感が必要だったり、変化・変動の大きい職種は、臨機応変な対応ができない、敏速な行動ができないのが、十二運・墓なのでしんどいです。

墓の有名人

小沢一郎(民主党党主)
猪瀬直樹(東京都副知事)
志村けん
西川きよし
南原清隆(ウッチャンナンチャン)
ヒロミ
木村祐一
徳井義実(チュートリアル)
福田充憲(チュートリアル)
河本準一(次長課長)
西野亮廣(キングコング)
中島知子(オセロ)
林家いっ平
東山紀之(少年隊)
亀梨和也(KAT-TUN)
唐沢寿明
松平健
高橋克典
オダギリジョー
小栗旬
玉木宏
長澤まさみ
未唯
小泉今日子
加護亜衣
三田佳子
松たか子
深田恭子
広末涼子
はしのえみ
松居直美
井上和香
木下博勝(ジャガー横田の夫)
松坂大輔(ボストン レッドソックス)
古田敦也
ダルビッシュ有(北海道日本ハムファイターズ)
阿部慎之助 (読売ジャイアンツ)
柴田倫代
井上康生
東原亜希
藤田紀子(若貴の母。名前は憲子から紀子へ改名)
王理恵
野村沙知代
三島由紀夫
筒井康隆
瀬戸内寂聴
赤塚不二夫
高田明(ジャパネットたかた社長)